大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








パパ、お月さまとって!


パパ、お月さまとって! パパ、お月さまとって!
エリック カール (1986/12)
偕成社

この商品の詳細を見る


しかけ絵本つながりで、今回はこの絵本。
エリック=カールさんがご自分の娘さんの為に描いたとうことです。

娘に「お月様とって」なんてまるで不可能なおねだりに
パパは本当におつきさまをとってきてくれます。
なんて子煩悩なお父様。

月には月齢があることをうまく使ったお話で、
遊んでるうちにだんだん月が小さくなって
ぽっと消えてしまいます。
そしてある晩また夜空に細いお月様がうかんでいます←素敵!
最後はだんだん、だんだんおおきくなって
画面いっぱいのおおきな満月になって、満足のいく終わり方です。

それにしても、パパが持ってきたはしごってすごい長いですよね。
月まで届くはしごですよ。特注?
調べたところ地球と月の距離は約38万キロ。
(調べるなって?現実的になっちゃうから・・・

娘のモニカは月がとてもちかくに見えたから
お月様と遊びたくなったんですって。
月が近くに見えるような日ってありますよね。

私は小さい頃母親の原付に後ろに乗って(今は違反です)
夜空を見てると、どんなに走っても月がついて来るような気がして、
始めは「月に追いかけられてるのかも?」って思いましたが
そのうち「月が私のこと好きなんだ。」なんて妄想してました。
たまに流れ星もみえました。
そんな事を思い出させた絵本です。

息子に本当は聞くべきではないんですが
「この絵本のどこが好き?」と聞きました。そしたら、
「パパがお月様とってくれるところ」ですって。
俄然パパは「俺は不可能を可能にする男や!」とはりきりました。

<今晩読んだ絵本>
*「パパ、お月さまとって!」エリック=カール作 偕成社
*「もりのなか」マリー・ホール・エッツ文・絵 まさきるりこやく 福音館書店
*「あんぱんまんとらくがきこぞう」フレーベル館 童心社←紙芝居です


               
応援お願いします。
ありがとう





スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄23 23:34 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(9) trackback(0)
▲pagetop












コメント


ぱぱ。。。。
不可能を可能にする男。。。!
ここに一番反応してしまった(笑)
パパ、はりきっちゃったかぁ≧m≦
かっこい~なぁ~!(笑)

でも、子どもの発想って不思議ですよね。
先入観がないから、とっても純粋でキラキラしてて、どうしても叶えてあげたいって、その気持ちを大切にしてあげたいって、切に思いますよね。

自分は忘れてしまった心を子どもは持っていて、子どもってステキだなぁって憧れたり、でもそんなままじゃ、大人にはなれないし。
切ないなぁ。

よ~し、じゃぁ、ここはうっちゃんパパに頑張ってもらうしかないか!
(うっちゃん)パパ、お月さま とって(笑)


応援して帰りま~すっ^^;

2006/06/24 01:31URL | あき[ 編集]


この絵本まだ読んだことなかったんです(^^;)
こうゆう内容だったんだぁって。
おもしろそうな絵本ですね!

想像が広がるっていうかんじ(^^)

2006/06/24 21:09URL | りんご[ 編集]


満ち欠けに驚いたり
お月様の色が違う日はちょっと怖かったり
子どもにとってお月様って
独特の存在なのかもしれないですね

お月様が追いかけてくるって気持ち
私、いつなくしちゃったのかな…

パパさん頑張れ~!

2006/06/25 08:19URL | maruko[ 編集]


私も昔は月の中にウサギが見えてたりしたんだけどな~(笑)
とってもステキな絵本だね。
張りきるパパもステキだわ。
息子っち元気になってよかった~!

2006/06/25 09:17URL | りんりんママ[ 編集]


☆あきさんへ
不可能は不可能のままの男ですよ(^^;)
子供って本当に純粋でかわいいですよね。
自分が忘れていた感覚をふと思い出させてくれたりしますよね。
あきさんのお子さんたちも純粋でかわいらしいんでしょうね☆

☆りんごさんへ
そうなんです、想像が広がる絵本です。
で、絵本自体もかなり広がります・・・。
想像以上に読むとき幅をとりますので、あしからず・・・。

☆marukoさんへ
そうそう、色がちがうときなんてちょっと怖かったですよね。
月って不思議な存在ですよね。
今は月の変化なんて気にもしなくなりましたよね。
よく考えるともったいないような・・・。

☆りんりんママへ
月にウサギかぁ。りんりんママらしいね。
私は子どもの頃どうやってもうさぎに見えなくてカニにみえてたよ。ありゃりゃ。
息子元気だよ~~。ありがとう。



2006/06/25 15:51URL | うっちゃん[ 編集]


エリックカールさんってはらぺこあおむしの作者さんだったかな?
月の絵本も出されて居るんですね~
そういえば子供の頃は、走っても走っても
近づかないのに、月に手が届くような気がしてたなー
パパ、おちゃめさん♪

2006/06/27 23:41URL | ふで子[ 編集]


☆ふで子さんへ
そうです、はらぺこあおむしの作者さんです。
この絵本もとってもきれいな絵本ですよ。

月に手が届くような気がしてた・・、わかるような気がします。
みなさん小さい頃は月にいろいろ思いがあったんですね。
月ってそれほど神秘的で魅力のある存在なのかも。
2006/06/28 10:00URL | うっちゃん[ 編集]

TBさせていただきました!!
うっちゃん、こんにちは!!
TBさせていただきました~。ありがとうございます。
>調べたところ地球と月の距離は約38万キロ。
そうなんですかぁ、そんなに長いはしご!!
>そのうち「月が私のこと好きなんだ。」なんて妄想してました。
うー、かわいいなぁ。。。
そうそう、子供にとってパパはやっぱり、なんでもできる”スーパー”な存在なんですよね!
2006/11/12 13:44URL | ペンギンブルー[ 編集]

ペンギンブルーさんへ
TBありがとうございます。
過去記事なんて今読むと恥ずかしいもんですね・・・(^^;)
いや。恥ずかしい。
つきまでの距離なんて書いてたね。おバカ。

ペンギンブルーさんと同じ記事で繋がれてうれしいです。
2006/11/14 10:29URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。