大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








図鑑にぞっこん


鉱物・岩石・化石 鉱物・岩石・化石
(2005/02)
学習研究社
この商品の詳細を見る

こんなもの買いました。
というか、買わされました。
昨晩8時頃夫から「予算がぎりぎりなので何か買ってくれ」と
電話があったの。
え?!また!ですよ(^^;)
月末になるとこうやって急遽本を購入するはめになるんです。
なんか、お金払って仕事させてもらってるみたいじゃんねー(^^;)
でも、まあ、石好きな息子なのに石の専門書が無いので
それをリクエストしたら、これを買って帰りました。
に!にせんひゃくえんっ!!おおぉぅ。

そんな大人の財布事情など全く気にせず
息子どんはこの図鑑に吠えておりました。興奮です。
もちろん宝石になるような鉱石もありますが
河原や庭にある身近な石の名前も載っており
「オレが拾った石はめずらしいんだ!」と
それはそれは満足そうに石を褒めてました。
ちなみは息子が月曜日に
裏山(まいまい山というかわいい名前の裏山)で発掘採集した石。
20070228123554.jpg

大人にしたら、こんなものに魅力も価値もわかんないけど
息子にしたら岩石をコツコツと割って取るほどだもの
きっとすばらしい石に違いないよ。うん。うん。
この図鑑で石の名前を調べようね。

そう。この図鑑を読んでるときに
ちょっと子供の記憶力に驚いたことがありました。
息子が「この絵に覚えがある」といって、
自宅にある恐竜の図鑑をだしてきて見たら本当に同じ絵が載ってたの。
20070228124215.jpg

数あるページの一つの絵なのに(しかも恐竜の絵ではない)
キチンと覚えてたことに驚き。
そしてもっと驚きは、二つの図鑑はまったく別の出版社なの。
どういうことでしょう?両出版社さま。
そんな疑問を抱きつつ、細部まで図鑑を見てくれてるんだなぁと思うと
うれしかったりするんです。

図鑑を見て息子が言いました。
「中央構造体に行こうよ?」
ご。五歳の発言かっ??

 応援お願いします。

<昨夜読んだ絵本>
20070228124929.jpg

*「ミッケ ミステリー」
*「学研の図鑑 鉱物・岩石・化石」
*「かぞえうたのほん」岸田衿子作 スズキコージ絵
*「アップルパイをつくりましょ」マージョリー・プライスマン作 かどのえいこ訳
↑アップルパイ?は、買っちゃったよ。フラニーさん♪
かぞえうたのほんはすごいぜー。今の息子のハマリ絵本です。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2007⁄02⁄28 12:56 カテゴリー:図鑑・科学絵本 comment(15) trackback(0)
▲pagetop












コメント



うわあ、学研の図鑑だあ♪
我が家もありますよ。
でもこの石の図鑑はあるけど、まだみていないかも。
どちらかというと、恐竜とか、星座とか、よく開いているかなあ。
子供の趣味がでて面白いね☆

『くいしんぼうあおむしくん』、すごいよね。
私もあれ読んだとき、最初すごい衝撃でした。
絵本の領域超えているってね♪

2007/02/28 21:16URL | さやぽん☆[ 編集]


「予算がぎりぎり」の意味がわからないけど
売り上げが足りないってことなのね?
「お金払って仕事させてもらってるみたいじゃんね」
確かにそういう錯覚(?)に陥ってしまうね。

とうとう買いましたね。(^-^)
まぁ、図鑑を買うのも時間の問題だったでしょう。
うちも他人事ではないんだけどね。
子供の頃、怪獣博士とか「○○博士」とかって言われている子が
いたよね。子供の好きなことに対する集中力はすごい。
「大人にとっては」というより「興味のない人には」どう見ても
ガラクタにしか見えないものでも、それが好きな人には宝物。
子供の宝物や興味、大切にしてあげたいね。
「ご、五歳の発言か?」
そう、歳は関係ないのだよ。
うちも最近行きたい所や乗り物が膨れ上がってきて、どうしようと思っちゃう。
別に全部を叶える必要はないとしても、どのタイミングでどの希望を叶えるかは
慎重に検討しないときりがないなぁと思ってます。
2007/02/28 23:54URL | 圭[ 編集]


予算がギリギリ……年度末っぽい発言ですが、なにが起きているのだろうか……
それはともかく、岩石の事典なんて、ほんっとに子供がいたりしなければ目にすることはないよね、きっと。
私も見たくなった、岩石事典。

それと、息子くんが発見した「同じ絵」疑惑!
疑惑はいいとして、すごい記憶力だねえ~!
これからも、そういう凄さが発揮されるのだろうか。
今後が気になりますっ!
2007/02/28 23:59URL | araia[ 編集]


「予算がぎりぎり」・・・私も他の方と同じく、「な、なにが起こっているの?」と思ってしまった。
夜も眠れないわー(うそ)、うっちゃん、ぜひ解説を!(笑)

昨夜読んだ絵本に、「岩石の図鑑」が入っているのがすごい。
岩石の図鑑を親子で読むって、どういうふうに読んでいるのかしら。
こちらもぜひ解説をお願いしまーす。
いや、じつは私も、コドモが「おいしいおやつ100」(お菓子の図鑑のようなもの?)を持ってくると、どうしていいのか考えちゃうの。
うっちゃんちの「岩石の図鑑」アワーを参考にしようっと。

それにしても、裏山での岩石採集、すごいねえ。
一生懸命掘ったり削ったりして集めてるんだなあと思うと、なんだか可愛いやら愛おしいやら。
子どもがいると親も世界が広がるなあ・・・。
2007/03/01 10:03URL | ayano[ 編集]


書店にも達成しないといけない月額ってのがあって、そのための貢献??なのかな・・
この本を選んでくるとは、さすが旦那様☆
息子さんのことをよ~くわかってるのね。ふふ。

我が家の子供たちは「石」に興味を持ったことなかったので、こんな図鑑があるってことも知らなかったわ~。
図鑑の世界って広いね~。
そして子供の記憶力!!!
私も子供が小さいときは感動したのに、小2の今、あの記憶力はどこに行ってしまったの~!!!???と叫びたくなってます(爆)
2007/03/01 14:25URL | @みかづき[ 編集]


息子くんが裏山でとってきた石の数々に、思わず見入りましたよー。
何か入っているのかしらって。
すごいなぁ、興味むいたものに一直線なところ、大事にしてるうっちゃん夫婦もすてき。
もしかしたら、「あたまにつまった石ころが」の絵本のようなことが起こるかもしれないし!! いいですね~。楽しみだ。

あ、アップルパイですね~♪ワイワイワーイ

それにしても、わたしも月末に頻発するという、絵本買い現象が気になります(笑)
2007/03/01 17:30URL | フラニー[ 編集]


うっちゃん、ちょっとゴブサタしてしまったよ、ごめんね。
石好きといえばおじゃる丸のカズマくんを思い出すのは私だけだろうか。息子ちゃんはもうすっかり石博士なんだろうね。
何かをぐーんと掘り下げていくことってすごく大事だとおもうなぁ
そういう感性を大切にしてあげるうっちゃんは偉い!
記憶力!すごいよね!私も実感するよ。
子供ってほんとビックリすること覚えてたりするよね
書店での予算・・・なんだか懐かしい。。。
私もそうやって月末は計算していたなぁ、、、私一人の力ではどうにもならない月も多かったけどね。
2007/03/01 18:19URL | らぴ~♪[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/01 21:16 | [ 編集]


すごいね!息子さん。興味のあることもはっきりしてるし、すごい記憶力!感心です!そうそう↓「ねんどぼうや」も、食べられていくんですよ!その絵の迫力がすごいんです!ロシアの昔話です。「どろにんぎょう」ってタイトルでも出版されているけど、私的には断然、「ねんどぼうや」のほうが好きです。機会があったら読んでみてください。
2007/03/01 22:33URL | sabo[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/01 22:35 | [ 編集]


夏に駐車場でなんだかとても不思議な石を拾ったんです。
周りは石なのに、中がキラキラしてるから気になって気になって。
とってあるから、ぜひ石博士の息子さんにお調べいただきたいですっ!!

子供の興味ある事の吸収ってすごいですね~!!

にせんひゃくえんでも(笑)、息子さんには価値のある図鑑だったから、安い買い物ですよ~!!
って他人事だから言えるんですよね(笑)


2007/03/01 23:52URL | ルーリーママ[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
わー、やられた。石の本だ!!見てみたいなぁ。
そういえば、石の専門書なんて思いつかなかったワ。
やっぱ、子供の探求心にはかなわないなー。キミはりっぱな”生粋の石好き”だよ!!
>大人にしたら、こんなものに魅力も価値もわかんない
だからこそ、素晴らしいんですよー。
この、問題の絵って「アノマノカリス」?カンブリア紀?って思っちゃったんだけど...ちがうかな..。
こういう、いろんな所で使い回されてる絵って、著作権のない”フリー素材”なのかも...。
2007/03/01 23:57URL | ペンギンブルー[ 編集]


あちゃ~。「予算ぎりぎり」の意味がわかんない方がたくさんいるのね。
文章が下手でごめんなさい。
予算=売上目標です。
月刊の書籍の売上予算にぎりぎり届くか?というところだったの。
予算達成(売上達成)のため、月末に本を大量買いします。
達成したら、まぁ。普通の営業マンと同じです。褒められるんです。それだけ・・・。
ちなみに年間予算もあるので年度末もいろいろ大変です。
☆さやぽん☆さんへ
へぇ。息子さんは学研の図鑑もたくさん持ってるんだね。
(いったいさやぽん☆家の本棚はどうなってるんだ?)
うちも恐竜か虫が出番が多いかな。
星座もいいね♪
それ!私が欲しい。宇宙ネタ大好きなの(^^)
実は息子と天文台へ行くのが今の目標。
くいしんぼうのあおむしくんの記事も読んでくれてありがとう。
そう。絵本の領域超えてるよね。

☆圭さんへ
さすが。予算の意味をよく把握してらっしゃる♪
○○博士っているよねー。
そういうちびっ子博士向けのマニアックな本もあるよね。
「世界の国旗」とか「駅名全集」とか「天気予報図」とか・・・。
誰が買うんだ~!って思いつつ、こういう本があるから子供たちは思う存分マニアックを楽しめるんだろうね。
電車系はいろいろあるね。
車体の名前とか、駅名、路線名・・・。奥が深すぎます。
そんな南海ラピートなんて知りませんから。ねぇ。

☆araiaさんへ
何も起こってないから(笑)
ぎりぎりなんて言葉が緊迫感があったのだろうか・・・。
araiaさんも工事系車両に付き合ってるもんね。
この後いろんなハマリ物につき合わされると思うよ。
でも、それって自分が忘れてたものを思い出させてくれて
案外楽しいんですよね。
子供の記憶力。脱帽です。
こういう認識力というのかな、薄れないで欲しい。

☆ayanoさんへ
はは。大したこと無いでしょう(^^;)
眠れないなんて、そばでトントンしてあげようか?(^^)
今夜はこれでぐっずり寝れるね。
ayanoさんのお子ちゃまの「お菓子図鑑」は前から気になってたけどすごいよね。
私もAmazonで検索しちゃったよ。
あれは子供は釘付け。
でも、食べて欲しくないようなお菓子も満載のような・・・。
ちょっとその図鑑が欲しかったりする。
ayanoさんの子どもがいると親も世界が広がるって同感。
こんなきたない石をじっくり眺めることなんて普通なもの。

☆@みかづきさんへ
ええ?その記憶力って年齢とともに薄くなっちゃうの?
そうなんだ。
こういう認識力っていうのかな、小さい子ども程純粋に吸収してるのかもしれないね。
でも小2で?もうすぐです。そっかー。
旦那ね、この図鑑を売場で見た瞬間「おおぅ」って感動したのよ。
おバカでしょう。

☆フラニーさんへ
興味のあることに一直線。本当にその実直さがうらやましいです。
意外に私はこういうのに付き合うのが苦手で
この裏山探検も夫が連れて行ったんです。
色々息子のはまりものってあるんですが、どうも男性的なものは理解できないタイプで、そんな私の様子に息子は私を頼らなくなりました。反省。
アップルパイ買ったよー。といっても去年の秋です。
そして月末の絵本買い現象ですが、売場にあるもので買うので
本来欲しかった絵本でないことが多く、家の在庫が過多になってます。

☆らぴ~♪さんへ
そういえば、以前も息子が石好きだって言った時
かずまくんの話がでたよね(笑)
らぴ~♪さんはかなりのおじゃる通と見た(^^)
こういう興味のあることを掘り下げていくことは大切だと実感してます。
が、付き合うのは苦手です。
こんな体質を改善したい。
らぴ~♪さんも娘さんの記憶力に驚いたりするのね。

☆saboさんへ
「ねんどぼうや」←ネットで検索しました。
本当!絵がすごいね。ちょっと現代的な絵に感じました。
ロシアの民話ってたくさんすばらしいのがありますね。
「おだんごぱん」「三匹のくま」「てぶくろ」
まだまだいっぱいあるんでしょうね。
この「ねんどぼうや」は初めて知りました。
ちょっと図書館で聞いてみます。

☆ルーリーママさんへ
きゃーーー。すごーい。
中がキラキラの石なんて何かの鉱石に違いないですよ。
それは家宝にしましょう。
うちの息子も輝く石が欲しくて、買ったりするんですが
やっぱり自分で掘り当てたいらしいです。
その駐車場を教えて~~~。
子供って興味のあることだけは吸収力がすごいよね。
どんどん吸収できる環境を作ってあげたいと思ってますが
なかなかうまくいきません。
ね、にせんひゃくえんは高いでしょう(笑)

☆ペンギンブルーさんへ
ふふ。きっとうちの息子とペンギンブルーさんは気が合うんだろうなぁ。
わたしゃ、全く理解不能です。
石でも透明度のある石が欲しいみたい。
それか光る石。そりゃめったにみつかんないよね。
石の図鑑なんて存在するんだって驚きました。
で、中身も濃い!こういうのぜひペンギンブルーさんも見て!
それにしてもピンポーン♪です。
そう。カンブリア紀です。ね、ね、どうしてそんな事知ってんの?
こんなの恐竜時代のお話だよ。ペンギンブルーさんっていろんなことに興味があるんだね。
そして「フリー素材」に納得。そっか。でも本でもそんなのがあるの?

2007/03/02 00:52URL | うっちゃん[ 編集]


こ、これいいなあ~
ぜひともライチにプレゼントしたいです。
石の専門書なんてあるんですね♪
うちの子も図鑑大好きなんです。
でも同じ絵に気づくなんてすごいなあ。
今日も応援ぽち
2007/03/02 14:57URL | 鈴木キママ[ 編集]


☆鈴木キママさんへ
キママさんのお子さんも図鑑が好きなんですね。
意外に子供って図鑑が好きなものだったりしますよね。
で、大人もはまったりして(笑)
石の図鑑もオススメですよ。
もう、下に落ちてる石の名前が気になってしょうがないの。
世界が広がります。
応援ありがとうございます。
2007/03/04 16:14URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。