大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








あくたれラルフ


19437976.jpgあくたれラルフ / ニコール ルーベル、ジャック ガントス 他

飼っているペットが
正直うっとうしくなる時ってありませんか?
(うちはザリガニが威嚇してくる時ですね)

このラルフという猫はセイラの猫でした。
ラルフは「これでもか!」というくらいあくたれ猫なんです。
「あくたれ」ですよ。
「いたずら」や「おてんば」じゃないですよ。
顔だってヤクザな顔立ちです。

このあくたれぶりをみていると、
「こんな猫いらない!」と思います。
そして、その通りサーカスをめちゃくちゃにしてしまって
ついにサーカスに置いてかえられます。

サーカスで厳しい練習をさせられて、
いじめられて、初めてセイラとの生活のありがたさを
実感するのです。
セイラといる温かい日常の中だからこそ
あくたれができるということを・・・。

最後は無事家に帰れます。
いいこになろうとするラルフですが
やっぱりあくたれたくなる時があるんですって。
どうしても憎めないというセイラの気持ちが
なんだか分かるなぁ。

これって、いたずらっ子とその子を持つ親の
心理を描いているのかな?

実はわたし、セイラのワンピースが
かわいらしくって好きです。

<昨夜読んだ絵本>
*「たなばたプールびらき」中川ひろたか 童心社
*「ピーマンマンとドクター・ダマカス」さくらともこ・作 岩崎書店
*「あおくんときいろちゃん」レオ・レオニー作 至光社


カブトムシが飛ぶのも勘弁!!
応援お願いします→




この前家族で出かけていたとき
迷子がいました。
その子の手を引いて案内書まで連れて行ったあとでした。

息子自身も不安そうな顔。
そうだろう、そうだろう。
で、迷子とはどんなものか理解しているか聞いて見た。
そしたら
「あの子は悪いことしたから、おいていかれたんだよ」と
いいました。
・・・、ちがうから。それ。

ちょっとゴミを捨てに出ただけで
「どうして僕は悪いことしてないのに
 おいて行くが?(←土佐弁)」と泣きわめきます。

この絵本の影響はすごかった。
ならば、おりこうでおりなさいよ。
スポンサーサイト






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄07⁄09 01:08 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(10) trackback(0)
▲pagetop












コメント



うっちゃんさんの言うように、いたずらっ子とその親を表現しているような絵本ですね。
子供はサーカスに置いてかえることはできないけど、いつか成長して、独立した時、初めて親のありがたみがわかってくれるのかしら。。。。
できれば、ラルフのようにわりとすぐに理解してくれると嬉しいんだけどな。。。。。
もうね、ウチの息子、すっごいいたずらっ子なんですよ。毎日がヘトヘトなのでついそう思っちゃいます。息子に読ませたい絵本です☆
2006/07/09 01:25URL | 京女。[ 編集]

おいていかないで~~
息子ちゃん、かわいい~~~v-238
なんて素直な発想。
なんか、ぎゅ~って抱きしめたくなりますね^^


この絵本もおもしろそう。
いたずらで手がかかる子ほどかわいいんですよね。
なんか放っておけない。
ラルフがいい子になろうって努力する姿もいいですね。

お互いがお互いを思いあって、初めて理解し合える。
相手をわかろうと努力すること、相手のために変わろうと努力すること、人としてとっても大切なことですよね。

絵本で、こういう感情を感じさせてあげられるなんてステキです。
この絵本、ほしい~~(笑)
今度、買おぅ><)9
2006/07/09 04:50URL | あき[ 編集]

いたずらっこ
いたずらっこと、その親の心境って・・・まさにうちの子と私のことにあてはまりそう・・・。

ちなみに、『あくたれ』って、あまりなじみのない言葉なのですが、そういえば『生徒諸君』の『あくたれ団』を思い出しました。
2006/07/10 00:46URL | masaco[ 編集]

バトンです☆
よかったら受け取ってくださいね~!!
●初お産はいつ?何週目でお産しましたか?
●お産前の経過は?(陣痛から?破水から?)
●出産時間は?
●出産でイヤ!と思ったことは?
●出産の際、どんなお産しましたか?
●名前をどう決めたか?由来は?
●現在子供は何人いますか?
●今後も子作りしますか?
●出産に対して一言
●バトンまわしたい人5人(出産経験者限定)

おながいしまっすv-238

ぽっちとしてまたくるね~~^^)ノ”
2006/07/10 06:11URL | あき[ 編集]


☆京女さんへ
いや、もう、このあくたれぶりが見事な絵本なんですよ。
絵本相手に本当に腹が立っちゃうんです。

京女さんの息子さんも確か戦隊ものがすきでしたよね。
同じですよ。不意にすっごい蹴りが飛んできたり・・・。
・・・、今日も頑張りましょう・・・。

☆あきさんへ
この絵本はかなり曲者なので購入は慎重に・・・(笑)
本当にラルフのあくたれぶりがすごいの・・・。
顔だって怖い怖い・・・。
あきさんの好みの絵本とは程遠いかも・・・。
外国の絵本らしくてお部屋の壁紙なんかはとってもかわいいんだけど。
ラルフがねぇ・・・。
あ、バトンの件は七夕のところにコメントしてます。
コメント欄まちがえちゃった。

☆masacoさんへ
他ブログからの訪問、とっても、とっても大歓迎&大感動でございます!
masacoさんのお子さんたちもお元気そうで・・・。
『生徒諸君』の『あくたれ団』ですか。
そうくるとは思わず、笑ってしまいました。
あの漫画実家においてあるかも。

2006/07/10 09:43URL | うっちゃん[ 編集]

慎重に・・・・・〃>m<)
かなりのあくたれなのねっ・・・!
気になるっ(笑)

あ、バトンはできたらでいいよぅ!
結構大変よね。
忙しいんだ~~><。。
がんばってねっ><)9”
ぽちっと応援!
・・・って、朝したんだったーー(^^;)あは
2006/07/10 14:23URL | あき[ 編集]

この絵本は
いろんな場所、いろんなメディアでオススメ絵本として出てますね。
特に教育関係あたり・・・。(^m^)
いたずらっ子も大きな愛で包んであげるっていう感じかな。

それから事後報告で~す。
私のところでリンクさせていただきました。
すみません・・・今後ともよろしくお願いします。

2006/07/10 15:22URL | ひろのしん[ 編集]


息子ちゃんのリアクション、かわいいですね~。

うちもすんごいイタズラっ子ぶりなんで、
なんだかラルフのことが他人事とは思えません・・・(笑)
2歳児なんでしかたないかなと思ってはいるけど、
お迎えに行って顔を引っかかれたり叩かれたり、
靴を投げ捨てられたり、はだしで園庭の向こうのほうへ
逃げていかれたり・・・トホホ。

2歳だとまだ早いでしょうかね。
図書館で探してみようかなぁ。
2006/07/10 22:15URL | ayano[ 編集]


うちの子はいま2歳のイヤイヤ期まっただなかです。
でも親との信頼関係があるからイヤといえるんだとなにかで読みました。
この絵本の中身と似ているのかもしれませんね。
子供より私のほうが読んでみたいです。
ところで男の子ってやっぱり生き物が好きなんですね。
私は虫が苦手なんで、飼って欲しいといわれたらどうしようかと思ってます。
2006/07/10 23:36URL | PIYOKO[ 編集]


☆あきさんへ
そう、慎重にしてください(^^)
でも、いい絵本なの。本当は。
↑のPIYOKOさんが書いているように信頼関係のなかでこそ甘えが許されるんだということが書かれているの。
何度も書くけど、ラルフは本当に怖いぞ。

☆ひろのしんさんへ
ひ~ろ~の~し~んっさぁ~ん(←ちょっと変)
ありがとうございます。もう感動・感激の嵐です。
これでまめまめブラザーズとお近づきになれたわ。
こちらからもリンクさせてもらいます。

この絵本、オススメ絵本なんてメディアに紹介されてるんですか・・・。
このラルフを勧めるとは・・・。
強敵ですよ。ラルフは。ねえ。

☆ayanoさんへ
いやいや、大変ですね。
その姿を想像するとほほえましくて笑ってしまうんですが、
母も体力消耗しますよね。
うちも園から脱走したことあります。
すぐ捕獲されましたが・・・。

☆PIYOKOさんへ
それが、「飼って」といわなくてもこれくらいの年齢になると周りからいただくことも多いんですよ。
うちにいるゲテモノ達はすべてもらいもの。
私も苦手ですが、キラキラ目を輝かせてみている息子をみてるとまんざらでもないな。と思います。
生き物を観察することはいいことなんでしょうし・・・。

「親子の信頼関係」いい言葉をいただきました。
今日もがんばるぞー!!
2006/07/11 09:44URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。