大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ねずみくんのチョッキ


ねずみくんのチョッキ ねずみくんのチョッキ
なかえ よしを、上野 紀子 他 (1974/08)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


ねずみくんシリーズ第1弾のこの「ねずみくんのチョッキ」
とにかく、たのしくって大好きな一冊です。

おかあさんが編んでくれたチョッキ。
みんなが「いいチョッキだね。ちょっとかしてよ」と来て、
ねずみくんは貸してあげます。
それが、だんだん動物たちが大きくなっていくから大変。
ねずみくんのチョッキはついにのびのびになってしまいます。

同じせりふの繰り返しなんですが、どんどん話は展開していって
小さな子どもでもわかりやすい絵本です。
でてくる動物たちのなんと表情のいいこと!
息子は馬のところで、「こんな顔じゃ、似合わん!似合わん!」と
笑っています。

最後に象さんが着た後、
のびのびになったチョッキを引きずっている
ページがありますが、そこはなにもせりふがありません。
でも、子どもはかならず「あーあ、のびちゃった」など
独自の言葉でねずみ君の気持ちを表現します。
(図書館の絵本なんて、「のびちゃったよ」なんて落書きされてます。)
なにも書いてなくてもねずみ君の気持ちは十分に伝わるんですね。

最後の象さんからのプレゼント「象のブランコ」
ちいさな絵ですが、「ああ、よかった」と終われます。

うちでは文章が短い分、動物たちの表情を楽しみたいのでゆっくりと
読み進めています。

               

ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう

スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄04 22:23 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop












コメント



この絵本私も大好きです
余白のあるストーリーって、いいですよね♪

参観日、小さい子供たちのは
特に楽しいですよね
わが子はもちろんだけどお友達のみなさんも
それぞれかわいらしくて
にこにこしながら参観しちゃいます
これが小学生になると、手を上げて
指名されたりすると、もうひやひやして汗もでちゃいます…


2006/06/06 08:44URL | maruko[ 編集]


小学校の参観日かぁ。
未知の世界です!
でも、そんな日も近いのかな。

参観日っていいですよね。
たぶん、参観日用の授業の内容だと思うんですが、それでも子ども同士や先生とのかかわり方がみれますものね。
教室の中がどんなになってるか、それを見るだけで「今日こんなことがあった」って報告されるとその様子が想像できますよね。


2006/06/06 09:54URL | うっちゃん[ 編集]

懐かしい
子どもの頃読んだ記憶があるような……。
最近もどこかで見かけたのですが、思い出せません。
誰か読み聞かせてくれたような。
かなり好きでした……と言っていいのかな。
ん~おじいちゃんが娘に読んでいたような……。
だめ、思い出せません。
でも、ぜったいそうだから、好き!

2006/06/07 00:20URL | 絵本銀行員[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。