大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








よるくま


よるくま よるくま
酒井 駒子 (1999/11)
偕成社

この商品の詳細を見る


男の子がよる寝る前でのお話。
なかなか寝付けない男の子がママに語ります
「ママ、あのね・・・」
きのうのよるにかわいいくまのこがやってきたと・・・。
そのなも「よるくま」←めっちゃかわいい!
おかあさんとはぐれたというよるくまの為に
男の子はくまのおかあさんをさがしにでたといいます。

なかなか寝付けないであろう男の子が語る話に
時々ママの「それでどうしたの?」などの受け答えがはいります。
そのママの言葉がとてもあたたかく安らぎを覚えます。
男の子は寝苦しさから解放されて安心して
(それはくまのおかあさんがみつかったことで表現されています)
眠りにつくのです。

男の子主体で進んでいったお話も
男の子の眠りにあわせ、
いつのまにかママの会話にかわっている様子はさすがです。
こうやってやさしくわが子を眠りに
いざなえたらどんなに素敵でしょう。


以前ペンギンブルーさんが記事にしていた
「終わらない夜」で夜について書いていたとき
ふとよるくまの涙について考えてしまいました。
「おかあさんは?おかあさんは?」といって
泣いたよるくまの涙は夜みたいに真っ黒だった。
その真っ黒の涙でまわりもまっくらになった。
息子はここで不安でいっぱいになって悲しみます。
涙だけでも悲しいのに、それが黒い・・・。
夜はコドモにとって不安なのです。
男の子が夜にいなくなったおかあさんを探しにでる
それくらい不安なんです。
黒い涙はコドモの不安を表しているんでしょうね。
でもね、その不安を取り除いてくれるのは身近な存在。
「あああったかい。おまえはあったかいねぇ。」
「あしたになったらおさかなやこうねぇ。」
夜こそコドモをギュっとしてあげたいですね。



この絵本、いろいろ解釈ができておくが深いです。


←応援よろしくです。

<昨夜読んだ絵本>
CIMG1164.jpg

*「へんしんオバケ」
*「チャレンジミッケ ゆめのまち」
*「さんびきやぎのがらがらどん」
*「森おばけ」←現在106ページ。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄11⁄29 13:21 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(19) trackback(0)
▲pagetop












コメント



子供がなかなか寝付いてくれなかった時期に、
何か眠りを誘うような絵本はないかと探したときに
この絵本に出会いました。
といっても、結局買ってないんだけど(^^;)
あまりにも男の子と自分の子供が重なってしまって。。。
その後も結構目に付くところに置いてあるので
やっぱり気になってる本です。

2006/11/29 13:42URL | 圭[ 編集]


夜は子供にとって不安……なんかとっても大切なことを気づかされました。
うちもまだまだ夜中に起きちゃうし。
そうですね、そんな不安な夜にこそ、そばにいてあげられたらいいですねえ。。。
2006/11/29 14:06URL | araia[ 編集]

最近お気に入りの
酒井駒子さん・・・この絵本もすごくかわいらしいですよね~。
この続編に「よるくま クリスマスのまえに」という絵本もでました。 
そちらもすごくかわいいですよ~。
なんか母親の気持ちをぐっとつかんじゃう絵本ですね。

遅れましたが、結婚記念日おめでとうございました。
お花、きれいですね。
うちは今年は絹婚式、来年はレース婚式だそう。
う~む・・・きめ細やかな愛・・・そうなんだ・・・。
2006/11/29 14:44URL | ひろのしん[ 編集]


よるくまちゃん(我が家ではちゃん付けなの)ほんとにかわいいのよね♪
男の子が泣いてるよるくまちゃんに
自分のミニカーを渡して
なぐさめてる2人の姿も大好き~

夜は不安…ほんとそうなのよね
いつも自分のそばにいてくれるママ
眠りの世界に行く時も一緒にいてほしいと願う
子供の心がとってもいとおしい絵本ですね♪

あ私も来年早々に絹婚式だ!
ていうか今年の鋼鉄婚式っていったい…強靭な絆ということでしょうか…

ところで、ドキドキしつつトラックバック送ります
2006/11/29 15:17URL | maruko[ 編集]


酒井 駒子さんの描く子どもの絵は、とってもいい雰囲気があるんですよねー!!よるくまのお母さんがみつかるときは、一緒になってうれしい気持ちになりますよねー。
2006/11/29 18:01URL | 旭ひなた[ 編集]

そうですよね
親にとっては、そうでなくても子供にとっては、不安だったりすることってありますよね。それなのに、「早く寝なさい!」みたいに言ってしまうこともあります。ヾ(_ _。)ハンセイ…
親子のスキンシップは、夜寝る前と、お風呂が一番いいんだそうです。なんか、うなづけます。
「森おばけ」読んだことないんですよね・・・読み終わったら感想教えてくださいね!
2006/11/29 20:50URL | sabo[ 編集]

切な~い
なんだかくまちゃんがお母さんを探して涙しているところを想像すると胸がキューンとなりましたv-347
切ないなぁ

確かに子供の頃は夜がキライでした。
お友達とも遊べない
両親と別々の暗い部屋で一人ぼっち・・・

いつの間にへっちゃらになったのかしら?
2006/11/29 20:53URL | イオママ[ 編集]


よるくま、あまりにかわいくて抱きしめたくなっちゃいますね。
最後の”おまえはあったかいねぇ”で、いつもぐぐぐっと胸いっぱいになってしまって、泣けます(←よく泣くの・・・^^; )
子どものとき、夜の暗さがとてつもなくこわくて、そこへ救急車のサイレンなんか外から聞こえてくると、不安で仕方なかった。
黒い涙に切なさがいっぱいつまっていて、それもぐっときますね・・・。
うぅ、ほんとにいいなー、よるくま。
(クリスマス編もいいですよね!)
2006/11/29 23:26URL | フラニー[ 編集]

黒い涙のワケ。
うっちゃん、こんばんわ。
わぁーい!”よるくま”だぁ☆
うっちゃん、”黒い涙のワケ”記事にしてくれて、どうもありがとう!!
実は、とっても楽しみにしてたんですよ(勝手に...)。受け止めてもらった気分です(勝手に...)。
うっちゃんの考えた”よるくまの涙、なぜ黒いのか”
もう大共感!!もう、スコーンと抜けていきました...。ほんと、ありがとう。
よるくまのお母さんみたいに、抱っこしてあげましょう☆
2006/11/29 23:56URL | ペンギンブルー[ 編集]

わわ!
うっちゃん、何度もごめんなさい!
「よるくまのお母さんみたいに、抱っこしてあげましょう☆」って書いちゃったけど、「夜には子供を」って書くの忘れました...。すみません!
まるで、うっちゃんの事「抱っこしてあげる」みたいな文だよね^_^;;)
でも「抱っこさせていだたきます。」
きゅ☆
2006/11/30 00:12URL | ペンギンブルー[ 編集]

大好きな絵本
これ、息子が2~3歳の頃大好きで毎日のように読んでいた絵本!
私は、よるくまの涙のシーンが怖いんじゃないかなって思ったんだけど、以外にそんなに怖がらなくて、ホントによくよく読んでいたな~。
車関係の絵本ばかり読んでいた息子だけど、これは、暗記するほど大好きだったよ。
懐かしいなぁ。
娘にも そろそろ読んであげようかな♪

よるくまの絵がすごく愛らしくていいのよね。

“ママあのね…”
子どものお話がとっても雰囲気出てて好き。
読んでいても、話に入り込んでいけて、子どもの気持ちになるのよね。

「よるくま クリスマスまえのよる」も我が家にあるのよ~
クリスマス近くなったらまた記事アップしようかなって思ってるの♪
2006/11/30 05:45URL | あき[ 編集]

未だに・・
夜、おやすみのとき電気を消して真っ暗にするのを嫌がる娘。小さいオレンジ煮だてつけておいて!!って必ず言います。
でも息子は真っ暗が好き。

最近は寝入る時に添い寝することもほとんどなくなってしまった我が家ですが・・
この絵本の紹介を見て、添い寝したくなりました☆

2006/11/30 09:44URL | @みかづき[ 編集]

懐かしいな
ほんとに大好きな絵本で、以前はよく読んでいたなあ・・・。
育休明けでコドモを保育園に預ける時、コドモも泣いて泣いて、自分も不安でしょうがなくて、そういう時にコドモをよるくまに、自分をよるくま母に重ね合わせて読んだりもしてました。

私もフラニーさんと同じで、「おまえはあったかいねえ・・・」の部分が大好きです。
コドモのあったかさ、重み、会えた嬉しさ、そんなことを思ってじーんときます(笑)

よるくまの「黒くて暗い」涙と、子どもの感じる「夜の怖さ」・・・。
読んでて、なるほどー・・・って思いました。
ほんと、夜は「小さい死」なんだよね。
子どもはまた朝が来て必ず起きるということがわからないから、怖いのかもしれない。
いや子どもでなくても、眠りたくなくて抵抗する気持ちがあったりするし。
2006/11/30 10:40URL | ayano[ 編集]

自分なりの解釈
うっちゃん、おじゃましまぁす♪
ごめんね、読み逃げが続いてしまいました。
ちゃんと記事は読ませていただいていたのですが、コメントできなくて(涙)
さて。
よるくまは本当にいろいろな解釈ができますよねぇ~。
私にも私なりの解釈があるんですが、人それぞれだなあ!って他のブロガーさんの記事を読ませていただく度に感じています。

今ちょうど、『よるくまクリスマスのまえのよる』の記事を書いていたんで、とってもタイムリーでした。
(アップは12月7日の予定です^^)
『よるくま』の方は以前記事にしたので、TB送りますね。
2006/11/30 12:49URL | わかな[ 編集]


うっちゃん、今日は早起きだったのねーー!!
私は昨日から起きてるわ~(^^;
眠れなくって><
9時頃に寝たのに、11時前に目が覚めた・・・
夜中に ネットショッピングを楽しんでたけど途中で寝そうになってたわ(笑)
今更寝れないし。今日一日がんばろ~~~う!
うっちゃんも早起きしてたのが嬉しくて、コメントにきちゃった!(>з<)
2006/12/01 06:34URL | あき[ 編集]


ごぶさたしていました。
「よるくま」ファンは多いみたいですね。どうしてこうも酒井駒子さんは、母子の切ない感情をうまく表現してくれるんでしょうね。
わたしも以前記事にしたことがあるのでTBさせてくださいね。
うっちゃんの息子さん同様、うちのヒメも、一緒になって泣いています。
2006/12/03 00:40URL | まつりか[ 編集]


うふふ。同じ絵本を同じ時期にまた読んでましたね。また、TBさせてね。
私はね、よるくまがお母さんと出会うシーンのよるくまの泣きじゃくった顔が大好き。もうね、ギューッとしたいくらい可愛いですね。

2006/12/03 23:52URL | 京女。[ 編集]


酒井さんの絵本の中でこれが1番好きですv-344
そうそう、黒いところは子どもは嫌がりますよねv-395
でも、その後のお母さんに会えるところで安心するようで、何回も読まされる絵本です。
大人側からみると、なんてロマンティックなお話なんだろうと思いますv-353
2006/12/04 01:25URL | アテナ[ 編集]

コメントありがとう♪
☆圭さんへ
眠りに誘うような絵本を探して選んだのがこの絵本なんてすばらしいセンスですね(^^)
確かにいつのまにかぼうやも眠ってる。そんな風に眠りにいざなえたらいいですよね。
この男の子が自分の子供の姿に重なるってわかるなぁ。
話し言葉が幼稚で「ねえ、ママ」という一言でどっぷり引き込まれますよね。

☆araiaさんへ
まんじゅうちゃんも夜中に何度か起きるのですね。
うちも5歳になってもまだ何度も起きます。
以前は泣いてたけど、今は私の存在を確認していなければ泣き出してます。
いつまでこんな時期が続くんだろう?って思いつつも、やはり夜は不安なのだから側にいてやらなくちゃいけないんですよね。

☆ひろのしんさんへ
「クリスマスのまえに」はまだ読んだこと無いんですが、表紙がかなぁ~~~り!かわいいやつですよね。
今度図書館で借りてみたいです。
ひろのしんさんの所は絹婚式ですか。そして次はレース婚。
きめ細やかで響きも美しいですね。
まだまだゴム婚(なんつう名前だ)なので、ひろのしんさんの所まで目標にして頑張ります。
しかし、結婚記念日にこんな名前があるなんて知らなかったです(^^)

☆saboさんへ
親子のスキンシップは、夜寝る前と、お風呂が一番いいんだそうです←当たり前のことですが、こうやって書いてあるとズドーンときました。
寝る前もお風呂はいるときも「早く!早く!」って言ってしまってるのですが、少々反省・・・。
食事も同じだよね。きっと。反省・・・。
「森おばけ」反応ありがとうございます。
すでに終盤です。アップしますので楽しみにしててくださいね。
(そんな立派な記事もかけませんが・・・)

☆イオママさんへ
本当、いつから夜が怖くなくなったんだろうね。
いつのまにか夜のほうが楽しくなってるもん(笑)
きっと昼より夜のほうが恐怖感と罪悪感で遊ぶのも楽しいのかな?
(そんな夜遊びの経験もないけど・・・)


☆marukoさんへ
marukoさんのところも来年早々に絹婚式ですか。みなさん大先輩ですね(^^)
そして鋼鉄婚式←うん。すこし撃たれ強そうだ(笑)
うちはゴム婚式。やわらかいっす。
よるくまはmarukoさんが紹介して読みたくなってついつい買ってしまいました。
男の子がよるくまを励ましている姿はキューンってきますね。
ミニカーは大事なものだったろうに・・・。
TBうれしいです。きっと初めてですよね♪

☆旭ひなたさんへ
うん。お母さんが見つかったところはいいですね。
助けて!の後だけにグっときます。
酒井駒子さんの絵本は独特の雰囲気があって、どれも考えさせられますね。

☆フラニーさんへ
フラニーさんが前記事で結婚記念日について書いてくれたので、その後コチラのコメント欄で結婚記念日が話題になってます♪
実はこんなに結婚記念日に名前があったなんてしらなくて驚いてます。
「おまえはあったかいねぇ」←これ、泣けますよね。
息子もデレデレになります。そんでまねして言ってやるとメロメロです。
クリスマスのほうは皆さんオススメのほうなので、これから読んで見ますね。


☆ペンギンブルーさんへ
きゃー(><)
ワタシを抱っこしてー!←あやしいね(笑)
以前ペンギンブルーさんのところで勝手によるくまについて語ってしまってから色々考えてたけど、精神の話になると文章がむずかしくて結局言いたいことはうまくかけなかった・・・。
ペンギンブルーさんならどうかく?
一度ペンギンブルーさんの記事を読んで見たいです(^^)

☆あきさんへ
よるくまはあきさん好みの絵本だよね。
ぜったい持ってると思ってた☆
むすこちゃんにたくさん読んであげた思い出の絵本なんて素敵。
きっと寝る前は幸せなひと時をすごしてたんだね。
クリスマスのほうのアップも楽しみにしてるよ♪

☆@みかづきさんへ
うちも豆球っていうのかな?あれをつけてないと怖がります。
それにアレくらいの明かりがないと夜中にトイレに行くときに怖いです。
本当は真っ暗なほうが睡眠中のホルモンはたくさん出るらしいですね。
もう添い寝が少なくなったなんてうらやましいような、さみしいような・・・ですね。

☆ayanoさんへ
確かに働くお母さんへのメッセージもあるね。
(よるくまのお母さんは漁師なのか・・・いや、そんなイメージを崩してはいけない・・・)
明日になったら・・・ってたくさん語りかけるところなんてグっとくるもの。
夜はコドモにとって「小さな死」とは哲学的な分析!
確かに子供のころって夜寝て、朝目が覚めなかったらどういうことなんだろう?って考えながら寝たことがある。
深いね~。この絵本は。

☆わかなさんへ
わぁ。もう12月7日の記事を書いてるなんてすごーい。
とても忙しい日々を過ごされてるんでしょうが、時間を上手に使われてるようで尊敬していしまいます。
(だって、ワタシはいっぱいいっぱいですもん)
この絵本の解釈はワタシも色々あるんですが文章にうまくできずに歯がゆいです。
そして、また他の解釈も生まれてきたり・・・。
わかなさんの記事も読みましたが、とってもうなずけるものでした。

☆まつりかさんへ
まつりかさんのヒメちゃんも泣くのですね。
その後の「助けて!」で胸が潰れそうになって、おかあさんがいた!
このどん底まで落とされた後の幸福感ってすごいですよね。
TBありがとうございます。
こちらからも送りましたのでよろしくお願いします。

☆京女。さんへ
ワタシも京女。さんの記事を読んでまた同じ本を読んでる!って嬉しくなってました。
最近多いですね♪
泣きじゃくった顔・・・。わぁ。わぁ。本当だ。くしゃくしゃ!
涙が透明になっててよかった。
TB送りますのでよろしくです。

☆アテナさんへ
ワタシはまだこの方の絵本をそんなにたくさん読んだことがないのですが、よるくまの独特の雰囲気からして他の作品も気になります。
ぜひ読んで見たいです。
確かにロマンティックですね。
流れ星のところからは本当に幻想的。

2006/12/05 10:00URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。