大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








とこちゃんはどこ


とこちゃんはどこ とこちゃんはどこ
松岡 享子、加古 里子 他 (1970/07)
福音館書店

この商品の詳細を見る


昔ながらの絵本です。
懐かしいと思われた方も多いのでは?

とこちゃんはどこ?
とこちゃんって名前がいいですね。
いかにも落ち着きのなさそうな(失礼)、
それでいて愛嬌のある名前です。
とこちゃんはお気に入りの赤い帽子をかぶっています。

とこちゃんはとことこ駆け出して・・・、
そしていつも迷子になっちゃうんです。
とこちゃんはいろんなところで迷子になります。
さあ、大変!探さなくっちゃ!

ウォーリーを探せのようなページが開きます。
初めてのときは赤い帽子のとこちゃんを探すのに苦労しましたが、
今では息子もしたり顔で「ここ!」「ここ!」ととこちゃんを
指差しています。

加古里子さんの細やかな描写で見る目を楽しませるこの絵本。
ただ、とこちゃんを探すだけではなく
生き生きとした人たちの表情をみて欲しいです。
動物園のページでは秘かに外国人親子がいたりしますよ。
息子もいろんな人たちを見て勝手なストーリを作ってます。

ehon4.jpg


しかし、迷子は困りものです。
心臓に・・・・悪いです・・・。
とこちゃんのお父さん、お母さん、
最後に握った手を離さないでくださいね。

昭和の香りがするこの絵本だな、と思ったら1970年の作品。
わぁ。名作なんですね。

<昨夜読んだ絵本>
*「ラチとライオン」マレーク・ベロニカ 福音館書店
*「ゴムあたまポンたろう」長新太 童心社
*「どきどきしぜん にわさきのむし しゃがんでみつけた」小林俊樹文
  福音館書店
←今週保育園で息子が借りてきたもの絵がリアルで困りました(^^;)

←ポチっと応援お願いします
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄09⁄09 03:43 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(7) trackback(0)
▲pagetop












コメント



元祖って感じの探し絵本ですよね。
そうそう、昭和の感じ漂ってます。。ふふ。
うちの息子はめったに迷子にならないんです。方向音痴じゃないし、ピューっと走っていっても必ず探し出して戻ってくる。しかし!!!兄の後をついていきたがる妹は・・そう、すごおい迷子っ子なんです(T_T)
居ないと気付いたとたん血の気が引きますよね、こんな世の中ですから。
2006/09/09 09:54URL | @みかづき[ 編集]


懐かし~http://blog63.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12">長女が小さい頃、よく読まされました。長女はハイハイした頃から、親のそばにいない子でした。今でも放っておくと、周りにいなかったりします。きっと自分と重なるところがあったのかもしれません。
2006/09/09 13:08URL | アテナ[ 編集]


 うっちゃん、今日は!
 わ~、ウチも昨夜此の絵本を読みました!
 そう、絵が細かくて、最初はとこちゃんを探すのが大変でした・・・・・・。加古里子さんは、細かい描写が得意ですね。
 我が家に有るのは、1974年の第2刷の物です。昭和の香りプンプンです!
2006/09/09 14:45URL | ももっち[ 編集]


これもまた素敵な絵本ですね~!
うちの子は「探し好き」なんですが、
もろハマりそうです。
これもチェックせねば…

いつも素敵な本を紹介してくださって
ありがとう!
2006/09/09 23:00URL | araia[ 編集]

コメントありがとう♪
☆@みかづきさんへ
そうそう、こんなご時勢だからいなくなると血の気が引くんですよね。
息子さんくらいの年齢になると、迷子もしなくなるのでしょうか。
ときどき、心臓を吐き出しそうになります。
見つかったら、へなへなへな~ってなります。
娘さんも同じなんですね。
「迷子症」という疾病名をつけようかしら。

☆アテナさんへ
アテナさんの娘さんも・・・、ですか。
心配しますよね。本当・・・。
娘さんが好きだったんですね。
アテナさんもたくさん絵本読んでらっしゃいますね。

☆ももっちさんへ
すっ!すごい!
それは貴重なお宝だね。
ご自身が読まれてた絵本なのかしら?
それを息子に・・・というのは素敵なお話です。
昨夜読んだなんて奇遇ですね♪

☆ araia さんへ
いえいえ、こちらこそ、araiaさんの紹介してる絵本は参考になります。
ワタシとは違うジャンルの絵本があって、刺激になってます。
お互いチェックし合いだねー(笑)
2006/09/09 23:40URL | うっちゃん[ 編集]


私も大好きな絵本です。実は、私も幼い頃はこの絵本を何度も何度も見て楽しみました。何より、最後のページでデパートで食事のシーンが憧れでした…当時ね。

で、子供が産まれて最初に子供が絵本に興味を示してくれたのもこの絵本。字の読めない小さな子でも十分に楽しめますよね。ウォーリーよりも人物が大きく、分かりやすく描かれているのがいいですよね。

2006/09/10 21:04URL | 京女。[ 編集]

京女。さんへ
以前わたしのブログで、京女さんがこの絵本のこと好きだと言ってましたよね。
京女さんが小さい頃読んでいたえほんなんですね。
そして、子供達が一番初めに興味を示した絵本。
親子で愛された絵本。素敵です。

デパートのレストラン、確かに憧れましたね。
うちは田舎でデパートに行くとなると旅行みたいなものだったので、
それはデパートは憧れの場所でした。
特に屋上の遊技場(笑)
2006/09/11 12:14URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。