大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








バスにのって


ehon7716.jpg

「バスにのって」荒井良二作・絵

トントンパットン トンパットン

本屋でちょこっと読んだだけなのに頭から離れないフレーズ。
そして不思議世界。
ようやく図書館で借りれました。

おとこがバスを待っています。
ラジオからは不思議な音楽。
トントンパットン トンパットン
トントンパットン トンパットン
まだ バスはきません。
ずっと待っても、いろんな人が通り過ぎても。
やっとバスが来たと思ったら満員で・・・。
そうして男のとった行動は・・・。
なんかいいなぁ。この絵本。のんきで。

さすが荒井良二さんの絵本。
ここはどこなのか。男はどこへいくのか。
なぜ砂漠(と思うけど)の真ん中にバス停があるのか。
その音楽はいったい何なのか。
バスも長すぎるのではないか(←これは息子の突っ込み)
最後もそれでいいのかっっっ!!
そもそもバスにのってないじゃないか!
考えたらキリがないけど、とにかくおもしろい。

このトントンパットンのリズミカルなフレーズが
なぜか不可思議な時間をかもし出すのです。

ワタシはアジアンティックなイメージでゆっくりと
このフレーズを読んでいたんですが、
息子はメキシカンでポップに歌ってくれました。
そしたら、イメージが一変!!!!楽しいの♪
読み方って大事ですね。

 応援おねがいします。



ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本
ウォルター・ウィック、ジーン・マルゾーロ 他 (1992/08)
小学館

じごくのそうべえ―桂米朝・上方落語・地獄八景より じごくのそうべえ―桂米朝・上方落語・地獄八景より

エルマーと16ぴきのりゅう エルマーと16ぴきのりゅう
ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット 他 (1981/12)
福音館書店

エルマー終了!
「じごくのそうべえ」の「へぶくろ」をぽんっと蹴る文章を読んだ瞬間
横にいた夫が本当にへをこいた!!変に芸人魂をもっているヤツだ。
スポンサーサイト






2007⁄01⁄13 20:34 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(12) trackback(0)
▲pagetop












コメント



これ、以前子供が保育園で借りてきたことある。
おもしろいもの借りてきたなーと思いつつ、いったいいつになったらバスに乗るんだろう?と思いながら読んだ。
最後まで読んでみて「バス乗ってないじゃん!」って思ったけど
この何の音楽だかわからないけどトントンパットンのリズムが
とっても明るく楽しい雰囲気にしてくれるよね。
だからこそ、最後もかろうじて「それでいいのか?・・・まぁ、これもいいか」と思えるのかも。
それにしても、題名をしっかり裏切って終わってるよねぇ。。。

2007/01/13 22:29URL | 圭[ 編集]


本当に、タイトルとは裏腹なところとか、まったくのんきなところとか、いいですね~こののんびりさ。
わたしも欲しいけど、まだ手元にない絵本なんです!
あのトントンパットンは、やけに残るもんですね。
こんなふうに、何の予定もなく、ふらっと旅に出たくなりますね~。
それにしても、アジアンタイプとメキシカンタイプ、両方聞いてみたい!
それに、タイミングよくへぶくろにあわせられるだんなさんにも、拍手~。
うっちゃんち、楽しそうだなぁ。
2007/01/14 00:09URL | フラニー[ 編集]


やっほーーー!うっちゃん!元気??超お久しぶりです^^
今年も宜しくね!!

この本ね、見たことある。読んだことないけど(笑)
「あ・・・絵がすてき・・・」って思ったの。ほおお。こんな内容だったのねーーーおもしろそう!!

私は、絵を描くの好きだから、絵本を借りたり買ったりするときってついつい絵から入ってしまうこと多いんだー
同じ「3びきのこぶた」でも、すっごい種類あるでしょー
一度だけ、これホラーか?って思うくらい怖いブタの絵があったよ

なんかくだらないコメントになってしまった
応援ポチっと、またねーーーー♪
2007/01/14 05:30URL | ぶるまま[ 編集]


わ~い、荒井良二だ♪
私もこのおおらかさが大好きな本です
思いどおりに事が運ばなくても、なんとかなるさって
この方がいいのかも、こうなってよかったって
しかもひょうひょうと自分のペースで…
私もかくありたいと、いつも思います
なにしろいつも、ばたばたきりきりしちゃいがちなもので、へへへ

我が家の小学生はこの題について
「バスにのって(ない)」だね、って言ってます
あとね、トントンパットントンパットンと一気にいくのか
トントンパットン(うん)トンパットンと休符をいれるのかで
盛り上がったこともあります←おばか

2007/01/14 07:17URL | maruko[ 編集]


わー、なんか面白そうな本ですね。
うちのりくたんは、のりもの系が
大好きなので、読んであげるといいかも?
あと、リズミカルなフレーズって
いいですよね。
うちは最近、「ぐりぐら、ぐりぐら」って
遊びながら言ってます。
子どもの心に残るんだろうなぁ・・・。
2007/01/14 12:44URL | りくたんママ[ 編集]


荒井良二さんだ!大好き~~!
この間、DH○のカタログの表紙の裏に
かわいいイラストだなあと思ってみてみたら、
やっぱり荒井良二さんだった!
この絵本は知らなかったよ。
こういうナンセンス絵本大好き!
早速図書館で探してみるわ。ありがちょ~v-10

心配事解決したよ。ありがとう!
2007/01/14 13:18URL | ともちゃん[ 編集]


私もこの本、好きです♪
そうか、アジアンなテイストなんだね、そして息子さんがメキシカン!!
私は「和」のテイストでした、ばあさまの機織りの音風に……変かな。
「音楽」ものって、読む人それぞれで面白いよね。
いつか一冊、音楽の出てくる課題図書を決めて、みんなどんなサウンドで読んだか聞いてみたいな~♪
2007/01/14 22:23URL | araia[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
おもしろそうな絵本ですねー。
荒井良二さんの世界、満載なのかなぁ?
どんなバスなんだろう?どんな行動にでるのかなーって、楽しみになりました。
砂漠ってところもいいね。砂漠でバスを待つ。。。
荒井良二さんの世界って、ちょっとそういう所に深いものが垣間みれたりするので、
興味深い、要チェックです☆
2007/01/14 22:36URL | ペンギンブルー[ 編集]


おはようございます♪
感想読んでいて、荒井ワールド炸裂している絵本なんだなあ?と思いました。

息子君の突っ込みも面白い!!
2007/01/15 09:21URL | さやぽん☆[ 編集]


☆圭さんへ
へぇ。息子ちゃんが保育園から借りてきたなんて、結構絵本のセンスがあるんだね。
あ、もしかして、あの長いバスが電車に見えたとか(笑)
その可能性はあるよね。あれはバスに見えないもの。
圭さんの本当にこの絵本は題名を裏切ってくれるよね。

☆フラニーさんへ
本当、のんきというかキママというか・・・。
こんなバスを待つだけの時間も無意味じゃないような・・・・。
いつも子供に時間が無いから早くしなさいなんて言ってるのをハンセイしてしまいます。
フラニーさんの言うとおり、フラッと旅にでたいですね。
そんなこと今ではむりかなぁ。
へぶくろ・・・。ねぇ。まったく困ったもんだ。
鬼嫁の鉄拳が飛びました。楽しそうかもしれませんが、クサイですっ!

☆ぶるままさんへ
お!久しぶりだね♪ありがとう。
ブルママさんも絵が好きなんだよね。よくアップしてるもの。
ご自身の似顔絵も出てるけど「こんなにブルママさんは美人なのか~」って食い入るように見てる。
そのホラー級のさんびきのこぶたの絵本を教えてほしい!
昔話だったり童話だったりするものは再話したひとによって、お話も全く違ったりして「え~!」なこともあるよね。
そのホラー級のさんびきのこぶたの絵本を教えてほしい!
おおかみはグツグツ煮込んで食べるのかな?

☆marukoさんへ
marukoさんのところでもトントンパットンの読み方について論議があったんだ。
読み方が変わるとまた雰囲気が変わるよね。
休止符を入れたいのがワタシで、そのまま早口で読みたいのが息子です。
それにしても、小学生の人の突っ込みはするどい。
確かに「バスにのって(ない)」だね。そっか。そういう意図かぁ。
それからmarukoさんもバタバタしてると聞いて安心した。
いつもパンとかやいて優雅なイメージがあったから(^^)

☆りくたんママさんへ
わぁ。りくたんかわいい!!
遊びながら「ぐりぐら、ぐりぐら」って言ってるの!
絵本の世界にどっぷりだね。
こちらの絵本もやたら長い銀河鉄道級のバスが出てきて、
不可思議なフレーズの繰り返しが子供心を掴むとおもいます。
今月号の「おともだち」も張り切ってね♪

☆ともちゃんへ
心配事が解決してよかったね。
わざわざ報告に来てくれてありがとう。
(そうそう、最近ともちゃんのところにコメントできないトラブルがあって久しぶりのコメントになってたね。ごめんね)
DH○に荒井良二さんのイラストが載ってるの!わぁ。みたいなぁ。
かわいいよね。荒井良二さんの絵って。
朝の教育テレビも欠かさず見てる。
あれによく似た雰囲気のお話かもしれない。

☆araiaさんへ
そうそう。ばあさま風の機織の音のイメージもいえてる。
どちらかというとノスタルジックでゆっくりと読んでたんだけど、
息子は楽しいほうが好きだから妙にメキシカンだった。
いつか一冊、音楽の出てくる課題図書を決めて、みんなどんなサウンドで読んだか聞いてみたいな~♪ という企画。大賛成!
とりあえず「ぐりとぐら」からやってみたい。
なんか自分のぐりとぐらはしっくりこないんだよね・・・。

☆ペンギンブルーさんへ
確かペンギンブルーさんも荒井良二さんの絵本って好きだよね。
まったく不思議世界だけど、なんか同調してしまうような絵本です。
深いと感じるのは大人で、子供は単純に言葉で楽しんでます。
これなら"k"ちゃんも好きかも♪
だって乗り物系だもの。
しかしバスが長い。銀河鉄道級だ。そこが気になってしょうがないうっちゃんです。

☆さやぽん☆さんへ
そうだねぇ。荒井良二ワールド炸裂かもしれない。
読むほうの期待を裏切らない荒井良二の世界だね。
読んだ後に温かい気持ちになれるし。いい絵本だった。
息子の突っ込み面白い?ありがとう。
きっとさやぽん☆さんの息子さんも突っ込むと思うよ。
バスじゃないじゃん!電車じゃんって。
それが満員なんてどんな人数なんだ?



2007/01/15 09:53URL | うっちゃん[ 編集]


TB2連発、送らせてもらいました! どうもありがとう♪
あらためて記事を読んでいて、息子くん、ナイスつっこみね~。
確かにあれは、ひどく長いバスで、電車のようだ・・・。

アジアンな読み方とメキシカンな読み方、どんなだろう?ってまたまた想像しています。
わたしは、低めに、こもった声で唱えているかも (^^;

2007/02/01 00:09URL | フラニー[ 編集]


☆フラニーさんへ
TB2連発ありがとう。
もう2連発でも3連発でもドンと来いっ!です。(笑)
こうやってフラニーさんとTBで繋がれるのがどんなに嬉しいことか・・・。
フラニーさんは低めにこもった声で唱えるんですね。
唱える・・・。おまじないみたい(^^)
コハちゃん達も気に入ってるそうですね。

2007/02/01 16:29URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。