大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








田島征三・征彦 半世紀展


kouti_l.jpg


「激しく創った?田島征彦と田島征三の半世紀」展へ行ってきました。

お二人は高知県春野町で育った双子です。
そしてお二人とも絵本作家として活躍されています。

田島征彦(ゆきひこ)さんの作品
●じごくのそうべえ
●祇園祭り・・・等
田島征三(せいぞう)さんの作品
●とべバッタ
●しばてん・・・・等


絵本の原画がたくさん展示されていました。
もう、感動感激です。
絵本でみても迫力がありますが、原画はド迫力でした。
絵本でみたサイズよりも何倍もあって、(大きいもので1メートルほど)
「原画って絵本サイズで書かないんだ」って驚きました。
1枚1枚が芸術作品です。
「ちからたろう」の原画なんて油絵の具を重ね塗りをした
その絵筆のあとがデコボコあって、
それはそれは躍動感あふれる絵でした。
絵って平面ではないんですね。

双子の芸術家といえど、作風は違ってますね。
お兄ちゃんのゆきちゃんは「絵染・版画」
弟のせいちゃんは「絵の具・造形」
でも、二人とも共通するのが日本の古典的な美しさを表現されています。

征彦さんの絵染はとてもとても美しかったです。
布に描かれた平面の絵が、まるで3Dのように立体的に
浮かび上がり迫力満点。
赤が印象的な美しい絵染でした。

その後、通路のホールで絵本の読み聞かせがあるというので
何気なく参加しました。
なんとサプライズ企画
田島征彦さんご自身が絵本を読むというのです!
せまい通路に突如訪れた芸術家にどよめきがおこりました。
私達は最前列。征彦さんの足元です。緊張!
でも、普段着の征彦さんは気さくでいい方でした。

この絵本が生まれた経緯を語ったあと始まったのが
「そうべえ ごくらくへいく」
じごくのそうべえの別バージョンです。
退屈そうだった息子も田島さんが読み聞かせを始めたらすぐに
「ぐふふふー」っと笑い始めました。おどろきました。
息子が1番に笑い始めました。
そして、他のお客さんも笑いました。
「えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!」
田島さんの声が通路に響きます。みんな笑います。
作った本人が読むのですから、作意が伝わっておもしろい、おもしろい。
これでもか、これでもか、と展開していくお話。
この絵本には田島征彦さん自身が出てますよ。
そういうユーモラスな田島さんって素敵だと思いました。

2冊目は「てんにのぼったなまず」
自分は農業をしながら絵描きがしたい。
そう思うようになった経緯から生まれたお話。
こういう絵描きになりたかったんですね。征彦さんは。

あと、気になったのがこの展覧会に間に合うように
描いたという征三さんの新作絵本。
ご本人のコメントによると
「10年に1度作風を変える」となってましたが
この新作絵本はまさに今までと異なった
パステル調のやわらかい絵でした。
あー、題名わすれちゃった。気になるっ。

お二人の絵の元は幼少時代をすごした高知の体験だそうです。
え?そうなの?そうなの?
春野町は毎日仕事で走り回ってる私。
うん。わかるかも。
緑美しい田園・清流仁淀川。
とんぼもつくしもたくさんで、子供たちも元気に走り回ってる。
美しいものに触れて育つとこうなるんですね。
仁淀川、明日遊びに行こう!

←長い文章でごめんなさい。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:ちょっとおでかけ
2006⁄08⁄14 00:00 カテゴリー:絵本に関するコト comment(13) trackback(0)
▲pagetop












コメント


サプライズ!!
うっちゃん、相当~~~感激したんだね!!
その気持ち、文章にとっても表れてる!!
バシバシ伝わってきて、こっちまで、興奮~。

サプライズ企画、すごいね!!
ドキドキ~!
そういうのって経験したことないなぁぁ。
すごいステキな企画だね!
本人に読み聞かせてもらえるなんて・・・!!
息子ちゃんも嬉しかったのね!!
さすが、毎日のように絵本を聞いてるだけあって、反応がいい!!
かわいい~

絵、ってとっても奥が深いよね。
私も美術館はとっても好き。
絵に圧倒させられる。
描いた人の気持ちが強く伝わってきて、その世界に吸い込まれる。

私も少なからず、絵に携わってきた人間なので、なんだか、心が うずうず するわ(笑)


自然豊かなところで暮らすと、感受性が豊かになるよね!!
うっちゃんはそんな のどかなところで日々を送っているのね!
ステキ~。

川に遊びに行くの?
私もいったんだ~!!
また後で、記事更新しようと思ってるのーー!
とっても楽しかったよ~~☆




私も少なからず、絵に携わってきた人間なので、なんだか、心が うずうず するわ(笑)

2006/08/14 07:17URL | あき[ 編集]

こんにちは!
倹約ママです。コメントを見て遊びに来ました♪
たくさん本を紹介してますね。ウチの娘は年少なのでちょうどいいです。参考にさせてもらいますね。
2006/08/15 06:33URL | かぴこ[ 編集]


素敵な体験されたんですねぇ~
原画は絵本サイズで描かないんですね~
てっきりあのサイズかと(^^:)
身近に絵本の世界があるようで羨ましい環境ですね 良いなぁ~(^^)
2006/08/15 07:55URL | 大の字[ 編集]


すごい!すごいぢゃないっ!
こっちまで興奮しちゃいそーだ(^^)

原画が見られるってことだけでも
すばらしい体験なのにーーー。

とっても迫力感が感じられそうな展示会だねー
2006/08/15 10:33URL | りんご[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/15 16:15 | [ 編集]


うわぁ楽しそう!! 田島兄弟の作品はどちらも大好きです。
そうそう、幼い頃の思い出を綴った合作絵本があるのをご存知ですか?
「ふたりはふたご」っていうの。
http://chamizo.blog29.fc2.com/blog-entry-122.html
↑ここで書いてます。面白いですよ。
2006/08/15 21:10URL | 京女。[ 編集]


ちからたろうの原画、見てみたいなあ。
そんなに大型だなんて・・・文章から興奮が伝わってきました。田島征三さんの新作絵本もきになります。パステル調だなんて・・わたしも調べてみます。
2006/08/16 01:13URL | まつりか[ 編集]

いいなぁ!
考えてみたら、確かに最初から絵本のサイズではあの迫力は出ないでしょうね。
それだけに原画の魅力は大きいですね。
わたしも見に行きたくなりました。
2006/08/16 09:44URL | 圭[ 編集]

コメントありがとう♪
☆あきさんへ
えー、そうなんだ。
あきさんって絵の勉強してたんだ。
絵の先生なの?

ワタシも小さい頃から絵を描くのは好きだったんだけど
なにか才能的なものを感じなくて(同じクラスに才能ある男の子がいたのよ)退いちゃったの。
その男の子と絵を合作で描いたけど、迫力に負けちゃった。

でも、絵心だけはまだ失ってないつもりよ。
もっと絵の勉強しとけばよかった。

☆かぴこさんへ
ありがとうございます。とってもうれしいコメントです。
一つしたのお子さんがいるなんて、親近感!です。
個人的な趣味で書いている絵本ブログでお恥ずかしいんですけど、
そういってもらえるとうれしいです。
がぴこさんのブログにも遊びにいきますね。

☆大の字さんへ
やっぱりそうですよね。
絵本サイズで描いてるものかと思いますよね。
横長の絵本なら横長の原画と思いますよね。
もう、全然違うんです。
サイズもバラバラなのに絵本になるとすべての原画が同じサイズになってるんです。
どちらを先にみても驚くとおもいます。
まだ、興奮しているうっちゃんです。

☆りんごさんへ
そうでしょー。もう、サプライズすぎっ!
え?このおっちゃんが?って驚きました。
ご本人は読み聞かせも上手で、心臓部にズンズンお声が響きました。
(太鼓や花火の音が響くみたいな感じです)

迫力満点です。
とべバッタのカマキリには食べられそうになりました。

☆京女さんへ
知ってますよー。「ゆきちゃーん」「せいちゃーん」ですよね。

この絵本を描くのはゆきちゃん曰く「胃の痛い仕事」だったそうです(笑)
お互いの作風もありますし、難しかったんでしょうね。
喧嘩しながら描いたんでしょうか(^^)

☆まつりかさんへ
初めて「原画」というものを見て感動しました。
原画を見てますますそれらの絵本が好きになりました。
田舎なのでめったにありませんが、こういう展覧会にこれからもぜひ行って見たいと思いました。
絵本と原画は違いますね。

☆圭さんへ
え?なに?なに?
高知に来ます?(ワクワク)
9月18日までなので、海ついでにゼヒ!!なんてね。

圭さんの言われるとおりだわ。
あの迫力は絵本サイズでは出ないですよね。
キャンバスからはみ出た絵の具からその絵にかける情熱が伝わりました。

で、いつ来高?←コラコラ
2006/08/16 10:14URL | うっちゃん[ 編集]

絵の・・・
先生ではないよぅ><

そうなりたいけれど・・・
無理だな~~。

小学校の先生にはなれるよー。免許があるから。

大学の時に、図工専攻で 彩画ゼミだったんだ~。だから、絵はよく描いてたな~。
主に油絵。
卒業論文と共に製作もして、
100号のキャンバスに絵を描きたかったんだけど、時間がなくてかけなかったー(泣)
最高で80号かしら。。?!忘れた・・・

卒業製作は全部で油絵6点、水彩1点。
でも、でかいのは、どこにも飾れない・・・(´n`;)
小さいのは人にあげちゃったし(^^;)

あ~~、語りだすととまらないわ。
この辺でおしまいに・・・(笑)
いつか、私の絵も記事に書くと思うよ・・・(*^m^)
2006/08/17 16:32URL | あき[ 編集]

☆あきさんへ
そうなんだ。小学校の先生になれるんだ。すごいね。
きちんと大学で勉強したんだね。
ワタシは大学で何にも勉強しないまま遊んで終わって
今となっては「何やってたんだろう?」って後悔してる。
なんにも資格とろうとしなかったから。
今で言う「ニート」的な生活してたなぁ。

せめて図書館司書でも、って思ったけど就職は少ないみたいだし、
授業を増やすのもめんどうでやめちゃった。
ダメ人間なのよ。目標意識ももってないし。

あきさんって本当に頑張り屋さん。
エライ!

コドモに絵を教えてあげれるんだね。うらやましい。
2006/08/18 09:33URL | うっちゃん[ 編集]

いいなぁ・・・
久しぶりです!うっちゃん~!!
いいなぁ。わたし、田島さんの絵本大好き。
「そうべえごくらくへゆく」・生でご本人に読んでもらえるなんて 最高ですねっ☆
う、うらやましー!!
息子さん、絵本の楽しさを体で感じてる様でいいですねぇ~♪
2006/08/19 14:12URL | こるく[ 編集]

こるくさんへ
お盆はお疲れ様でした。

そうでしょう(^0^)ご本人ですよ。
もうびっくりです。
こんな経験二度とないと思います。
むすこは「変なおっちゃん」っていってましたけど・・・。
ワタシもますます田島ブラザーズの絵本がすきになりました。
2006/08/20 15:15URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。