大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ロバのシルベスターとまほうの小石


ロバのシルベスターとまほうの小石 ロバのシルベスターとまほうの小石
ウィリアム スタイグ (2006/03)
評論社

この商品の詳細を見る


行って来ました。
「読み聞かせボランティア養成講座」
第一回は良い絵本の選び方でした。

何冊か良い絵本として大人の私たちに読んでくれたものの一冊。
なんと、ワタシ泣いたんです。
絵本が手元に無いので、思い出しながら書きます。


ロバのシルベスターは真っ赤な石を拾いました。
それは魔法の石。
石を手にとって願いを言えば魔法がかかるのです。
シルベスターはおとうさんとおかあさんにその魔法の石をみせようと
家路につきました。
そしたら途中でライオンにあって・・・。
シルベスターはなんと自分が「岩になれ」とお願いしてしまったのです。
ライオンが固まるような魔法を言えばよかったのに・・・。
元にもどる方法はただひとつ。
誰かが魔法の小石を拾って「この岩よシルベスターになれ」と言ってもらうだけ。
でも、そんなこと起こりうるでしょうか?

何日も、何ヶ月も岩のまま・・・。
季節は無常にも過ぎていき・・・・。
だんだん心を閉ざしていくシルベスター。
そして、愛する一人息子を失った父親と母親の喪失感。

ちょうど風見しんごさんの娘さんの交通事故の
ニュースを聞いたところだったので
シルベスターの両親の深い深い悲しみの表現が
風見さんの心境と重なったように思えて
そして、もしこれが自分に起こった災難なら・・・。
涙がでました。

絵本では最後はもちろんハッピーエンドです。
奇跡は両親が起こしてくれました。
シルベスターの一番の願い事がかなったのです。

魔法の石が本当にあれば・・・。

 カウプレまだまだ募集中だよ♪

<昨夜読んだ絵本>
NEC_0106.jpg

画像悪っ!!デジカメが行方不明だよ(><)
携帯で撮ったけど・・・。このオンボロっ!
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2007⁄01⁄23 11:01 カテゴリー:小学校低学年向けの絵本 comment(22) trackback(0)
▲pagetop












コメント



うっちゃん、こんにちは。
やったね。今日は一番のりだ☆
夕飯のみそ汁作りながらアクセスしたかいあったよ ^_^/
「読み聞かせボランティア養成講座」
いいですねー。私も絵本読み聞かせてもらいたいです。
うっちゃんが泣いちゃったなんて、本当に良い絵本、読み聞かせだったんですねー。
そう、風見さんの娘さんのニュースもだけど、
最近の子供が死亡してしまうニュースは本当に胸が痛くなります...。
もう、死なないで...って願ってやみません。
子供は、これから、いっぱい素敵な未来がある身なのにね。

また「読み聞かせボランティア養成講座」 、これからもレポートしてね。
楽しみにしてるよ!!

2007/01/23 18:55URL | ペンギンブルー[ 編集]


読み聞かせ講座!お疲れ様ぁ!!
今の時代、幼い命がこんなに簡単に消えてしまうなんて、
かーこも、つい最近のこととダブってしまって、
風見さんのインタビュー見るのがつらかった。
大人が、子供をしっかり守ってやらないとね。
この本は、最後お父さんとおかあさんに、助けられるハッピーエンド
だって聞いて、最近の暗いニュースばかりの中ちょっと
ほっとした。
是非とも、そういう風なほんを沢山の子供に読み聞かせて、
親は、いつでも助けてあげるよ。
だから、心配しなくていいよ。
元気に、命を大切にしてくれる子が、一番のいい子だよ。
って、広めなくちゃね。
うっちゃんが、涙するほどの本だし、内容聞いて
これは、何が何でも手に入れようと思ったよ。
2007/01/23 21:38URL | がみがみかーこ[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/23 23:18 | [ 編集]


大人をも泣かすとは、素晴らしい絵本…
これ、どういうお話なんだろう。ハッピーエンドってことで、ますます読みたくなります。

子供が出来てから、いかに親というのが切なくか弱い存在であるかを知りましたよ、わたしゃー。なんかそういう「弱み」を刺激されそうな本ですよね。

2007/01/23 23:28URL | araia[ 編集]


ボランティア講座、おつかれさま!
よい絵本の選び方だったんですね~、コツがあるのかな。

このお話、大好きです♪・・・というか、スタイグのおはなしはどれも好きかもしれない。
似た筋立ての中にも、いつだって、根っこのところに温かいものが流れてるんですよね。
ロバのお父さん、お母さんの洋服ファッションがおしゃれでびっくり。(決してまねできないけど・・・)
柄×柄のインテリアもおしゃれに見えるのはなんでしょう?(ふふ)

子どもはやっぱり、全面的にいとしいよ~のオーラの中で育てられたら、子どももしあわせだよね♪


2007/01/23 23:42URL | フラニー[ 編集]


私もスタイグ大好きなの♪多分片手入り(聞いてないって)
この絵本は、お話もさることながら
絵が美しいよね
石になって季節が移り変わるところ
春ももちろん色鮮やかでうっとりするけど
夜や冬のページが特に好き
シルベスターの孤独や悲しみが感じられて…
瀬田貞二さんのちょっとむずかしい言い回し入りの訳も大好き
あ、熱くなりました、失礼しました

2007/01/24 00:37URL | maruko[ 編集]


私も、大好きな本です。この本をきっかけにスタイグさんのを探して読みあさっていましたが、やっぱり、中でもこの本が、好きですね。講座いいなぁ・・・以前、保母の講座でも、絵本の選び方などがあったとき、もっと深く知りたいな~と思っていたんですが・・・結局そのままでした。(^▽^;)また、講座のこと教えてくださいね。楽しみにしてます!
2007/01/24 00:47URL | sabo[ 編集]


このお話気になりますね。今度探してこよう。
うっちゃんからいっぱい素敵な絵本の情報が入るので本屋に行くのが楽しみですw
あえてネットで買わずに、本屋に行って探すのが楽しい!!
見つかるとあった~って嬉しくなるんです。

風見さんの涙の会見を聞いていると胸が熱くなりました
子供の葬式の喪主になるなんてどんなに辛い事か・・・
私も運転する身ですから急いでいる時風見さん言葉を思い出すように心がけたいと思います。

2007/01/24 07:37URL | ちーちゃん[ 編集]


講座、お疲れ様。
第1回目から印象的な内容でよかったですね。
なかなか講師の方も、うまい選書ですね。
風見さんのこともあってたくさんの絵本から、これを選ばれたんでしょうね。
私が昔講座を受けたときも、最初は絵本の選び方だったような。
実際読み聞かせボランティアをされてるベテランさんが講師だったんですが、「ほお~・・・」っと感心するような内容でしたね。
もっと楽しみが増えたんじゃないですか?
2回目もガンバ!
2007/01/24 16:27URL | ひろのしん[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/24 22:35 | [ 編集]


「読み聞かせボランティア養成講座」お疲れ様ですっ(* ^ー゚)
確かにその内容涙でちゃいますね。
子供をが先にいなくなるなんて考えたくないですよ。
そういうニュースを見るたびに、怖くなります。

早速この本チェックしてみます!!

カウプレ応募で、うっちゃん人気改めてすごい感じました(≧∇≦)
実際に住所教えて連絡とったりとか会ったりとかもするくらいの交流もあるんですんね~。
ブログって楽しいですね~!!
2007/01/24 23:12URL | ルーリーママ[ 編集]


うわ~、この絵本読んでみたいです。φ(.. ) メモメモ
わたしもえみるさんの事故の話を聞いて、ショックでした。子供を失うってとても辛いことですよね。
※話は違うのですが、携帯で撮影される時、撮影方法がマクロモードになってませんか?マクロモードなら接写でないと上手くピントがあいません。全体を写す時は通常の撮影モードにして、お天気マークかオートで。オートフォーカスがない場合はピントが合う位置まで自分が近づいて撮影してみてね。
私のブログは昨年の5月まではほとんど携帯で撮影したものばかりです。結構、使いこなすと便利ですよ。

2007/01/25 00:11URL | 京女。[ 編集]


絵本にはなかなか出会いが無いので、うっちゃんの日記を
見て楽しんでますが・・・
この絵本はとっても興味があるなぁ♪
読んでみたくなったよ。
交通事故死で娘さんを亡くした風見しんごさん・・・
本当にお気の毒。回りの人もかける言葉も
見つからないでしょうね・・・
真っ赤な魔法の石・・・私も欲しい(//∇//)
30000HITもう少し・・・ドキドキしちゃうなぁ♪
2007/01/25 09:31URL | モニョモニョ[ 編集]


おはようございます♪
この絵本いいですよね。
私も息子にぜひ読んでみたいと思っている作品です。

風見さんの娘さんの事故は、本当心痛みますね。
気丈な姿の風見さんに本当涙でした。
2007/01/25 10:03URL | さやぽん☆[ 編集]


いい絵本なんだねえ・・・
私も風見さんのニュースや、最近保育園で子どもが亡くなったお知らせが掲示されていたことなどを思い出して、ぽろっときてしまいました。←オバサンなんで涙もろい(笑)
最後がハッピーエンドでよかった!
読んでみたいです。
2007/01/25 10:29URL | ayano[ 編集]


☆ペンギンブルーさんへ
なんか大人が大人に絵本を読んでるシーンっておかしいよね。
でも、みんな真剣なの!!
ワタシなんて泣いてるんだもの。どんな講習会なんだろうって、通りすがりの人は心配するよね(笑)
お味噌汁をつくってたとは。具はなんでしょう?
うちはね。たまねぎは必ずいれるの(^^)
スタイグってペンギンブルーさんも好きな作家さんだよね。
初めてスタイグ体験しました。

☆がみがみかーこさんへ
親は、いつでも助けてあげるよ。
だから、心配しなくていいよ。
元気に、命を大切にしてくれる子が、一番のいい子だよ。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
かーこさんっ!!!!
なんていい言葉なの。
うっちゃん、また泣きそうだ。
かーこちゃんの温かい心が大好きだ~~。
これ、なんかに書き留めとこう。

☆araiaさんへ
本当。親って弱いね。
もっと強いものかと思ってたら、すべてが子供の力になれるかといったらそうでもない。
だから子供は自分の力をつけるのかもしれない。
あんな事故。助けられないよね・・・。言葉が見つからない。
この本は親の力(愛の力)が子供を助けるホッとするお話です。

☆フラニーさんへ
全面的にいとしいよ~のオーラの中で育てられたら、子どももしあわせだよね
↑ ↑ ↑ ↑
ああ。フラニーさんもいい言葉。
フラニーさんのお子さん達もしあわせだろうなぁ。
スタイグの作品は初めて読んだのですが、本当に温かい絵本ですね。
読み聞かせでちょっと絵本が遠かったのですが、うんうん。たしかに洋服が素敵だった。
海外の絵本って洋服やインテリアも見所だったりしますよね。

☆marukoさんへ
熱いの大好き(笑)ワタシも熱いから(^^;)
瀬田貞二さんの難しい言い回しも、スタッフの人は「美しい日本の表現を子供に聞かせてほしい」って行ってました。
絵本が遠かったのですが、marukoさんのおっしゃるとおり
雪のシーンは本当にせつなかったです。←ココで泣いた。
スタイグは初めてでしたが、ちょっと深みにはまりそう。

☆saboさんへ
saboさんもスタイグがお好きなんですね。
ワタシは今回が初めてでしたが、saboさんと同じくスタイグについて調べまくってしまいました(笑)
そしたら「へぇ。あの本も。あの本も!」って知ってる絵本も多くてうれしかった。
読み聞かせ講座のお話はまたじっくり書きたいです。
ちょっと絵本の感動を忘れないうちに書きたかったので・・・。

☆ちーちゃんへ
ワタシもあの事故のニュース以来、子供の安全を考えると同時に
自分の運転についても考えました。
まず自分から改善の第一歩を踏み出さなくっちゃ!
お互い安全運転でいきましょう。
本はワタシも「これ」って決まってたらネットで買います。
でも、やっぱり絵本は手にとって吟味してから買いたいですよね~。

☆ひろのしんさんへ
絵本の選び方は「へぇ」なものから「そうなの?」なものまで、参考になるお話でした。
楽しみは増えました♪
知らない絵本をたくさん見せてくれて、読みたい絵本が増えました。
参加メンバーは意外におばさま方が多く(私たちの母親世代)驚きました。
忘れないうちに講座の内容を記事にしておきたいです。

☆ルーリーママさんへ
この絵本は本当に胸が潰れそうでした。
きっと自分が親だからシルベスターの両親の心境に共感したのでしょうが、
子供ならきっとシルベスターの方に共感すると思います。
ワタシもこんなにたくさんの方がカウプレに参加してくれるとは思ってなくて嬉しいです。
なんか、プレゼントがしょぼいのでお恥ずかしい・・・。
期待しないでね。

☆京女。さんへ
わぁ。携帯の写真について親切にありがとう。
マクロモードにはなってない・・・。
そうか、ピントが合うまで近づくなり待つなりすればいいのか。
ワタシのもってる携帯はいまどきの画質のいいものではないので
限界があるのかと思ってますが
もしかしたらこの携帯でもいい画像がとれるのかもしれませんね。
ちょっと携帯で写真を撮る練習をしてみます。

☆モニョモニョさんへ
ふふ。モニョモニョさんに当たるといいなぁ。
モニョモニョさんが当たったら何をプレゼントしようかな。
真っ赤な石はほしいね♪
息子は石集めが趣味だからいろんな石を拾ってくるけど
真っ赤な石はないなぁ。
風見さんのニュースは今も毎日してますね。
これ以上騒がないで、そっとしてほしいと思います。


☆さやぽん☆さんへ
本当。気丈であればあるほど涙がでます。
とても心配です。
さやぽん☆さんはこれからこの絵本を考えていたのですね。
さすが!絵本通です。
ワタシなんて存在もしりませんでしたから(^^;)
男の子なのできっと赤い魔法の石に反応するでしょうね。

☆ayanoさんへ
最近夫の遠い知り合いの人が自分の子供を車庫で間違ってくるまで敷いてしまって亡くなったという話を聞きました。
もう、胸が潰れて・・・・。
どうかこんな事故が起こらないでほしいと切に切に願う。
ayanoさんもこの絵本で泣いてね。
(もしかしたら、この絵本で泣いたのはわたしだけかもしれない・・・)
2007/01/25 14:27URL | うっちゃん[ 編集]


なんだか聞いただけで泣けてきそうな内容の絵本だなぁ。
子供ができてからというもの、こういう話にはめっきり弱いよ。(T_T)

風見さんの話を聞いたら「千の風になって」を思い出して
また一層涙が出てしまったよ(T_T)
 わたしのお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています

 秋には光になって 畑にふりそそぐ
 冬はダイヤのように きらめく雪になる
 朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
 夜は星になって あなたを見守る

これ以上、幼い命を奪わないで欲しいと切に願う。
2007/01/25 21:29URL | 圭[ 編集]


この絵本、
うちの学校でも図書の先生がオススメの絵本で、
けっこうみんな読んでいたんですよ。
養成講座のお話、わたしも勉強なります!
2007/01/26 12:19URL | こるく[ 編集]


うっちゃん、いろいろご心配おかけしました!
PC復帰しましたよ~ありがとうね。
ぼちぼち記事もUPしていきたいと思ってます。

さて養成講座始まったのねーわくわくだねー
この絵本うっちゃんの紹介を読んですごく読みたいなって思ったよ。これって児童書なのかな。
2007/01/26 14:37URL | らぴ~♪[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/27 17:40 | [ 編集]


☆圭さんへ
うん。本当に親になって初めて子供の事故や事件のニュースを聞くたびに胸が痛むようになった。
あの歌は圭さんが教えてくれたんだよね。
最近話題になるようになったね。
圭さんが良いっていってたから私も気になり始めました。
本当は子供のことを思って歌う歌ではないけれど
でも、残された家族のことを思うと・・・。
ずっと見守って、一緒なんだよね。

☆こるくさんへ
こるくさんの学校でもオススメ図書になってるんですね。
結構ながい本なのに読んでくれるなんてすごいなぁ。
意外に漢字も使われてて対象年齢は高いですよね。
講座は楽しかったです。
早く次の講座が来たら良いのに。って、今からワクワクしています。

☆らぴ~♪さんへ
パソコンが復活したのね。
悲痛な記事を読んで心配してました。
この本は児童書ではないと思う。
きちんとした絵本なのだけど、文章も多く簡単なものばかりとはいえ漢字も使われているので
対象年齢は小学生~だと思う。
でもね、絵がオッシャレーです。
講座は楽しかったよ。

2007/01/27 23:07URL | うっちゃん[ 編集]

こういう絵本もアリ
こういう絵本もアリ

気まぐれに立ち寄りました。前にも書いたかもしれないですが・・・。
わたしの後ろを歩く親子。子供が、点字ブロックについて「これ何?」と、親にたずねた。親は、「滑り止めだよ」と答えた。わたしは、”この親、本当にそう思ってるの?どうして、きちんと教えないの?前に、白い杖をついた視覚障害のわたしが歩いてるから答えづらいの?”と、怒りに近い思いをした。最近は、点字も生活になじんできたが、もっともっと身近に自然に点字があれば良いのに。「触る絵本」、点字のついている(色も絵もきれい)、下記。こういうポピュラーな所で扱うのは珍しい。点字本、本屋さんで売ってな

点字つき触る絵本(絵も色もきれい)
「てんてん」
http://www.bidders.co.jp/pitem/49543253

点字つき触る絵本(絵も色もきれい)
「ももたろう」
http://www.bidders.co.jp/pitem/78788147

2007/02/01 19:26URL | 匿名[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。