大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








コーネリアス


ko015.jpg

コーネリアス―たってあるいた わにの はなし / レオ=レオニ、谷川 俊太郎 他

まあ、なんとも奥の深い絵本です。
1度、2度、3度と読んでいくうちに
胸に響いてくるなにかがあります。

捉え方も人それぞれのようです。
パパは「努力をすれば認められる」といいました。
私は「人と違っていることを誇りにもって生きる」
と感じました。
息子は「ワニが立ってるんだよ」と
絵を楽しんでいるようです。

うまれつきたってあるいているワニのコーネリアス。
群れのほかのワニたちは
そしらぬ顔でコーネリアスを見ているけれど
そんな仲間のワニたちに腹が立っちゃうコーネリアスだけど、
本当は仲間でいることがうれしいんでしょうね。

レオ・レオニーさんのちょっと不思議な絵本です。

<昨夜読んだ絵本>
*「せんたくかあちゃん」 さとうわきこさく・え 福音館書店
*「あおくんときいろちゃん」レオ・レオニー作 至光社
*「コーネリアス たってあるいた わにのはなし」レオ・レオニー 好学社


応援お願いします。ポチ☆



スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄07⁄11 11:18 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント


こんにちは
好きなお話です♪
私はこの絵本をビデオ化した映像で何度も見ています。
私の解釈は…常識にとらわれずに、新しいことにチャレンジしてみると楽しいよ♪
って感じです。
それぞれの捕らえ方がその人の性格が出ているのかもしれませんね。
面白いですね。絵本も読んでみよう!

2006/07/11 13:02URL | RAMAママ[ 編集]

深い。。。
いろいろな解釈の仕方があるのね~~。
へぇぇ。
うっちゃんはホントにいろいろな絵本を知ってるね!!
尊敬~!!
私も、もっといろいろな絵本と出会いたいわ~~

本屋に行かなきゃ~i-246(笑)
2006/07/11 13:38URL | あき[ 編集]


☆RAMAママさんへ
へぇ~。
「常識にとらわれずに、新しいことにチャレンジしてみると楽しいよ♪」ですか。
そういう解釈もできますね。

たしかにそう。
常識にとらわれない、楽しい生活を送るポイントですもの。
RAMAママさんのコメントに1票!

映像もあるんですね。知らなかったです。

☆あきさんへ
この絵本は自分の絵本じゃないんだよ。
私は家には、絵本が少ないの。
だいたい保育園からの貸し出しや、図書館で仕入れてる。
本当は全部自分のものにして、息子に子どもができたときそれを伝えるのが理想なんだけど。
気が早すぎ?

2006/07/11 18:50URL | うっちゃん[ 編集]

ステキね
それだけいろいろな絵本を読んであげていれば、息子ちゃんには、うっちゃんの想い 絶対伝わっているはず!!

私も母にはよく読んでもらっていて、今でもその記憶は鮮明に残っています。
自分で読んでいたもの、よく読んでいたもの、好きだった絵本。。。
今私が息子に読んであげている絵本は、そういう記憶に残っている絵本を選んで読んであげることが多いです。

全部自分のものだったら、きっとすごくいいんだと思う。
私がそうだったっていうのもあるんだけど、自由に 好きな絵本を 自分で選んで読むことができる。
これって最高じゃないですか。
私も徐々にですが、いろいろ買っています。
紹介している絵本は(これから紹介していく絵本も)すべて買ったものなので、本棚には入りきらなくなるほど、あふれていますが^^;

うっちゃんのその考えってすごく好きです!
ステキだな~~って思います!
古くなってもそのよさは変わらない。
将来の孫にもそれを伝えることができたらいいですよね!
私は、あまりにも多くなりすぎた自分の絵本たち、処理しきれなくて泣く泣く捨ててしまいました。
ちゃんと管理はしてあげないとなぁって思いますね~><
2006/07/13 05:17URL | あき[ 編集]


☆あきさんへ
あきさんのお子様たちがうらやましい。
絵本に囲まれた生活をしてるのね。
親から子へ、子から孫へ・・・。
絵本に限らず何でも親子三代まで受け継がれるものって本物だよね。
絵本、少しは買ってみようかな。

2006/07/14 11:17URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。