大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ヨンイのビニールがさ


ヨンイのビニールがさ ヨンイのビニールがさ
ユン ドンジェ、キム ジェホン 他 (2006/05/31)
岩崎書店

この商品の詳細を見る


1980年代の韓国が舞台の絵本です。
この当時韓国は高度経済成長期。
でもまだ庶民の生活は豊かではありませんでした。
高価な布製の傘を買えない貧しい人たちは
今にもこわれそうな安価なビニール傘を使っていました。

そんな時代背景を知った上で読んでください。

ヨンイは小学生の女の子。
ある雨の降る月曜日の朝、ビニール傘をさして登校していると
コンクリートの壁にものごいのおじいさんが
雨に打たれながら眠っていました。
心無い人たちが冷やかすのをみたヨンイ。
授業を抜け出してヨンイはおじいさんのもとへ行き
そしてそっと傘をさしかけてあげました。
午後は晴れ渡り、おじいさんがいたところへいってみると
おじいさんの姿は無く、きちんとたたまれた傘がおいてありました。




力入りすぎたので(笑)閉じておきます。
気合入れて入ってください(^^;)

ついに梅雨入りしましたね。




絵がとてもすばらしいのです。
ヨンイやおじいさんの気持をあらわすべく
何ページにも描かれる舗装もされていない泥沼の道と
降りしきる雨。
おじいさんのそばには雨水がいっぱいたまった空き缶。
そしてヨンイの顔すらもほとんどかかれません。

なのにどうしてでしょう。こんなに余韻が残るのは。
おそらく何もかかれていないから。言葉少なだから。

月曜日、みなさんもそうだと思いますが
いちばん気分の重い日ではないですか?
その始まりが雨なんて、滅入ります。
そこへ見るからに汚いものごいのおじいさん。
正直ギョっとすると思います。と、同時に同情が湧くでしょう。
けれどもだれもが余裕のない時代。
おじいさんに手を差し伸べることは難しいのです。

おじいさんの脇にあった空き缶の雨水。
これには何がこめられているのでしょうか?
おそらく貧しいおじいさんの飲料水になるのでしょう。
けれど、私はここへおじいさんの貧しさ寂しさ悲しさ・・・
そういった感情があふれんばかりにたまっていると感じました。

ヨンイ自身も傘をあげるほど裕福ではなかったはず。
そんなヨンイの気持を察するべく、おじいさんは傘を置いて帰ります。
おじいさんの立場なら、普通はもって帰ると思います。
しかしおじいさんはきちんとたたんでおいて帰ったのです。
たとえ貧しくても礼儀を忘れない心。

本当の豊かさとは?やさしさとは?そして勇気とは?
ヨンイがさした傘がたくさん教えてくれます。
青空はヨンイのすがすがしい心を表しているようです。

もやもやとした気分の日も多いのが本当。
まるで心に雲がかかったようです。
でも、ほんの少しの勇気があれば
晴れ間が広がるのかもしれません。

対象:物事が理解できる年齢から(^^;)



<昨夜読んだ絵本>
あめふり( あめふり
さとう わきこ (2004/05)
チャールズイータトル出版

それと、こどもチャレンジの問題集をずっとといておりました。
スポンサーサイト






ジャンル:育児 テーマ:絵本
2007⁄06⁄14 14:52 カテゴリー:小学校低学年向けの絵本 comment(34) trackback(0)
▲pagetop












コメント



自分も苦しいのにもかかわらず、他人を思いやれる優しい少女、まっち売りの少女を思いだしました。
そして、おじさんの方も貧しくても礼儀を忘れないなんて、誇りを感じました。
記事読んだだけで感動しちゃいました。

表紙は一瞬写真に見えましたが、絵なんですね。
韓国のお話というのも読んだ事がないので、興味あります。

梅作っているんですね、羨ましい~♪
お茶摘みやら、梅の収穫やらおばあちゃん宅で色々体験できて、息子君にもとてもよい環境ですね。
酒、酒、酒、のオンパレード、うっちゃん最高(笑)!!
私は毎年、義母に漬けてもらってるので今年は挑戦してみようかぁ‥。
初心者にオススメはどれですか?

2007/06/14 16:54URL | ルーリーママ[ 編集]


この本、知人からすすめられて先日読んだばかり。
「物事が理解できる年齢から~」といううっちゃんのコメント・・ほんとそのとおりですけどね。
こんな時代だからこそこの本のメッセージを強く感じますよね。
それにしても昨今の韓国の成長ぶりからすると、この本に描かれている20年前の様子が信じられないですよね。
2007/06/14 22:11URL | まつりか[ 編集]


この絵本、ひろのしんさんのところで拝見して
私も手に入れてしまいました
本当に雨上がりのシーンのすがすがしさが強く心に残りますね

ところでうっちゃんのお気に入り→に「リディア」を発見して
とっても嬉しい私です♪

2007/06/15 00:41URL | maruko[ 編集]


おはようございます♪
うわあ、大人っぽい感じって思ってしまいました^^;
でも息子がOKということは、うちも読めるかなあ?!
今度探してみます。
こういう絵本、私hかなり好きです\\:


韓国の絵本でいうと、『あめがふるひに・・・』(くもん出版)も大好きです♪♪
あと『ふわふわくもパン』も、確か雨でした。って私の知っている韓国絵本って雨だらけだわ(笑)

2007/06/15 07:01URL | さやぽん☆[ 編集]


韓国の本・・読んだ事がありません。
今度探してみようw
入梅しましたね。雨が降っているときに雨の本っていうのも気分が少し晴れて?!楽しいかも・・・

梅酒・・・1年でも待ちますよ♪
でもうっちゃんに飲まれて残っていないんじゃないかしら??
そちらの方が不安です。

2007/06/15 07:17URL | ちーちゃん[ 編集]


わーぃ、うっちゃん!わたしもこの絵本、大好きなんです。
ちょっと前から、うっちゃんお気に入り絵本が気になって、どれも好き好きって思ってました。
この絵本、映像を見ているようなすてきさ、
ありますよね~。

ウシシ、久しぶりにTBさせてもらいますね。(^m^)
2007/06/15 09:11URL | フラニー[ 編集]


「誇り」を考えされられますね。
失ってはいけない人の心にある「誇り」。
貧しくても、おじさんはその心を失ってなかったのでしょう。
すごくこの記事、心に残りました。
うっちゃん、ありがとう☆

雨の月曜日は憂鬱だよね。梅雨もキライだけど、梅雨いりが遅いってニュースを聞くとそれはそれで、やきもきして、早く梅雨にならないと水不足だよ・・って思うのに、こうして梅雨入りすると、はやく梅雨が明けてほしいって身勝手なことをおもう私です(^_^.)

2007/06/15 11:55URL | @みかづき[ 編集]


うっちゃんのレビューはとても詳しくて分かりやすいわ♪
私なんかなかなかここまでうまく書けませんでしたよ~。
最近は韓国の絵本がたくさん出てきて、視野が広がり楽しいですね~。
2007/06/15 13:22URL | ひろのしん[ 編集]


すてきなお話ですね。
うっちゃんの文章を読み終えた瞬間、
拍手ボタンを連打クリックしてしまったわ。

>本当の豊かさとは?やさしさとは?そして勇気とは?

子供たちに伝えたいことですね。
そして自分自身にも。
2007/06/15 16:00URL | こるく[ 編集]


本当にステキな本ですね!
りくたんには難しいかもしれないけど、
もう少し大きくなったら、
こういうのがわかる子どもに
なってくれたらいいなぁ。
ぐりぐらのなぞなぞも面白そう♪
幼稚園の子ってなぞなぞ大好き
なんですよねぇ。
りくたんはまだわかんないかなぁ?
もうちょっと大きくなったら
なぞなぞしてあげたいなっ。
2007/06/15 19:47URL | りくたんママ[ 編集]


うわーんv-356
うっちゃんに泣かされたー!!
また泣かされたー!!!!
またまたビックリマーク使い過ぎちゃったー!!!!

私、最初にタイトル見たとき
「吉井のビニール傘」かと思いまして・・・汗

物語の内容ももちろん胸を打たれるんですが
うっちゃんの文章で
さらに考えさせられました。
なんだか今の日本、
私の周りにそんな豊かさがナイような気がして。
2007/06/15 22:39URL | イオママ[ 編集]


韓国の絵本ですか~~。
私、朝鮮半島方面は大好きなんで、見てみたいですわ。

それにしても、いい記事でした。
うっちゃんの文章だけでグッときた。
いたずらに豊かな現代だからこそ、読んでみたい作品ですね~。。。。
2007/06/16 02:38URL | araia[ 編集]


韓国の絵本というところでまず飛びついた私です。
うちにも韓国の絵本が何冊かあって、
その日本語訳の絵本も何冊かあるのだけれど、
この絵本は読んだことがなかったので、
すごく興味深かったです。
もうね、うっちゃんの文章がすごく良かった。
ぐぐぐっと来ちゃいましたよ。
これは実際にこの目で見なくては!
ありがとう、うっちゃん!
2007/06/16 06:18URL | ともちゃん[ 編集]


こんにちは!
いつもいつも、ここを開くたびにほんとうに参考になります。
文章が下手でブログもじつは文章の練習みたいなもので、書くのにすご~く時間がかかってしまう私。ただの日記なのに。
うっちゃんの文章がみんなの心を打つのは、きっとたくさんの本を読んでいるからなんだろうな。

そして今日のこの本。
私自身の書棚にいれたい本だなって思いました。
最近自分が一番大変!みたいなつもりになっていた自分の戒めにもなりそう(^^;
いつでも人を思いやれる心。
まずは親の私がそうならなくては。
そしてこの写真と見まごう素晴らしい絵を見てみたいと思います。


2007/06/16 15:15URL | yunyun[ 編集]


初めて見る絵本です。でも、何だか心にいろんなことを呼びかけてくれるようなお話ですね。憂鬱な状況の中で折りたたまれた傘がスポットライトを浴びたように、すっきりと爽やかな雰囲気を醸し出す…そんな印象の絵本かしら?
読んでみたくなりました。早速、図書館へ行ってみます~(≧∇≦)

2007/06/17 12:02URL | 京女。[ 編集]


うっちゃんのレビューを読んでぐっときました。モノが溢れた今の日本の人はもう忘れてしまったような、そんな時代のきれいな物語なのね。少ないモノを大事にしつつ、他人への思いやりも忘れない、そんなヨンイの心持ちがなんだか沁みます。
昔モンゴルに旅した時に、仲良くなった人からもらった手編みのベストや小さい手づくりの置物、そういうものを思い出しました。きれいでお洒落なモノが溢れている日本に住んでいて、モノのなかった(・・・ほんとにないの、基本的に遊牧して暮らしている人たちだから)モンゴルで感じたことを忘れそうになって暮らしているけど、あの旅で感じたものはたぶんこの絵本で感じるものにも近いような、気もします。

最近、読みたいなあ、読みたいなあと思っていると読む機会に恵まれる・・・というパターンで、たぶん、この本もそのうち読めるかなーと思ってます。(うっちゃんのブログで紹介してもらって読めた本というのも、いっぱいあるのよ)
今回もまた素敵な本を紹介してくれて、どうもありがとう!
2007/06/19 10:01URL | ayano[ 編集]


うっちゃん、おはよう
この絵本全く知らなかった~
韓国の絵本も今まで1冊も読んだことががないのでチェックしとかなくちゃ~と思いました。
これは写真絵本じゃないんだね。
すごく綺麗な表紙にビックリ!
こういうメッセージの強い作品はうちの子には
まだまだ判らないかもしれないので
私が楽しむだけになるかも・・・だけど
今度借りにいってきますね
2007/06/20 10:37URL | らぴ~♪[ 編集]


☆ルーリーママさんへ

なるほど。マッチ売りの少女かぁ。
懐かしいなぁ。でも「マッチいりませんか?」しか覚えてないわ。今度読んでみよう。

ヨンイの表紙もきれいでしょう。写真と思うくらいの完成度の高い絵なの。
色も抑え目で緑のビニール傘がよく映えてます。
こどもにはまだまだ難しい内容だけど、とってもいい絵本です。

ところで梅酒。ここにお返事で書いたのだけど消えちゃったのでルーリーママさんのコメント欄に書いちゃいました。
もしつけたら教えてね。


2007/06/20 11:21URL | うっちゃん[ 編集]


☆まつりかさんへ

そう!私もたった20年前が高度経済成長期だったの??っと信じられないと感じました。
今の韓国の文化や経済や教育は日本も追いつかないところがありますものね。
物事が理解できる年齢からというのはその通りでしょう(^^)
文章は短いけれど、安易な気持で理解できない人に読んでもらってはいけないと思いました。
まつりかさんも最近読まれたんですね☆






2007/06/20 11:25URL | うっちゃん[ 編集]


☆marukoさんへ

わ。marukoさんも手に入れましたか?
私も始めてこの本の存在をしったのはひろのしんさんのところです。
表紙をみると今まで出合った絵本とは違う雰囲気で気になってたんです。
読むと。すげーーーって感動しました。
ところで「リディア」見つかっちゃった。
実はこれはmarukoさんのところで見て、図書館で読んで「これは私の本だ!」と思って手に入れたものです☆
こちらも貧しさと優しさと絆と言う面ではヨンイと似てるかもしれませんね。


2007/06/20 11:28URL | うっちゃん[ 編集]


☆さやぽん☆さんへ

うんうん。さやぽん☆さんのところで、『あめがふるひに・・・』が昨夜読んだ絵本のリストに入ってたのチェックしましたよ(^^)
私も気になる絵本です。
韓国の絵本は私はこれしか読んだことがないのですが、そうか雨が多いのか。叙情性があってそこが韓国らしいのかもしれないですね。
この絵本、文章は短いけれどまだ息子世代には難しいと思います。
でも一度読んでください。カンドーです。


2007/06/20 11:31URL | うっちゃん[ 編集]


☆ちーちゃんへ

ふふ。雨の日に雨の本です。
雨だからこそ雨を楽しまなくっちゃね。
ところで梅酒。まかせときなさい!
ガマンしてちーちゃんの分は残しておくよ(^0^)
おっと、その前においしいかどうかが問題だ。
おいしいかどうか、ほどほどに味見してから送るよん。



2007/06/20 11:34URL | うっちゃん[ 編集]


☆フラニーさんへ

わーい。TBありがとうございます。嬉しくってさっそくTB送り返しました。
もうフラニーさんの簡潔ながら大人の感想に驚きました。
私なんて小学生の読書感想文みたいだもの(恥)
私のお気に入りの絵本もチェック済みですか(^^)
サイドメニューもさいさい更新したいのですが、面倒くさがりやなので半年ほど同じでした・・・。
どれも私好み!!です。でもフラニーさんも同じでよかった。



2007/06/20 11:36URL | うっちゃん[ 編集]


☆@みかづきさんへ

そう。「誇り」だね。(←うまい!)
ヨンイに思いを寄せるだけでなく、私はこのおじいさんの心意気にも感動しました。
@みかづきさんもぜひ!読んで見てください。
後から後から感動が押し寄せてくるの。ぜひ、@みかづきさんのレビューも読んでみたいわ。
ところで梅雨。入ったね・・・。
入るまでは水不足が心配でまだか?まだか?と思ってたのに、3日も雨が降り続くと「洗濯物が乾かないじゃんよーーー!!」とあれほど待ち遠しかった梅雨も早く明けて欲しい気持ちです。
みなさん。お洗濯、どうしてます?



2007/06/20 11:40URL | うっちゃん[ 編集]


☆ひろのしんさんへ

いやいや。もう小学生の読書感想文みたいで恥ずかしい限りですv-402
この本を人に教える時は多くを語ら無いほうがいいと思うのですが、感動しすぎて・・・長々と書いてしまいました。
韓国の絵本は最近たくさんあるようですね。
書店の絵本のコーナーでも「韓流絵本コーナー」があって笑ってしまったところです。
私はこの本しか読んだことが無いのですが、ひろのしんさんが先日紹介していた韓国の絵本も気になってるんですよ。
今の日本人が忘れたものをたくさん教えてくれますね。


2007/06/20 11:45URL | うっちゃん[ 編集]


☆こるくさんへ

ははv-383拍手を連打ですか。
(って、この拍手っていつのまについた機能なんでしょう?でも面白い機能でうれしいかぎりです)
私は文章が下手で伝えたいことがあると長文になるクセがあって恥ずかしいです。
この絵本は今の自分が忘れたものを思い出させてくれるものがあります。
そしてこども達にも伝えたいですね。


2007/06/20 11:47URL | うっちゃん[ 編集]


☆りくたんママさんへ

やっぱりりくたんママさんのクラスのお子さん達はなぞなぞ好きですか?
りくたんにはヨンイはまだわからないと思いますが(うちの息子もよくわかってなかったの・・・)このなぞなぞの絵本だった楽しめるかもしれないよ(^^)
時々ぐりとぐらが挿絵で登場するからそこがまた楽しいかもっ♪




2007/06/20 12:02URL | うっちゃん[ 編集]


☆イオママさんへ

わーーい!びっくりマークいっぱいもらったーー!!!!v-221
それに「吉井のビニール傘」ってi-201なんでやねんっ!i-88
そうか。吉井はビニール傘をご愛用ね。って、吉井ってだれやねんっ!!もう大笑いしちゃった。確かに読める☆イオママさんに1票!
せっかくイオママさんが最後にいいことかいてくれてるのに、前半が強烈でそちらばかりがアタマをぐるぐる回ります。
こういうアナタが大好きですっ♪


2007/06/20 12:06URL | うっちゃん[ 編集]


☆araiaさんへ

そうですか。朝鮮半島系が好きですか。
朝鮮半島と書くところが気になります・・・(韓国だけではなさそうね)。
私は朝鮮半島には詳しくなくてチマチョゴリやビビンバくらいしか文化はわからないのですが(^^;)、朝鮮の人たちが大事にしている儒教の教えは私たち日本人も考えさせられることが多いですね。
韓国絵本はどれも考えさせられるものが多いです。


2007/06/20 12:10URL | うっちゃん[ 編集]


☆ともちゃんへ

そうだったね。たしかともちゃんは韓国ファンで、以前も韓国の絵本を紹介してたね。
何冊ももってるんだー。いいなぁ。貸し出して欲しいよ。
私は韓国について疎い方で、こうやってブログをしていないと韓国絵本は手に取ることがなかったと思います。(ひろのしんさんのところで教えてもらったの)
私の文章は・・・。もう幼稚で恥ずかしいですっv-402
ぜひともちゃんも読んで見てね。


2007/06/20 12:12URL | うっちゃん[ 編集]


☆yunyunさんへ

そ。そんな・・・v-402
実は私も文章を書くのはへたくそです。同じ絵本でも他の方の書かれた文章のほうが優れていて、後になって恥ずかしくなることが多いのですよ。
私はyunyunさんのブログ好きだけどな。
共感できるところもたくさんあるんですよ♪
自分自身がいちばん大変ってだれでも思ってることではないかしら?
私だってだれも理解してくれてないような気がして時々孤独感さえあります。
でもそういうときにこうやってブログのみんなが優しいコメントをくれて励みになります。
私も優しい母親像には程遠いです・・・。トホホ。

2007/06/20 12:17URL | うっちゃん[ 編集]


☆京女。さんへ

おお。さすがライター様!!そうなのです。こんな下手っぴな文章なのに、絵本の概要を捕らえてらしてさすがでございますっ。
絵も文章も多くを語らない。
だからこそ考えさせられるところが多いのです。
こどもにはこの絵本の本質をすべて理解できるような人に育ってもらいたいと思います。
この絵本のレビューをぜひお願いします。


2007/06/20 12:20URL | うっちゃん[ 編集]


☆ayanoさんへ
モンゴルへ旅したことがあるんだね。
昔、朝青龍が「モンゴルの人は辛抱強くて忍耐強よい。その根底には家族愛がある。今の日本人にはそういうところがないから、横綱が生まれてこない」と言ってたなぁ。モノが豊かになると信念すら失うのかしら。
モノが少ない生活の中でいただいたプレゼント。どれほど貴重なものだったでしょう。
きっと戴いたのはプレゼントの品だけでなく、その「気持」だよね。ずっとずっと大事にしたい宝物ですね。
この絵本とayanoさんが出合えますように!!


2007/06/20 12:33URL | うっちゃん[ 編集]


☆らぴ~♪さんへ

そうでしょう。すっごくきれいな表紙でしょう。本当に完成度の高い絵ですばしいのでぜひ一度みてください。
この絵本はうちの息子にも理解できなかったみたい。
だけど母親の私がいちばんドカーーンときましたよ。
韓国の絵本は私もこれしか読んだことがないのだけど、みなさんの証言ではいい絵本揃いらしいので気になりますね☆
2007/06/20 12:35URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。