大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








絵本の世界へ


今日はちょっと個人的なコト。

今はこうやって絵本をたくさん読んでる私ですが
息子が産まれた時は絵本なんて何を読んでいいのか
どうやって読めばいいのか、いつから読めばいいのか
想像もつかなかった。

なのに、このワタシは息子が生後10日目!!にして
絵本を手にすることになりました。

きっかけは母乳マッサージ。
母乳で育てたかった私ですが貧乳のためか(悲)
退院時には5ccしか出てなかったんです。
悩んで友人に相談したら
「桶谷式マッサージ」に通うといいって教えてくれて
一番ちかい助産院へ行くことにしました。
CIMG1158.jpg

そしたらそこの助産婦さん。
独自の子育ての理念があって、母乳よりも子育て論を学びました。
*「世界7カ国の子守唄」のカセットテープを授乳中やおやすみの時間に聞かせる
*「童謡」はご機嫌な時間にきかせる
*「あめんぼあかいなあいうえお」という詩を暗記させられて、赤ちゃんに聞かせる
*「絵本は寝る前に聞かせる」
*「食事は和食で!」
*「授乳時間、うんち・おしっこの回数・時間・量は必ずメモする」
*「かわいい・好きだ・愛してる」等の愛情を言葉で示す
その他思い出せないくらいすごかったの。
乳腺炎になったときは薬はダメだからって
恐ろしく苦いごぼうの種というのをせんじて飲まされました。

初めての育児で不安だらけだったのに
こんなことさせられて頭がパンクしそうになって
一月ほどでやめましたが(やめたら母乳がジャージャーでた)
絵本だけはやめませんでした。

その助産婦さんが言うには
「赤ちゃんはお母さんの声でとっても安心する」とのこと。
泣き虫な息子を前にどうしていいかわからず
ただただ助産婦さんに与えられた絵本を読むときもありました。
その絵本はコチラ↓
CIMG0380.jpg

今となってはなんでこの絵本なのさ?というところですが(笑)
色がはっきりしていて、文章がほどよく長いということでした。

2ヶ月を過ぎた頃、息子が絵本を広げると笑うようになりました。
CIMG1157.jpg


表情が豊かになって、そのうちに「キャッキャ」声を上げるまでに。
驚きました。
絵本ってすばらしい。
その笑顔をみた瞬間、ワタシは絵本と育児を切り離せなくなりました。
泣いて泣いてばかりでどうしていいかわかんなかったとき
いつも絵本に助けられました。
ワタシは「絵本に助けられた育児」なんです。
CIMG1159.jpg


その後、他の絵本も読んで見たい!と思うようになり
絵本の知識も全くないまま購入したのがこちら

CIMG1161.jpg

それと「こどものとも012」をはじめました。

助産院へ通っていた頃は大変な思いをしていましたが
今の絵本生活のきっかけを与えてくれた
小松せんせいに感謝しています。

またこういう話を書いてもいいかな?

←ポチっと応援お願いします
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:絵本
2006⁄11⁄22 13:12 カテゴリー:絵本に関するコト comment(27) trackback(0)
▲pagetop












コメント


素敵なお話ね。
そっかぁ~、うっちゃんはこうして絵本と知りあって今にいたっているんだね。
それにしても助産院の先生の持論はすごいね・・母乳にはストレスが一番良くないって言いますが・・・それだけのこと守るとすごいストレス溜まるよね^_^;

すごくうっちゃんのお話に共感しましたよ。
そして息子くん、生後10日で絵本と出会うなんて・・絵本が好きなわけわかった気がしたよ~(笑)
そうそう、うっちゃんの写真初めて見ちゃいました。ふふふ、なんか想像通りの方でした☆なんか嬉しいw
2006/11/22 14:02URL | @みかづき[ 編集]


ご訪問、コメありがとうございます。
本当に沢山の本のご紹介で素晴らしいな~と拝見してたんです。

私もこの8年程、何度も絵本に助けられたんですね。すごいですよね。
絵本に出会えて良かったと思ってます。
2006/11/22 14:07URL | サンサン[ 編集]


素敵なお話だね♪
ごぼうの種、懐かしい~と思ってしまいました。
私も愛用していたよ☆
私も母乳でなくて、助産院に通っていたので^^;
赤ちゃん産んだら母乳は結構でるもんだと思っていた私には、母乳が出なかったのがすごいショックで、産んですぐの頃って泣いていたの。
今思うと不思議なくらい感情の起伏が激しかった・・・
なんて懐かしいことを思い出しました^^;

絵本との出会い、私は息子が1歳半のころだったかなあ。
そういう意味では遅咲きです(笑)
でも絵本があって子育てが助けられたことは本当いっぱいありますね♪
またそんなお話きかせてね~。

1日に読む絵本の量。
我が家より多いわ^^;
すごい!
2006/11/22 15:07URL | さやぽん☆[ 編集]

そんなことがあったなんて
うっちゃんの絵本ストーリーは母乳が始まりだったんですね☆
なかなか出ないおっぱいにひたすら吸い付くムスメを見て悩んだ日を思い出しました。
「出なきゃミルク足しゃーいーのよ」
と言う母の一言で吹っ切れた途端
ジャージャー出ましたが(笑)
うっちゃんのこのお話を聞いて、もっと早くから絵本を読み聞かせてあげればよかったな~と後悔しておりますv-34
ちなみにムチュメ、はらぺこ青虫の端っこをカミカミする毎日・・・
こっちがはらぺこらしいですv-12
2006/11/22 17:57URL | イオママ[ 編集]

素敵な出会いですね~♪
うっちゃんさんの絵本と出会い、素敵ですね~♪
子育ての理念はすごすぎです(笑)

あと、とってもとっても気になったのですが、この美人なお母さんはうっちゃんさんご本人ですか???
ブログではみなさん顔が想像が全くつかないので、「えー!本人まじ?美人な方だわ~」と興奮して拡大しちゃいましたよー(笑)


2006/11/22 22:18URL | ルーリーママ[ 編集]

こんばんは♪
今日は、ご訪問、コメントありがとうございましたi-179

実は私、「絵本日和」しょっちゅう覗いてました!いつも読み逃げしてました。これからは、コメント、残します!

絵本との出会いのお話、とっても素敵ですね!
うちの子も、2ヶ月の頃に、絵本に反応した時のことを思い出しました。うちは、絵本の王道「いないいないばぁ」をしょっちゅう読んでいたんだけど、今でも、この絵本が大好き!今は、うっちゃんさんのように、ずっとずっと娘に絵本の読み聞かせをしてやることが目標です。

母乳は、私も悩みました~。今となっては笑い話だけど、その時は必死なんですよね~!

2006/11/22 23:21URL | かな[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
そうですか、そういう絵本との出会いだったんですね。
母乳って、私はダメでした...。
出ない自分にプレッシャーとストレス感じて、そのうち体調も壊しがちに...。
もういいやって割り切って、ミルクにしたら、楽になりました。
でも、この助産院さんの「子育ての理念」すごいなぁ。
確かに、その通りだろうけど、すべて守ろうとすると、ストレスかも...。
お子ちゃま、ぷくぷくしてて可愛いですね!!
2006/11/22 23:38URL | ペンギンブルー[ 編集]

絵本
うっちゃんは、絵本に対する思いがとっても深いなぁって前々から思ってたけど、そんな経緯があったのね。
赤ちゃんの頃から絵本を読んでいたんだもんねー、尊敬するよ、ホントに!
息子ちゃんは幸せだねー。

助産婦さんの子育て論もすごいけどさ~(^^;
そんなの実践してたら、疲れちゃうよ~~
私は苦労もなく母乳が出たから、何も感じなかったけど、ストレスってよくないんだよね。
母乳の栄養も落ちちゃうって言うし。
心身ともにリラックスした状態で出る母乳が一番よね。

なんだか、記事を読んでいて、ジーンときちゃったな。ちくしょ~泣かせるなぁーー

うっちゃんは、いい母親だなあ。
私も見習わなきゃ…!!

あのさ、
写真はうっちゃんだよね??
かわいい…!!≧ー≦
2006/11/23 07:47URL | あき[ 編集]

だ~いか~んげ~い♪♪♪
うっちゃん、こんにちは!
この手のお話、すっごく楽しいです。
こういう記事、もっと読みたいナ。

「なんでこの本なのさ?」には爆笑しちゃいましたけど、それだけ今のうっちゃんの絵本を見る目は、確立されているってことなんだよね~。
そこにも歴史を見た!って感じでした。

私は次男を助産所で、友人の助産師さんに取り上げてもらったんですけど、桶谷式ではなかったのかも。
6年ぶりの出産で母乳は出にくかったけど、母乳を出すためにとにかく寝て、食べて、ハーブティ(たんぽぽティーとか・・なつかしー!)飲んで、いっぱい吸わせていたなあv-238まだ卒乳して半年あまりなのに、ものすごく懐かしいです。
たくさんの想いに浸らせてもらいました。ありがとう♪
うっちゃんらしくて、ほんわか温かくて、とても素敵な記事でした。
2006/11/23 09:55URL | わかな[ 編集]

絵本の世界
とっても素敵なお話しありがとうございます。

私も子どもを通して絵本と出会えた一人です。うっちゃんみたいに乳児期ではありません。今となってはもっと早く…ってちょっぴり後悔していますがでも私にとって出会った時期がベストだったんだなぁ~って思っています。

私もうっちゃんみたいにどんなきっかけで絵本の世界に飛び込んだのか(ちょっと大げさ?)思い出して書いてみよう!
2006/11/23 12:25URL | 魔女っ子[ 編集]

わかるなぁ・・・。
私も初めての赤ちゃんでさっぱりわからなくて、
おまけに母乳も中々出ないし、
りくたんはおっぱい拒否でわんわん泣くし、
すっごく悩みました・・・。
2ヶ月頑張って、諦めちゃったけど、
今思うと残念だったなぁとか。
うっちゃんは、いい出会いがあって良かったですね!

うっちゃんもボウケンジャー組み立ててるんですか?
ホント大変だし、壊れやすいですよね!
私も親近感ですっ☆
2006/11/23 14:29URL | りくたんママ[ 編集]


私も上の子の時の母乳は苦労しました…
初めての出産に手術、入院生活のいろいろですっかりナーバスになってて
母乳の出も悪かったし
小さく生まれて吸う力も弱かった赤ちゃんはすぐ疲れて寝ちゃうし
義母も悪気はないんだろうけど母乳母乳ってうるさかったし
ほんと嫌だったな~
その助産院さんの決まりごとはかなりストレスだったのでは?
それに、マッサージ痛いんだよね~
もう涙涙なのよね…

絵本って子供のためだけでなくて
読んでやる側にとっても大きなものだよね♪
またぜひ聞かせてね~

2006/11/23 17:03URL | maruko[ 編集]

素敵なお話♪
 うっちゃん、今晩は。
 坊ちゃんの赤ちゃんの頃のお写真、ウチの息子に似て居ます!嬉しいな♪でも、赤ちゃんの頃から絵本を読んでもらって、坊ちゃんは幸せですね。ウチも赤ちゃんの頃から読んで上げて居たらなぁ・・・・・・。息子は4歳半に成った今でもおっぱい大好き・・・・・・。
 
2006/11/23 17:43URL | ももっち[ 編集]


思い返すと「誰かのおかげでここにいる自分」に気がつくこともあるよね。
こどもの成長とともに積み重なっていく記憶のやさしいこと!
大変な時のほうが多いのにね。
うっちゃんの過ごした時間は悲しみも含めて素敵な時間です。(*^-^*)

2006/11/23 18:36URL | riko_pot[ 編集]


いいお話を読めてわたしも幸せな気分になりました。絵本を夢中で読むようになったきっかけってみんなそれぞれありますもんね。
自分自身を振り返ると、やはり娘の誕生があったからこそ。
そして絵本のよさを導いてくれた人への感謝の気持ちを、わたしも忘れずにいたいと思いました。

ちなみに、わたしも桶谷式でがんばってましたよ。食事制限・・辛かったなあ。
2006/11/23 21:56URL | まつりか[ 編集]


きゃー、うっちゃんがかわいらしくて拡大して見てしまいましたよっ!(得した感大♪)
うっちゃんも母乳で苦労していたんですね。
わたしも・・・上、下とも、子ができるまでにもいろいろあったのに、この上母乳もか・・・ってかなりへこんだけれど、ストレスってやっぱりありますねー。
助産婦さんのお達しはかなりきつそうだけど、絵本との出会いは感謝よね♪
オススメの絵本に笑ってしまったけれど・・・(^^;
また聞かせてくださいねぇ。

2006/11/23 22:47URL | フラニー[ 編集]

じーーーん。
勇気を出して、コメントします♪

読んでいてうっちゃんさんの気持ちが伝わってきて、
じーーーんときてしまいました。
初めての出産・子育て、自分もとても不安で、
気負いすぎて息が詰まるほどでした。
そんなとき私も絵本に助けられてきたかも。

私も「のんたん」シリーズ大好き。
そして「こどものとも012」は
「はねはねはねちゃん」
「かさ さしてあげるね」は何度も読んだ大切な絵本です。

これからも素敵な絵本の紹介楽しみにしていますv-290
2006/11/23 23:41URL | sara[ 編集]

追記です。
うっちゃん、何度もごめんなさい。
皆さんのコメント見ていて、
なんで?私には小さくて、うっちゃんのお顔なんて見えないよーと思ってたら...
クリックしたら大きくなるんですね。
おバカな私...。
うっちゃん、皆さんの言うとおり。
やさしそうな可愛い人ですね。
お顔見ると、親近感沸いちゃいますね☆
2006/11/23 23:44URL | ペンギンブルー[ 編集]


どんなきっかけであれ、絵本と出会えたうっちゃんさんは幸せ者だし、息子ちゃんもv-238
わたしのきっかけは、長女を出産した時、夫の部下の方からいただいた木村裕一さんのしかけ絵本「いないいないばあ あそび」のシリーズを全巻が絵本の世界へ案内してくれましたv-353
独身の頃もチョコチョコ絵本を買っていたけれど、こんなに赤ちゃん絵本があるとは、気がつきませんでした。
そう考えると、きっかけをいただいて、わたしもハッピーだったと思いますv-344
2006/11/24 00:47URL | アテナ[ 編集]

コメントありがとう♪
☆@みかづきさんへ
あら、拡大しちゃった?
どうやったら拡大できないようになるんだろう。
でも、そういってもらえてうれしいです。
この理論は本当にストレスがたまって辛かった~。
今となってはいい思い出ですけど。

☆サンサンさんへ
わぁ。コメントありがとうございます。
とってもうれしいです。
サンサンさんも絵本に助けられてるんですね。
絵本の底知れぬパワーには驚きます。
これからもよろしくお願いします。

☆さやぽん☆さんへ
1歳半から初めても全然遅くないよー。
あんなにたくさんの絵本を読んでるなんてとっても尊敬してるもの。
ワタシは読み始めるのは早くても、絵本の種類は少ないの。
まだまだです。
さやぽん☆さんも母乳でなかったんだね。
経緯は同じ。辛かったよね。

☆イオママさんへ
フフフ。かーわいい。
そうだよね。今は絵本を口に入れて味わう時期だもんね。
いいよ。いいよ。たっぷり味あわせてあげようよ。
端がびろびろになるけどね。
ムチュメちゃんが腹ペコね。かわいい。
まだイオママは授乳中かと思ったらうらやましい。
写真撮った?

☆ルーリーママさんへ
あわわ。そこまで言われると恥ずかしい。
何を思ったか自分を登場させてしまった。
というか、ぼやけてるし大丈夫かと思ったらみんな見てるんですね。
産後9日目でげっそりしてますが、5年前は若いと自分でも思います。
ルーリーママのチラリズムもお願いします☆

☆かなさんへ
読み逃げ大歓迎です。
いつも来ていただいていたのに、こちらからは反応が遅くなってごめんなさい。
かなさんはいないいないばあを読んでたんですね。
ワタシはノンタンであったので、他の松谷みよ子さんの絵本にしました。
とてもいい作家さんですよね。
これからもよろしくお願いします。

☆ペンギンブルーさんへ
ワタシも母乳やーめた!って思った瞬間に出だしたんですよ。
きっとストレスだったんだと思う。
2ヶ月の息子は太ってるでしょう(笑)
今も太ってます。
それから、ワタシの写真を拡大してしまいましたね(^^;)
そんなに顔が見れたのかな?ぼんやりだと思ったけど。
でも5年前ですよ。今はかなり老化してます。残念。

☆あきさんへ
かわいい?ウフ。
5年まえだからさー、若いよね。
それに妊娠中に激やせしたから細い。
こんなにみんながみるとは思わなかった。(いや、多少は覚悟してたけど)
ストレスの話。あきさんが言うとおり。
大変だった。つらかった。乳も止まった。
けど、残ったものもある。
それから今はこうやってブログで友達ができて幸せです。


まだまだお返事を書きたいのですが、時間の関係で後日にします。
ごめんなさい。
わかなさん・魔女っ子さん・りくたんママさん・marukoさん・ももっちさん・riko-potさん・まつりかさん・フラニーさん・saraさん・アテナさん
ちょっと待ってね♪


2006/11/24 01:47URL | うっちゃん[ 編集]


いい出会いがあったんだねえ~
助産士さんのおっしゃること、大変そうだけど、後々になってタメになったんじゃない?
それでもって絵本と出会えたわけで、今こうして私たちにいろいろ紹介してくださってるわけですよねえ~。
子供を産むのって、世界が広がることなんですねえ…(シミジミ)

ところで、うっちゃんてこんなキレイな人だったんだねえ!!う、うらやましい…
2006/11/24 11:20URL | araia[ 編集]

コメントありがとう♪
☆わかなさんへ
あぅ。ついこの間まで授乳をしていたなんんてうらやましい。
子供がお乳をすう姿って愛おしいんですよね。
写真とりましたか?
授乳している写真って恥ずかしいですが、子供が反抗期を迎えたときや難題に直面したとき、授乳写真を見せると子供は変わるらしいですね。
ハーブティ♪とってもリッチな響きですが、当時は切羽詰って大変な思いだったんですよね。
大変だったからこそ思い出深い。
助産院での出産のお話、詳しく聞いて見たいです。
ワタシは総合病院だったので。

☆魔女っ子さんへ
ぜひぜひ!絵本の世界に飛び込んだお話を書いてください。
それぞれ絵本の思い出があるんですよね。
ワタシも生後10日目ですが、早いという感想よりもその時期でよかったとおもいます。
絵本も授かりモノなのかな?

☆りくたんママさんへ
りくたんママさんも大変な思いをしたんですね。
子供に泣かれると悔しいやら情けないやら・・・焦りもあって泣けてくるんですよね。
りくたんママさんのように保育のプロでもそうなら、ワタシなんて当然なのかも(^^)
ボウケンジャーのおもちゃはシリーズ全部揃いましたが
扱いが荒く合体できません。
その金額全部で正規の合体ロボを買えばよかった・・・。と思いませんか?

☆ももっちさんへ
ももっちさんの息子さんのあかちゃんの頃とそっくりなんて♪
ぷくぷく・ムチムチな健康ベビーだったんですね。
うちの息子もいまだに(5歳)オッパイ大好きです。
真の乳離れはいつなんだろう?

☆riko_pot さんへ
なんて、なんてすばらしい言葉☆
思い返すと「誰かのおかげでここにいる自分」に気がつくこともあるよね。
こどもの成長とともに積み重なっていく記憶のやさしいこと!
大変な時のほうが多いのにね。
うっちゃんの過ごした時間は悲しみも含めて素敵な時間です。(*^-^*)

あまりにうれしくてカラーでコピーしてしまった。
ありがとう。

☆marukoさんへ
以前小さい人が小さく産まれたと聞きましたが、小学生の人も小さく産まれたんですね。
帝王切開や小さく生まれた赤ちゃんに母乳の出・・・。
きっとmarukoさんは人並み以上の苦労をされてたんですね。
今健康に育ってくれてることがどんなに喜ばしいことか・・・。
いつもmarukoさんの書くお子さんの記事は優しい。
ワタシもmarukoさんのようなあったかいおかあちゃんになりたいなぁ。

☆まつりかさんへ
まつりかさんも桶谷式へ通っていたのですか?
そうそう、食事制限がきついですよね。
肉はダメ、甘いものダメ、洋食ダメ(朝のトーストも良くないっていわれたし)魚は白身で野菜は根菜中心で・・・。
頭おかしくなりそうでした。
やめたその日に食べたのはカレーでした。
おいしかった♪
まつりかさんが絵本の世界にいるのは娘さんの誕生だったんですね。
もっと以前からかと思ってました。

☆フラニーさんへ
お買い得記事だったかしら?
顔がぼやけてると思ったけど、みんな拡大してみてますね(笑)
ま、5年も前の写真なのでどうぞ!どうぞ!
今は肉付きも良く老化現象も伴って、別人のサマでございます(^^;)
フラニーさんも出産・育児でご苦労があったのですよね。
ワタシもいま悩みがつきませんが、フラニーさんの記事でどれほど勇気付けられたことか・・・。
オススメの絵本←当時の私でも?って思いましたよ。さすがに。

☆saraさんへ
saraさんコメントありがとうございます。
その勇気がうれしい。
でもこれからは気軽にお越しくださいね♪
「はねはねはねちゃん」の続編の「はねちゃんのピクニック」を持ってます。
ハード化されないのでお宝です。
こういうのってこどものともの醍醐味ですよね。
saraさんも絵本に助けられたんですね。
これからもよろしくです。

☆アテナさんへ
アテナさんは出産祝いなんですね。
なんて素敵な贈り主でしょう。
「いないいないばあ」シリーズを全部なんて贅沢です。
アテナさんの言うようにワタシも赤ちゃん向けの絵本がこんなにあるなんて知りませんでした。
全部読んであげるのは不可能だと思うけど、これだけ絵本が充実した時代に産まれた子どもたちって幸せですよね。
2006/11/24 11:47URL | うっちゃん[ 編集]

☆araiaさんへ
あ、araiaさんもワタシのチェックを・・・(^^;)
でもいいんだい。
5年も前のだから今は全然サマ変わりしてるのだ。
肉付きはよくなったのに老化は隠せない。

araiaさんの言うように、子供を産むと世界が広がりますね。
絵本はその中のひとつ。
でも、その絵本が忘れていたものを思い出させてくれたり・・・。
読んでよかったとおもいます。
みんなともこうやって知り合えたしね。

2006/11/24 11:51URL | うっちゃん[ 編集]


写真がどれもあったかくて、雰囲気があって素敵・・・。
絵本とのなれそめ、いいお話で、じーんときながら読みました。

私も乳腺炎や母乳の出の不安で桶谷式マッサージに通ったので、ああ、この食事制限懐かしいなあ(イヤだったなーストレスだったなー)、って思い出しました(笑)。
やめたら母乳ジャージャーって、ほんとストレスが一番悪いよねー。

写真のうっちゃん、なんだか想像通り、大人の優しい雰囲気のお方でウレシイ。
でも皆、クリックするんだねー(笑)
2006/11/26 08:51URL | ayano[ 編集]

ayanoさんへ
うん。クリックするのはayanoさんとあきさんぐらいかと思ってた(笑)
大人の優しい雰囲気でしょうか?これは驚きでございます。
なんかさ、おかしくない?
慣れない手つきで子供を抱いて、無理に笑ってる顔が。
ぎこちないよね~。
ayanoさんも桶谷式に行ってたんだ。
いろいろ制約もあって本当にストレスなんだけど、薬を飲みたくない一心で従ってたような・・・。
今なら謀反をおこしそうだ(笑)
保険利かないから高いしね。
今となってはどれも思い出です。
2006/11/27 10:01URL | うっちゃん[ 編集]


みんな最初はとまどうよねぇ。
わたしも桶谷に通ってました。そんなすごい育児論はなかったけど、何でもはっきりとしたものいいをする先生なので、合う人と合わない人はっきり別れるようです。先生との相性というのは大きいと思う。

そういう辛い中にもやっぱり幸せなことが含まれてたんだね。絵本との出会いがあってよかったね!
2006/11/27 11:10URL | 圭[ 編集]

圭さんへ
確かに桶谷式の先生と合う、合わないがあるね。
高知には3箇所あったけど、どこも個性派ぞろい(笑)
先生と合わなかった人は他の施設に回ったりしてた。
でも、どこも絵本は置いてたなぁ。(ええ、点々としてました)
やさしいことばをありがとう。
絵本があったからこそ、今こうやって圭さんを初めみんなとコミュニケーションがとれているんですよね。
2006/11/27 11:48URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。