大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ゆずの加工


カメさん更新ですがようやく柚子の加工についてかけそうです。

我が家ではゆずを栽培しています。
栽培というには恐れ多いような放置栽培ですが
毎年、親族総出で収穫をし「ゆのす」という柚子の絞り汁を加工しています。
昨年は地獄の収穫について書かせてもらったので
今年は「ゆのす」への加工について書かせてくださいね。(収穫についてはコチラ


今年はワタシがお嫁に来て一番の豊作でした。
嬉しい悲鳴ならず本当の悲鳴をあげております。
毎年だいたい1週(あたり年で2週)で収穫から加工まで終わりますが
今年は3週かかりました。自然の恵みに感謝・・・。(T。T)


前置きが長くてすみません。
では、加工の様子です。


まず一年かかって一升瓶を集めます。
そのために努力するのです。何をっ???フフフ
その他小さ目のビンも一年間捨てずに保管。
そして収穫の前に洗浄し熱湯消毒をします。
だいたい1升ビンで100本は準備します。
この作業はひばあちゃんがヒマを見つけてしてくれてますが
大変だと思います。
ビン


土曜に収穫した柚子を日曜の早朝から絞る作業にはいりました。
柚子は収穫して時間が経つと酢(この場合果汁のこと)が
少なくなっていくため、早急に加工に入る必要があります。
まず収穫したゆずを一つずつ布で拭いていきます。
洗ってはいけません。水分が入ると腐敗しやすくなります。
だから無農薬であることが大切だと思います。
根気が要ります・・・。足がしびれる・・・。
ゆずを拭く


そしてこちらが柚子を絞る機械
その名もポンジャー
機械


名前の通り
ポンと入れたら
ゆずポン


ジャーっとでる(笑)
ゆずジャー


そしてたくさんバケツにたまったら漉していきます。
ゆずを絞る1

この漉すというのが重要です。
他の作業所ではザルで漉すだけというところもあるようですが
よく漉したほうが柚子の苦味やアクが少なくなります。
なにより不純物もすくないのでは?と・・・。
今年は念入りに三度漉しをしました。

漉したら次はビンつめです。
ゆずビンつめ


こうして出来上がったのが「ゆの酢」です。
ゆのす

爽やかな香りがお料理を引き立てます。
高知ではなくてはならない調味料。

今年は例年の2.5倍ほどの収穫がありました。
(140升ほど。ビンが足らなくて大騒ぎですよ)
毎年卸しているおすし屋さんや注文をもらっている関東方面の人も
いるのですが、今年はそれ以外にも日々のお礼もかねて
たくさんの人におすそ分けができました。
それでもたくさんあまったので
商品化してスーパーの産直コーナーへ出すことになりそうです。
商品名も決まったんですよ。
「としこちゃんくのえいゆず」(訳:としこちゃん(ひばあちゃんの名前)の家のよい柚子)
凍結保存して高く売れる来年の夏に販売するということです。
ラベルとか作らなきゃ。フフフ。

来年はきっと裏年。寂しいやら。うれしいやら(本当はこっちが強い)
さてさて、疲れたのでやはりこれでシメましょう。
カツオ

8キロの戻り鰹。おいしく戴きました。

そして我が家のアイドル↓
疲れた後に一番癒される♪
ぶんちゃん


こうやって季節の折々の収穫のたびに親族が集まれるのは
いいことですよね。
そして嫁のワタシを快く受け入れてくれる一家に感謝。
時々田舎生活を体験するのもいいものですよ。
スポンサーサイト






2007⁄12⁄08 16:03 カテゴリー:つれづれ日記 comment(12) trackback(0)
▲pagetop












コメント



うっちゃん、こんにちは。
ゆず収穫作業、本当にお疲れ様でした!!豊作、おめでとう☆☆☆
大変だったねー、一年間溜め込んだ一升瓶が足りなくなるほどだなんて....。(そのために、ガンバッテお酒飲むの?^_^*)
穫るのも大変だけど、こんなに沢山のゆずを1個ずつ拭くってのも、すごい作業ですね...。
「ポンジャー」って名前、ナイス!
ポンといれてジャーなんだろうけど、なんか”ポン”が柑橘っぽいし”ジャー”がゴレンジャーみたいでたのもしそう。
「としこちゃんくのえいゆず」楽しみですね~♪
シメの鰹が相変わらず美味しそうで、自然の恵みを直に感じられる田舎生活の豊かさが伝わってきましたよ。
2007/12/09 11:31URL | ペンギンブルー[ 編集]


うっちゃん、柚の収穫お疲れ様でした。
『としこちゃんくのえいゆず』の商品化!!おめでとうございますe-405
名古屋じゃ買えないだろうか??
ラベルは、うっちゃんが考えるの??
記事、楽しみにしています。

2007/12/09 12:36URL | ちーちゃん[ 編集]


うっちゃん、ブログ再開、嬉しいです。
とってもまちどおしかったよ。
ゆずの収穫、大変なんですね。日頃、気軽にいただいていたのですが、手作業でこんなにも手間暇かけて加工しているとは知りませんでした。とても勉強になったよ。
2007/12/10 01:03URL | 京女。[ 編集]


うっちゃん!ブログ復活してたのね!!
元気でしたか??すっかり私もご無沙汰続きでごめんなさい。
同じように私のほうもカメよりのろい更新なんで・・・。^^;
またたま~にですが、遊びに来ますんで宜しくね。

すごいなあ・・・ゆずの収穫も大変そう。
でも家族総出で、ちょっぴり楽しそうに見えますよ。
来年裏年で嬉しいでしょうが。^m^
ポンジャーというネーミング、いったい誰がつけたんでしょうね。
かな~り直球勝負ですね!(^_^;)
息子くんもお手伝い、いいですね。
きっとずぅ~っと彼の記憶に残っていくんでしょう。小さい頃の経験って大事ですから。
かつおのお刺身に、ゆの酢?風味が増しておいしそう。^~^
2007/12/10 01:35URL | ひろのしん[ 編集]


うわあー・・・ほんとに重労働!
貴重な無農薬自家製のゆのすは、こんなに大切に丁寧に(そしてうっちゃんの強靭な肝臓にも、多少の負担をかけて・・・ププ)作られているんだなあ・・・。
でも、高知の人だって自分でこうやってゆのすを作っている人って、きっと少ないのでしょう? 本当に得がたい体験なんだろうなーって思います。息子君も本当にいい子ども時代だよね。

今年もうちは柿を干しましたよ。
うまくできたら送りつけますのでよろしくー♪v-221 (近所の鳥が大敵なのだ!)
2007/12/10 12:28URL | ayano[ 編集]


再開されたのですね。
嬉しいです♪
ゆっくりでもいいので記事楽しみにしています☆

今年もがんばりましたね~。
すっごい重労働!!でも記事読みながら、なんだか香りが漂ってきた感じしたよ。口の中がキュッとね。
息子くんにも貴重な体験だよね。なかなか出きないもの。
こういう体験すると、食べ物を大切にするんだろうなぁ・・って思っちゃいます。
いいことだよね。

2007/12/13 00:51URL | @みかづき[ 編集]


おぉ、すごい!
やっぱりちゃんとこういう便利な文明の利器があるんだね。
ネーミングがそのまんまなのがいい。
拭いて絞るだけじゃなくて、漉すんだね。
しかも今回は3回も!
お疲れさまでした。

収穫してから置いておくと果汁が減るんだね。
うちは実家からもらってきたゆずは絞らずに
冷蔵庫に入れてるけど、粒が小さいから果汁が少ないのか、それとも減ってるのか?
2007/12/13 23:41URL | 圭[ 編集]

はじめまして
はじめまして。。
ゆず酢
気になります。

作業大変な分、いい出来ばえでしょうね^^
2007/12/16 21:55URL | nonnkinaminnti[ 編集]


うっちゃんの元気な記事が読めて嬉しいです♪

「ゆの酢」
恥ずかしながら初めて知りました。

無農薬で育てるのも大変だろうし、
収穫後の作業もこれまた大変そう。

でも、手がかかっているだけ
上質のものができあがるんでしょうね~。

ネット販売とかしないんですか?
マジで欲しいな。
2007/12/17 01:49URL | tette[ 編集]


うっちゃん、お久しぶりです。
カメ更新仲間のルーリーママです(笑)
お互いにご無沙汰してましたが、再開されたようで嬉しいです♪
自分のペースでのんびりが1番ですよね。
今年もゆず収穫本当にお疲れ様でした!!
「としこちゃんくのえいゆず」の素敵なネーミング、訳がないと意味が解らなかったです(笑)
そして、去年もたまらなく美味しそうだったカツオに生つばごっくんです。
親戚が集まっての作業、何よりです。
ゆのすの黄色がとってもきれいです♪



2007/12/19 23:08URL | ルーリーママ[ 編集]


メリークリスマス! お久しぶりです♪
忙しい毎日みたいですね。
風邪などひいていませんか?
楽しいクリスマスを過ごしていらっしゃるでしょうか?
また遊びにきますね(*´ー`*)
2007/12/25 00:46URL | ママりん[ 編集]


☆ペンギンブルーさんへ

お久しぶりです。
「ポンジャー」って名前がナイスっ!!でしょう。職人さんの手作りなんだけど、手書きで機械に書いてる文字がもうおかしくて(^^)
自然の恵み・・・。こんな豊かな自然に囲まれて(ときどき不便も感じますが)心が満たされるんです。本当の豊かさかな?へへ。
カツオは5キロ1本。8キロ1本。ヨコ3キロ1本。でした。食べすぎ?


☆ちーちゃんへ

おひさしぶりです。
商品化!!ありがとう。うちの商品はそちらでは買えないのですが、ネット販売で「ゆのす」を検索すると販売しているところもあります。(たしか北川村の・・・)
今見てみたら結構なお値段なんですね。(ぼったくりや~~)
ラベルね・・・。その後、お店から「つけないでくれ」といわれたんですよ。がぁぁん。


☆京女。さんへ

わぁ。おひさしぶりです。
きちんとチェックしてくれてることがうれしいです。
本当の意味での復活は出来てないんですが(なぜ時間が経つのがこんなに早いのだ?)この場所がすきなので少しずつですが更新していきたいです。
ゆずはそちらでも良く使う食材かしら?イメージ通りです。


☆ひろのしんさんへ

ふふ。ひろのしんさんがかめよりのろいならワタシはナメクジですよぉ。
こちらこそご無沙汰続きで失礼しています。
直球勝負の名前ですが、機械作りの職人さんが勝手につけてたんです。おもしろいですよね。
こういう作業って子供の頃や若い頃には面倒だったりするのでしょうが、ここで育った人たちはみんな大人になって作業に戻ってくるから、きっと心に残る何かがあるんでしょうね。
息子にもいい影響かな?


☆ayanoさんへ

おおぉぉ。ayanoさん、お元気ですか?
今年も柿を干しましたか!モミモミして?ああぁぁ。ホントっ、おいしかったです。
それを送ってくれるなんてまた夢のようなお話。きっとワタシが梅を送りつけたからきを使ってくれてるんですよね。
ワタシは送りつけ魔なので逆にみんなに気を遣わせてしまって申し訳ないです。あの、本当にお忙しいのだから気にしないでね。
ところで肝臓は強靭ではありません。3歳で肝炎を患ってますので・・・(じゃ!飲むなーー!)


☆圭さんへ

うちのゆずの酢が抜けるのは採り方に問題があるんだよ。
高い木の上からドーーンって落とすから、果実が割れてるの。で、酢が抜けちゃう。
でも、やっぱり普通のも抜けるかな?なるべく早く使うか、絞るか、丸ごと冷凍がオススメです。
今回の3度漉しはかなりがんばったよ。
粗末なところでは(そういうところは自分の家用)ザルで簡単に漉すだけらしいから、結構手間をかけたつもりです。
ゆのすをいつもつかってくれてありがとう。それが一番の励みになります。


☆@みかづきさんへ

こんにちは。ご無沙汰しています。こうやって遊びに来てくれて本当にうれしいです。
あまりに久々すぎて何から更新していいか・・・。な、ぐらいです。
こういう経験をして、食べ物を大事にする子供になるんでしょうか?まったくそんな気配もないんですが・・・。
ワタシも色んなものを学んでほしいと思っているのですが、親の心子知らずでいとこの持ってきたDSばかりやってます。トホホ。


☆ nonnkinaminntiさんへ

はじめまして。こんな怠けたブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
本当にうれしいです。
また時間のあるときにおじゃまさせていただきます。
ゆのす。初めてお聞きになったでしょう。
時々、こんな地元ネタを織り込んでいきますので宜しくお願いします。


☆tetteさんへ

そうでしょう。ゆのすって初めて聞いたでしょう。
ワタシも隣県から嫁いできたのに初耳だったんです。
でもすぐにその魅力に取り付かれましたよ。
無農薬で作るのは手間は掛かりませんが(無農薬放置栽培なので)そのあとの作業がね・・・。いいダイエットです。
もしよかったらtetteさんにもぜひ使っていただきたいです(ああ~。また迷惑なことを考えてる・・・)


☆ルーリーママさんへ

こんにちは。本当にご無沙汰しちゃってます。
そちらにまったくお邪魔も出来ていませんがお変わりないでしょうか?
お互い無理のないようにいきましょうね。
去年のカツオも覚えてくれてました?あのカツオはその場で藁焼にしたからおいしかったんですよ。
今年はたたきにしなかったので(ゆずの加工で体力が尽きた・・・)ちょっと残念。
これからもよろしくね。


☆ママりんさんへ

おおーーー。ママりんさん。
ご無沙汰しています。
っていうか、クリスマスのご挨拶を大晦日に見てしまった。ごめんなさい。
昨年は楽しいお話がたくさんできてうれしかったです。後半はちょっとさぼったけど、こうやってまた遊びに来てくれてとてもうれしいです。
またこちらからも遊びに行きますのでよろしくおねがいします。
2007/12/31 21:32URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。