大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ホネホネさんシリーズ


ホネホネさんシリーズです。
今年の夏にこどものとも年中版で「ホネホネさんのなつやすみ」が
届きました。
書店勤務の夫の同僚が(小学生の母)「ホネホネさんならうちにあるよ」
と言って、持ってきてくれました。
シリーズなんですね。知りませんでした。
04-0148.jpg
1998年7月号
04-0177.jpg
2000年12月号
4-0195.jpg
2002年6月号
10333.jpg
2004年11月号
11551.jpg
2006年7月号

人気シリーズのようで、上の二冊は単行本化されています。

お話はゆうびんやさんのホネホネさんが
郵便をとどけます。
「ギコギコギー」このテンポがいいです。
届ける先はちょっとゆかいなんです。
木登りをしてやなぎいっちょうめのトリオくんへ。
もじゃもじゃばやしのつちのなかアパートの207号室。
すいれん池にもぐってなまずさんへ。
特につちのなかアパートはまるでアリの巣のようで
どこが207号室か息子と探すのもたのしいです。
そしてもっとたのしいのがお手紙。
微妙に似ているけれど、生態の異なる友人から
いろんなお誘いがあるんです。
ニョロコさんはワニオくん。
なまずくんはアンコウさん。
ブタヤマさん(え?ブタヤマさん!)はイノキチさん。
さいごはホネホネさんにも手紙がとどきます。
あれ?初めガールフレンドだったホネコさんとは
いつのまにか結婚してる(笑)

全体的に白黒の絵ですが、楽しい絵です。
ホネホネさんのキャラクターも滑稽そうで温かい。
(アンパンマンのホラーマンもそうだよね)


ワタシは「はるかぜの?」「あきいろの?」はまだ読んでいません。
こんなにあるなんて知らなかったもの。


←ポチっと応援お願いします

<昨夜読んだ絵本>
じごくのそうべえ―桂米朝・上方落語・地獄八景より じごくのそうべえ―桂米朝・上方落語・地獄八景より
田島 征彦 (1978/01)
童心社


たいせつなこと たいせつなこと
レナード ワイスガード、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (2001/09)
フレーベル館

しずかで にぎやかな ほん しずかで にぎやかな ほん
レナード ワイスガード、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (1996/09)
童話館出版

三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話 三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
マーシャ・ブラウン、せた ていじ 他 (1965/07)
福音館書店
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄11⁄10 13:12 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(13) trackback(0)
▲pagetop












コメント



ホネホネさん、私好きなんだけど子供がダメなの~(ホラーマンもダメ…)
福音館書店の50年記念?で出た「こんにちはおてがみです」(中はおなじみのキャラからのお手紙が10通入り)でも、ホネホネさんが届けてくれてるんだよね♪

私も昨日がらがらどん読みました~
なんだか嬉しい♪(ayanoさんのところでみかけて引っ張り出したのです)
2006/11/10 18:02URL | maruko[ 編集]

お久しぶり?
このホネホネさん、顔が好きだナーー(^m^)
愛嬌がある!!

おもしろそうだね!!
シリーズもので いろいろあるってことは、かなりの人気なんだねーー

読んでみたい!!
2006/11/10 19:36URL | あき[ 編集]


わ~スッゴイおもしろそーv-10
この絵を見ると「ホネホネロック」を思い出す~v-40
ご存知かしら??
確か「みんなのうた」だったような・・・

ムチュメにはまだ早いから私、立ち読みしてきまーすv-221
あっ!!本屋にお勤めのご主人さまには御内密にv-392
2006/11/10 22:05URL | イオママ[ 編集]


我が家にもホネホネさんありまーす。ウチにあるのはあきいろのホネホネさんです。
シンプルな絵で、主人公が骸骨という設定なのに、なぜか子供は大好きな絵本。ストーリーは心があたたまる作品ですよね~(≧∇≦)

2006/11/10 22:40URL | 京女。[ 編集]

ほねほねさんシリーズ
 うっちゃん、今晩は!
 我が家に有るのは『なつまつり』だけですが、初めて読んだ時から親子共々はまりました!シリーズ化、わかります。他のも読んでみたいな!
2006/11/11 01:01URL | ももっち[ 編集]


こんなにシリーズあったんですねー、知らなかった。
「こんにちはおてがみです」で楽しませてもらってるけど、ホネホネさん自体ゆっくり読んだこ%A
2006/11/11 01:16URL | フラニー[ 編集]


こんなにシリーズあったんですねー知らなかった。
「こんにちはおてがみです」で楽しませてもらってるけど、ホネホネさん自体、ゆっくり読んだことなかったです。
今度シリーズ化されているものを探してみまーす。

夜のセレクト本、中2冊しぶくいきましたね!
「たいせつなこと」最後のページで、わたしはいつもぐぐっときてしまうのです・・・。いいよね。

(どうも送信がうまくいかなくて、変に切れてしまった記事、消してくださいね!夜は混むのね・・・涙)
2006/11/11 01:35URL | フラニー[ 編集]

ホネホネさん=がいこつさん?
うっちゃん、おじゃましまぁす♪
素敵ですねぇ^^
ズラリとホネホネさんが並んでる(笑)
うっちゃんの記事を読んでいて想うこと。
それは、うっちゃんの息子さんとウチの長男が似ているなってことです。
『どんなにきみがすきだか・・』の記事の息子ちゃんとの会話、ウチも以前はそういう会話をしていました。
なんていうんだろ?
ファンタジー世界へ自由に行ける素質??
勝手にごめんなさぁーいv-15
でも、本当に最近ますますそう想うんです。嬉しいな。
2006/11/11 11:34URL | わかな[ 編集]

ほねほねさん
ホネホネさん、私が大好きなんだけど、書籍化させているものが少ないでしょ。なかなか購入できなくて・・・ほんとうは沢山揃えたいんだけどね。

色は白黒でシンプルなんだけど、お話がいいよね。私も読んだことないのいっぱいあるから、全部読んでみたいわぁ。
2006/11/11 15:28URL | @みかづき[ 編集]

コメントありがとう♪
☆marukoさんへ
さすがmarukoさん、ホネホネさんをご存知とは!
でも、娘さんは嫌いなのね。
そういうところ、やっぱり女の子だなって思います。
うちなんて下品だからおもろいものなんでも来ーいっ!なの。
ホラーマンもキライなんだ。
ワタシ好きだけどなぁ。
一途にドキンちゃんを想うところや、やさしいところ、頼りないところ、応援してるけどな。

☆あきさんへ
ワタシも手持ちにありながら、こんなにシリーズがあるなんてしらなかったの。
借りてきたのは2冊だけど、調べたら出るわ出るわ(笑)
これ絵が迷路みたいになっててたのしいの。
ゼヒ!

☆イオママさんへ
フフ。もう、いつもイオママさんのコメントには笑ってしまう。
イオママさんと話してたら楽しいんだろうなぁ。
ホネホネロック知ってるよ。
こう来たかっ!
マイナーな絵本なので頑張って探してください。

☆京女。さんへ
京女。さんのところには「あきいろ」があるんですね。
いいなぁ。貸してもらいたいです。
きっと娘さんがとってたこどものともだよね。
京女。さんの言うとおり。
シンプルな絵に滑稽な主人公ながら(滑稽といってもあまり話さないけど)心温まるんですよね。
きっと「手紙」にその要素があるんでしょうね。

☆フラニーさんへ
コメント時にお手数をおかけしたようですみません。
再トライ、とても嬉しいです♪
marukoさんも書いていたけど「こんにちはお手紙です」が気になります。
そんなところにホネホネさんが出てくるとは?
「大切なこと」は最後にグッときますね。
イジメが問題になってますが、この絵本にその解決の糸口があるような気がする。

☆ももっちさんへ
「なつやすみ」を持ってるのですね。
同じです。きっと同じこどものともをとってるんでしょうね。
ワタシもシリーズがあることを最近しりました。
上の2冊は単行本化されてるようです。どれも単純でたのしい内容です。

☆わかなさんへ
わかなさんと息子さんに共通するものがあるんですか?
しかもそれが、「ファンタジー世界へ自由に行ける素質」!!!!
これはまいった。
そんな素質あるんだろうか?
けど、うれしいです。
わかなさんのようにたくさんの絵本は読んでいませんが、長男さんのような子供に育つのかしら?

☆@みかづきさんへ
おお。@みかづきさんまで。
みんな絵本について詳しいんだなぁ。
ここにくるみなさんは絵本フリークですね。
かなわないや(^^)
まだ単行本化は2冊ですけど、もしかしたら増えるかもしれませんね。
ワタシも「あきいろ」と「はるかぜ」さんは未読です。
どこで手に入れたらいいのか?図書館かな?
2006/11/11 21:26URL | うっちゃん[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
うっちゃんのダンナ様って書店にお勤めなんですか?!
めっちゃうらやましいですー!!!
私も書店でバイトする事に、ほのかな憧れを抱いていたもので...^_^)
ホネホネさん、名前も絵も私のツボですー(笑)。
単行本も出てるのね、是非チェックします!!
2006/11/12 01:08URL | ペンギンブルー[ 編集]

ペンギンブルーさんへ
書店でバイトが夢なんて、そんなもの放棄してくださいっ!!!
もう、地獄らしいです。
早朝から入荷したダンボールが倉庫を埋め尽くして
それをオープンまでに品出ししないといけない。
ビニールをかけるもの、紐をかけるもの、付録をまくもの。
そして品だしをするのなら棚を空けなくちゃいけない。
だから返本作業がある。
毎日ダンボール何個分も返本作業するんだって。
体力勝負の力仕事なわりに時給は低い。
で、本は買ってしまう。
最悪らしいですよ。
ホネホネさん、以外に絵がおもしろいよ。
2006/11/12 01:22URL | うっちゃん[ 編集]

きゃー大変!!
うっちゃん、何度もごめんなさい。
うっちゃんの返信がおもしろくてまたコメントしちゃいました。(おもしろいっていうのはうっちゃんの書き方が...思わず笑っちゃいました)
そういえば、書店員さんは腰痛になると聞いた事あります。
本って、重いですもんねー。
古本屋でおじーちゃんが本読みながら店番してる光景が憧れで、そんなんやりたいーっていつも思ってました。
でも現実は...厳しそうですね..とほほ。
2006/11/12 14:56URL | ペンギンブルー[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。