大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








アリババと40人の盗賊


アリババと40人の盗賊 アリババと40人の盗賊
馬場 のぼる (1988/07)
こぐま社
この商品の詳細を見る


先週末に息子が保育園から借りてきた絵本。
殺人的な(また大げさな・・・)文章量に辟易しながらも
読んでおりましたら
「ひらけ?ごま!」の台詞に、
うわぁ懐かしい!って、ついつい言ってしまいました。
そうだ。この話知ってる!なんで?
絵本や物語から遠い世界で育った私も知ってるお話でした。
夫:「馬場のぼるさんのオリジナル絵本やったんや」
私:「違うやろ。1988年出版って、もっと昔からあったような気がする。
 な、ドリフが先なんじゃないの?」
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

誰か、こんなアホな夫婦にカツを入れてください・・・・。
ああ、お恥ずかしい。

これはアラビアンナイトで有名な千夜一夜物語の中の一つを
馬場のぼるさんが再話したもの。
「11ひきのねこ」シリーズのようなぼけた絵本ばかりではなく
こういった作品もあるんですね。
それでもやっぱり馬場のぼるさんらしい愉快な言い回しや
とぼけた表情は健在です。

お話は原典に忠実に作られていて
奴隷のモルジアナが忍び込んだ盗賊を焼き殺したり
死んだ兄の嫁を自分の2番目の嫁にするなど
ちょっと子供向きではないのでは?と思ったりしましたが
息子は「ひらけ?ムギ!」「ひらけ?とうもろこし!」に大爆笑。
やっぱり馬場のぼるさんだからこそ雰囲気も軽妙になるんでしょうか。

「ひらけ?ごま」だれもが知ってる呪文に、
アリババが最後まで盗賊から逃げられるのかというスリルと
奴隷(召使)のモルジアナの才女ぶりに感心したりと
なんともすばらしいお話です。

 応援おねがいします。

<昨夜読んだ絵本>
ロボット・カミイ ロボット・カミイ
古田 足日、堀内 誠一 他 (1970/03)
福音館書店


サラダとまほうのおみせ サラダとまほうのおみせ
カズコG.ストーン、Kazuko G.Stone 他 (1997/08)
福音館書店

けんかのきもち けんかのきもち
伊藤 秀男、柴田 愛子 他 (2001/12)
ポプラ社

↑ロボットカミィは順調に進んでます。
けんかのきもち・・・。すごい本ですね。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2007⁄02⁄08 23:55 カテゴリー:小学校低学年向けの絵本 comment(14) trackback(0)
▲pagetop












コメント



すきかも。そして子供に読んであげたい。
綺麗な素敵な絵本ばかりでなく、民話や童話もいっぱい読みたい私には、この絵本いいかも!!!
千夜一夜物語、自分もしっかり読んだことないです。
中世イスラム社会の感じがとてもそそられるんだけど、長いんだよね。

「けんかのきもち」大好きです。最初図書館で借りたけど、この前買っちゃいました☆
2007/02/09 10:03URL | @みかづき[ 編集]


うっちゃん、こんにちは。
またまた長編な絵本、読み聞かせ、お疲れ様です~!
言われてみれば、アリババのお話って知ってるよね。なんか。
鮮明なストーリーは、思い浮かばないんだけど、
盗賊とか呪文とか、聞いたことありますね。

冒険モノって、やっぱ男の子はすきなんだぁ。
でも、大人も楽しめそう!
ウチもいつかは、子供と読んでみたいなーって...しかし、長編...。
がんばらねば...。
2007/02/09 11:49URL | ペンギンブルー[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/09 11:52 | [ 編集]


おお、「ひらけーごま」は、ドリフじゃなかったのか!!(笑)
なんか、懐かしい感じがまたいいですよね。
11ぴきのねこの馬場さんが アリババかぁ♪

あ~!!ロボットカミィ!!
先週 寝る前に必死に読みました。保育所からかりてきたんだよ。
わたしもUPしよっかな。
お、それにやなぎむらシリーズも一緒だよ☆うれしいなぁ♪
2007/02/09 11:55URL | こるく[ 編集]


おお、懐かしい♪♪
馬場さんの絵本で、そんなのあるんですね☆
楽しみ、また増えました。

それにしてもどんどん読む絵本、量多いのになっているね。
すごいなあ。
ロボットカミィ、懐かしいなあ。
やなぎむらシリーズ、上の絵本が一番すきだわ♪
2007/02/09 13:10URL | さやぽん☆[ 編集]


ドリフの 「ひらけ~ゴマ」 。。。うう、覚えてない^^;
「ちょっとだけよぉ~」 とか、「さいしょはグー」 は覚えてるけどw
『アリババと40人の盗賊』 4歳のいろりんには、
ちょっとまだ難しいかなぁ? 試してみようかな♪
2007/02/09 20:06URL | いろりん[ 編集]


馬場さんの絵本もいろいろなんですねぇ。
「ひらけーごま」は確かに懐かしい。でもドリフより前に知ってたような気がする。
わたしもこのお話はなんとなくしか知らない。
子供がもうちょっと大きくなったら一緒に読んでみよ。
2007/02/09 23:01URL | 圭[ 編集]


馬場さんのアリババなんて、知らなかったです!
なんだか楽しそうだ~。
でもわたし、お話して!と言われたら、アリババのお話なんてできないので、子どものセレクトで持ち帰ってくれると、案外と楽しめそうです♪
「ひらけ~ごま!」そうだ、・・ドリフのおかげで、はやりましたね~。

けんかのきもち、お話もだけど、絵もいいよね!
ついつい涙腺弱いわたしは、うるっとします。
2007/02/09 23:39URL | フラニー[ 編集]


うんうん、やはり古典もいいよね~。
昔自分が味わったドキドキを我が子にも味わせたいもんね。
タダでさえ今の子どもたちは、おはなしに触れる機会が少なくなってきてるし、こうやって絵本などに興味がある親に育てられてる子どもたちは少なくともちょっとは物語に触れられるけど、昔話・民話・伝説・古典などは確実に取り上げることが少なくなってきてる。
こんな話もあったんだ~、って親の方も案外知らないものがあったりしてね。
息子くん、やはりうっちゃんのしこみがよくて、選書もなかなかです。
馬場さん、いろいろ書かれてるんですね~。
2007/02/10 09:24URL | ひろのしん[ 編集]


ドリフがピンとこなかったのが何より悔しい……

それはさておき、原書って結構ドギツイよね。それが馬場のぼるタッチでどう脚色されているのか、非常に興味あるわーー!

日本の昔話なんかでも、暴力的だったり残虐だったりする描写がけっこうあって、チビッ子に読み聞かせるのにためらうことがままありますよ。
世界って実は、生々しく恐ろしいものなのですねっ!(なにそのマトメ……)
2007/02/10 10:12URL | araia[ 編集]


ちょうど昨日、昔のお楽しみ会ビデオを
幼稚園で見ていて、後輩の劇の
アリババを見たところだったので、
タイムリーです!
劇の前には、イメージ作りで、
本を探すんだけど、中々いい本が
みつからなかったりするんですよねぇ。

ポンポンやっぱり作りました?
そうそう、紙のお花もよく
幼稚園で作ってますよ~♪
2007/02/10 10:51URL | りくたんママ[ 編集]


☆@みかづきさんへ
「けんかのきもち」本当にすごい!と感じました。
まだ息子には最後の台詞からたいの気持をよみとるなんて
出来ていないようだけど、生命力があってドカンっと私の胸にひびきました。
千夜一夜物語は「アラビアンナイト」ぐらいしか覚えてませんが
内容もはっきりせず・・・。
これから読んでいきたいとおもいます。

☆ペンギンブルーさんへ
長編と言うほどでもないんだけど、見開き1ページの片側が
全部文字でうめつくされているというカンジ。
あ、長いね。
男の子ならずともきっと子供はみんな好きな内容かもしれないね。
なんとなく読んだ記憶があるんだもの、きっと自分も好きだったに違いない。
ペンギンブルーさんもこれからお子ちゃまとの絵本生活が楽しみだね。

☆こるくさんへ
よかった♪やっぱりこるくさんならドリフがわかったか(笑)
結構わかんない人が多くて・・。記事にしたことが恥ずかしいもの。
で、ロボットカミィの記事読みました。
近々アップするからね♪
それからやなぎむらもいいね~~~。
めっちゃんこはまってます。
これもアップしなきゃ。

☆さやぽん☆さんへ
そうなの。どんどん文章量の多いものになってる。
正直疲れるのでミッケ+長編+短編にしてます。
でも、一回に全部読みきらないので思ったよりは楽だけど。
馬場さんの絵本でこんなものがあるなんて、私も意外で
意気込んで読みました(笑)
ぜひ読んでみてね。

☆いろりんママさんへ
「ちょっとだけよ~」←爆笑!!!
ドリフについて語れる人がいてよかった。
実は最近ドリフのDVDをレンタルしてみてるの。
おバカな家庭でしょう(笑)
確かにこの本は難しいけど、ドリフのDVDはオススメです。
大人のストレス解消にも(笑)

☆圭さんへ
やっぱりドリフは後だよね~。(あたりまえか・・・)
あまりに有名な呪文なのに、由来がさっぱりわかんなかったけど
これ読んですっきりした。
お話の内容はやっぱり残酷・・・・。
でも、バッサバッサと殺されていくのが逆にすっきりとするのかもしれない。
ね、圭さんもドリフ見た?

☆フラニーさんへ
そうですよね。ドリフで流行りましたよね。
私も子どもの頃ドアの前で兄達と「ひらけ~ゴマ」なんて言ってたし。
アリババのお話はたくさん他の出版社からもでているようですね。
他のものも読んでみたいと思いました。
「けんかのきもち」確かに涙腺ゆるみます。
まだ息子には微妙にわからないようですが、
こんな絵本をいっぱい読んでいきたいと思いました。

☆ひろのしんさんへ
本当。ひろのしんさんのおっしゃるとおり。
今の日本は創作絵本が非常に多くて(それはそれですばらしいし、恵まれているとおもいます)
本来の古典には触れる機会がすくなくなってますね。
実は次の「読み聞かせ講座」は古典(おとぎ話)についてなんです。
かなり興味を惹かれるのでワクワクしてます。
でも、こういう古典ものって選書の腕が必要そう・・・。
そういうの勉強してきます。

☆araiaさん
え~!ドリフがイマイチピンとこなかったか。。。。、
流行ったじゃんか~♪
え?知らない?もしかしてすんごく年下かも・・・。
この絵本も結構残酷なの。
ずたずたに裂かれるとか熱した油で焼き殺すとか・・・・。
でも、意外にさらっと書いてるからダイジョウブよ。
残酷な絵本を読ますか読まさないか・・・。微妙ですなぁ。

☆りくたんママさんへ
へぇ。やっぱり先生方は劇を作る時に原作なんかをチェックされるんだね。
そうやってお勉強されてるから、いい劇を子供たちも(見る親も)楽しめるんだ。
お世話になっております!
アリババを劇でするなんて粋だね。
2007/02/13 10:49URL | うっちゃん[ 編集]


この馬場のぼるさんバージョンの絵本を読んでみたいとおもっていたところだったのです。
わたしにとっては幻の絵本であります。
1度見てみたいです~。

残酷なお話でも、言葉だけだったりするので、子ども達は映画のよな残虐なシーンを見せない限り、大丈夫だそうです。
あとおどろおどろしい表現も子どもの絵本では、書かれていないと思うので、子どもはそれ以上の残虐な世界を想像しないそうなのでご安心をv-363

2007/02/19 06:18URL | アテナ[ 編集]


☆アテナさんへ
幻の本?(^^)そうなんだ。
確かもっと絵が美しい絵本も出版されてるようだけど
そちらも読んでみたいと思っています。
この本、先日古本屋で見かけました。ついつい買ってしまいそうでしたが我慢しました(^^)
残酷なお話(昔話)は読むのがいいそうですね。
私もすこしお勉強をしてきました。
残酷ではあるけれど、悪いものは悪いという意識を植え付けるにはいいということを聞きました。
生き返らないところがいいって言ってました。
そこがゲームとの違いらしいです。
2007/02/19 10:14URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。