大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








がいこつさん


20070317232837.jpg

がいこつさん / 五味 太郎

がいこつが怖い!なんて人もちょっと読んでみてください。
だって、冒頭からこれですよ。
 がいこつさんが ねています。目をあけたまま
 ねているのかというと それはちがいます。
 あれは穴です。目ではありません。

もう、惹き付けられちゃいます。

このがいこつさん、寝てるのだけど何か忘れてることに気がついて
目が覚めてしまいます。
そして忘れている何かを探しにでるのですが・・・・。

がいこつですよ。がいこつ。
がいこつが街中「何か」を捜し歩いているのに
だれも知らん顔。ふつう驚くでしょうに!と、突っ込みたくなるけれど
大丈夫、きちんと絵本が絶妙の突っ込みを入れてくれます。
がいこつさんが
目覚まし時計をかけ忘れたかな?と言うと
━まさか がいこつさん おきるつもりないくせに
とか、
頭をさっぱりする(切る)の忘れてたかな?
━まさか がいこつさんじゃ くしもはさみもすべっちゃう

と、ナレーション調で淡々と読者の言葉の肩代わりをしてくれる。
で、それに対しそれも そうだなとクールな答え。
この繰り返しが子供には楽しいようです。

時々がいこつさんの寂しい事情も浮き彫りになりつつ・・・・
ついに、がいこつさんは忘れていたものを思い出すのです。
それはいったいなんでしょう?
え?そんなことで寝れなかったの?って
また突っ込んじゃいたくなるけど
でも、大事。大事。
それを忘れて寝ちゃぁダメだよね。

 応援してね

<昨夜読んだ絵本>
ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本
ウォルター・ウィック、ジーン・マルゾーロ 他 (1992/08)
小学館

こんにちは おてがみです こんにちは おてがみです
中川李枝子・山脇百合子、こいでやすこ 他 (2006/02/02)
福音館書店


エルマーのぼうけん エルマーのぼうけん
ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット 他 (1963/07)
福音館書店

ともだちや ともだちや
内田 麟太郎、降矢 なな 他 (1998/01)
偕成社

エルマーの冒険を読み始めました。頑張るぞー。
息子はともだちやシリーズの「ともだちひきとりや」を
今度読みたいらしい。図書館にあるかな?
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2007⁄03⁄17 23:55 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(7) trackback(0)
▲pagetop












コメント



わー!なんか面白そう♪
五味太郎さん、絵も可愛くて大好きです!
この間、保育園にお迎えに行ったら、
ガイコツの紙芝居読んでもらってたので、
コレ読んであげたら、喜びそう。
一体何を忘れてたのかなぁ~?
2007/03/18 08:39URL | りくたんママ[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
ははは(大笑)すっごくおもしろそう!
へぇー、五味さん絵本に、こんなのあるんだぁ。
めちゃ興味しんしんです。絵も可愛いね、ガイコツさん。
子供にもウケそう!
察するに、ガイコツって無表情(ガイコツだから)だろうし、そこがまた文章によって表情がついてくるから、不思議だよね。
是非、読んでみたいです☆

2007/03/18 22:44URL | ペンギンブルー[ 編集]


五味太郎さんらしいなあ、本当に。うっちゃんのいうとおり、冒頭の文章笑えますね。
うちの娘は、がい骨の絵がと~~っても怖いみたい。
ナイトメアのグッズをお店で見つけてもキャーキャーいって怖がってますから。この本、どうかな~~ちょっと試してみたくなりました(^_-)
2007/03/19 00:36URL | まつりか[ 編集]


☆りくたんママさんへ
へぇ。がいこつさんの紙芝居かぁ。
どんなやつだろう。
がいこつってキャラクター的にちょっとオトボケなものがおおいよね。
ホラーマンみたいに。
これもけっこうオトボケでおもしろいよ~。
りくたんが気に入ってくれるといいなぁ。

☆ペンギンブルーさんへ
そう。無表情なの。
文章もたんたんとしてるのに、なんかおかしい。
五味太郎さんががいこつをかくと愛嬌があるのね。
がいこつさんのキャラクター設定がしっかりしてて
哀愁もただよってて大人も親近感が湧いたりするよ。
ぜひ読んでみて。
でも、息子ちゃんはがいこつさんは大丈夫かなぁ?

☆まつりかさんへ
はは。娘ちゃんかわいいですねー。
私もそうやって怖がってたら面白がっていたずらしたくなるタイプです。
博物館の恐竜見てわざと怖がって見せるとか・・・(^^;)
で、ぎゅーっと抱きついてこられた時が至福の喜びだったり(^^)
がいこつがキライなら、この絵本は色も青系でちょっと怖いかもしれないね。
2007/03/19 10:04URL | うっちゃん[ 編集]


うっちゃん様
コメントありがとうございました。v-290
ブログとサイトの両方をリンクして下って、ありがとうございました。

今日の記事では私も大好きな「おれたち、ともだち」のシリーズも紹介されていて、嬉しくなりました。

ところで私のサイトからのリンクについてですが、数行の説明文を付けることにしていますので、ご希望の文言があれば承りたいのです。特にご希望がなければ、私の方で考えさせていただきます。

それと、リンクページにありますように、サムネイル画像(縮小画像)を掲載しています。こちらのサイト様のサムネイル画像も掲載して良いでしょうか?
サムネイル画像は下記のページのような感じです。
http://kodomotoshokan.com/link/link4.html


お時間のあるときに、お返事をいただければと思っています。
それではまた、お訪ねしますね。
2007/03/19 11:10URL | 虹色うさぎ[ 編集]


うちは鬼とか雷様とかおばけは怖がってるけど
がいこつはどうなんだろう?
でもこんながいこつならかわいくて笑えそう。
五味さんのこういうセンス好きだなー。
がいこつさんが忘れてたものも気になります。
今度読んでみるね。
2007/03/19 22:23URL | 圭[ 編集]

NoTitle
☆虹色うさぎさんへ
リンクの件。なんどもご丁寧にありがとうございます。
こちらとしてはリンクしていただけるだけでありがたいのに
このように丁寧に対応していただいて感謝しています。
いつも返事が遅れ気味で申し訳ないくらいです。
これからもよろしくおねがいします。

☆圭さんへ
そっかー。がいこつさんはまだ息子ちゃんわかんないんだ。
アンパンマンのホラーマンは怖がらなかった?
うちは意外に怖がるのよ。
私が歴史もののテレビや本を読むでしょう。
そしたらよく出土した骸骨がでるの。
そのたびしがみついてくるよ。怖いみたい。
鬼は怖がるね。
やっぱり保育園にやってくる節分鬼のおかげかしら?
言うこと聞かないと鬼が来るっていうと大体は従うもん。
雷様も怖がるなんて息子ちゃんかわいいね。
脅しネタがたくさんあってうらやましいわ。
2007/03/22 09:56URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。