大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ゆずの収穫


CIMG1080.jpg



金曜日はお山のひばあちゃんの家でゆずの収穫に行ってきました。

その前に高知のゆず文化について語っておかなくっちゃ
高知ではお酢の代わりに「ゆの酢」というのを使います。
そのなの通りゆずの絞り汁。
これを作っているのです。
酢醤油、ポン酢、寿司酢、酢の物、
ゆずジュースやお菓子作りにも使えます。
高知ではなくてはならない調味料です。
「ゆのす」もしくは「ゆの酢」で検索すると結構でてきますよ。

では、お暇な方ご覧ください。


普通こんなもんですよね。ゆずの木って。
CIMG1077.jpg 隣の家のゆずの木
ええ、手入れをしている木はそうです。
けど、うちは・・・。↓
CIMG1070.jpg

何の木ですかっ?
手入れなんて皆無のゆずの木は、杉の木たちと競い合うように伸びて
ほとんど原生のまま。
登ってとっても届かない(登ってるのは夫)

下からもひっかき棒で落とします。
CIMG1066.jpg

息子よ。うまいぞ。じょうずだ。来年も頼む!

ところで、ゆずの木にはトゲがあるのご存知でした?
まあ、橘の一種なのであるのは当然なんですが
このトゲが悩みの種なんです。

CIMG1069.jpg


わかります?わからないなら画像をアップしてみてください!!!
すごいの。このトゲ。
木の幹のほうは太いトゲでまるで釘!
殺人鬼です。
気をつけてるんだけど、いつのまにかトゲが体中あちこちに刺さってて
収穫の夜はトゲの抜きに忙しい。いたーい。

ゆの酢を作る目的で栽培されているゆずは
果汁がたくさん取れるように品種改良されているそうですが
うちのは野生そのもの。
「無農薬放置栽培」なものだから、こんなにぶさいく(笑)

CIMG1076.jpg

今年は青いなぁ。

ひばあちゃんの家は山の斜面にあるから、
下でとれたゆずを竹かごいっぱいにいれて
山の斜面をえっちらほっちらあがるのです。
CIMG1089.jpg   CIMG1087.jpg

    何往復も・・・。もう、拷問です。

で、金曜日に収穫したものの一部。
CIMG1093.jpg

結果この3倍ほど取れました。
この量を木から落として拾って運んだと思ったらえらい!

いやいや、作業はこれからです。
これからゆずをひとつひとつ枝を落とし、乾いたタオルで拭いて
(洗ってはいけないのです。ゆの酢へ余計な水分が入ると
 保存性や味がわるくなるのです。
 だから無農薬のものをオススメします)

CIMG1096.jpg

機械でしぼります。
CIMG1098.jpg

この機械は1分間に120個程度の処理能力です。
ね、あの量のゆず(×三倍)をしぼるのってたいへんだよね。

しぼって、漉して、一升瓶につめて製品のできあがり。
我が家はすべて手作業です。えっへん。
この作業まで写真に撮りたかったけど、
ワタシも出勤になって取れませんでした。

こうやって出たゆずの種は化粧水を作ったり
ゆずの皮は佃煮やジャムやゆず茶を作ります。
(タネからでたペクチンを使ってジャムを作るんです)
CIMG1109.jpg     CIMG1108.jpg

でも、あの量ですから(笑)
ほとんど捨てます。谷へ。
そしたらゆずの皮で谷が埋まるの(驚)
でも、翌年にはきちんと谷になってて、またゆずが捨てれる。
自然ってすごいよね。

裏年といわれた昨年で50升。
当たり年のおととしで85升。
今年は当たり年。さて何升とれたかな?
今、まだ作業をしてると思うので、結果はまだです。


ああ????つかれた??。(ってほとんど役にたってないけど)
さ、蒔きで沸かしたお風呂に入って
CIMG1099.jpg

カツオのタタキでも焼いて
CIMG1102.jpg

食べますか!

CIMG1106.jpg
生のカツオの刺身。ゆずとしょうゆで。
CIMG1107.jpg
かつおのたたき。塩で。
CIMG1104.jpg
かつおのたたき。ポン酢しょうゆで。


他県から嫁に来て、こういう高知の文化が全て新鮮。
田舎のお嫁さんやってます!(笑)
興味のある方、ぜひ来年手伝ってください。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:こどもと一緒に♪
2006⁄11⁄04 23:37 カテゴリー:つれづれ日記 comment(23) trackback(0)
▲pagetop












コメント



はーい!手伝いに行かせて~♪
仕事は半端じゃなく大変そうだけど(トゲも恐怖だし、上り下りも…)
かつおもマキのお風呂も豊かで贅沢だな~と心から思います
すばらしいごほうびがいただけるのね
それにしても、うっちゃん、お疲れ様でした

義父母が徳島の山の方の出身なんだけど
義母の作るばらずし(←っていうよね、こちらではちらしずしが一般的だけど)も
お酢じゃなくてユズでとってもおいしいので大好きです♪

2006/11/04 23:53URL | maruko[ 編集]

お疲れ様でした!!
殺人鬼のとげに、拷問の坂、1個1個の作業、とっても手間暇かかるんです
ね。でも無農薬放置栽培のゆず最高ですね!!ゆずの香りがただよってくるようですよ~。
お風呂も蒔だなんて風情ありますし、
あぶりたてのたたきを収穫したゆずとしょうゆでだなんて、たまらんですー!!
2006/11/05 00:17URL | ルーリーママ[ 編集]


はいは~い、わたしも行きたいですっ!
・・・って、体力にあまり自信なしですが、鰹とまきのお風呂に強く惹かれてます。
鰹、分厚いですよね~。ジュルッ
しかしうっちゃん、これは重労働でしたね。
お疲れさまです。
高知の豊かな文化が、ダイレクトに伝わってきましたよ!
うっちゃんは、元何県人だったのでしょう。
2006/11/05 01:04URL | フラニー[ 編集]


すばらしい風景ですね。
それにゆずの香りが漂ってきそうな、ざらざらと実をつけた光景もすてき。ゆの酢という言葉、初めてききました。ってことは、普通のお酢はあまり使わないのでしょうか?
鰹もおいしそうですね。土佐の味覚もりだくさんの記事・・夜中には拷問だわ。おなかすいてきた。

2006/11/05 01:22URL | まつりか[ 編集]


うわ~~行きたい行きた~い!!
私はゆず大好きよ~。
あの香りも、色も形も好きだわ。
うちにも苗木があるんだけど、
こんな風に木にたくさんなっているのは壮観ですね。
蒔きで沸かしたお風呂も、鰹のたたきも
最高です!!
ゆずの香りがここまで来る感じ!
ありがとう~~~
2006/11/05 07:42URL | ともちゃん[ 編集]


いいねぇーー
こういうの、大好き!!
張り切って手伝っちゃう!!

息子ちゃんの帽子かぶった姿が、かわいい!!!
思わず画像アップさせたよ~~(笑)

自然いっぱいなところで、いいなぁ!!
ゆずの木のとげには驚き!!
こわい~~
いろんな発見がいっぱいだね!

うっちゃん、お疲れ様ーー
2006/11/05 07:47URL | あき[ 編集]


こんにちは!
私の夫の実家にもゆずの木があります。
うっちゃんのおばあちゃんちと比べたらちょー!ちょー!ちっちゃいケド。笑
そうそう、とげがすごいんですよね。
うちも次回帰ったときはゆず収穫かしら?
子供たちが喜ぶんですよねー^^。
あ、そうそう、「ふしぎなナイフ」大好評でしたー!
もう、図書館の本だっていうのにボロボロになりそうなくらい読んでます(^^;)。
素敵な絵本の紹介ありがとう!またお願いしますね^^。
2006/11/05 12:15URL | hanako[ 編集]

すてきー
ご苦労様でした。
蒔きのお風呂 風情があって素敵 それにかつおのたたきのおいしそうなこと!食べたい。。。。。
ゆずの収穫ってすごい量をとるんですね。疲れますが 楽しそうで息子さんにとっても有意義な時間が過ごせませすね。こういう体験てなかなかできないですもんね。私も手伝いたいわ。
2006/11/05 14:41URL | ウータン[ 編集]

ゆず
うひょ~!
頑張ったねえ。お疲れ様。
絵に描いたようなゆずの木・・・と思ったら、よそん家の木だったのねん。
トゲ!こわ~・・・。
こりゃ、死ぬ思いで収穫作業だね。

えっと・・・土佐酢というのは、ゆずが入ったものをいうのかしら?
うむむ・・・かつおのタタキ、おいしそう。
ご褒美だね、これは。
ひっかき棒っていうの?
あれ、りんご狩りに行ったときに使ったような・・・。
すごく便利だった。
2006/11/05 19:09URL | ひろのしん[ 編集]

家族単位?
その量家族単位じゃないよねえ・・・
うちも商売柄、柚子よく使うんだけど
そんな半端ない量とは・・・
1年で使い切るのかしら?
かーこも行きたい!しかーし、
作業が終わった後、お風呂から参加希望!(厚かましい;
野生の柚子とは羨ましいなあ。
鰹のたたきも本場のは、美味しいよね
とげとの戦いお疲れ様。
疲れを出さないようにね^^


2006/11/05 20:19URL | がみがみかーこ[ 編集]

素敵です!
すごいゆずの量ですね~
でも作業は大変そうで・・・
ご苦労を考えたら美味しく頂かないと
いけませんね☆
ゆずにトゲが有るなんて知らなかったです~
薪で沸かしたお風呂!
気持ち良さそうですね~
来年・・・行けちゃうかなぁ!!
お風呂に入りたーーーい!
張り切って手伝っちゃうよぉ~
2006/11/05 21:26URL | モニョモニョ[ 編集]


お~こんな棘があるとは、勉強になりましたv-12
読んでいたら口の中が酸っぱくなってきましたよv-237
我が家は結構これからの季節はゆずを使うのですv-219
なので、これからは無農薬を意識して購入しまうす。

それにしても、かつお、あぶっていて、これまた口の中がだらだらになりましたi-277
2006/11/06 01:04URL | アテナ[ 編集]

すごーい
うっちゃん、こんばんは

ゆずの収穫お疲れ様~~ポッチリ☆
なんとすっごい量の収穫なんだねー
辺りはゆずの香りでいっぱいなんだろうなー(*^。^*)
・・・なんて優雅な気分ではなかったよね、きっと^^;
>谷に捨てて翌年には全く無くなる
そうだね、自然ってほんとすごいよね。
大きな恵みもくれるし浄化してくれるしね。

カツオ~~~~
すっごい美味しそう。
実はカツオの刺身って食べたことないのよ。もっぱらタタキかな~
ああ、そっちに行きたいっ!



2006/11/06 01:32URL | らぴ~♪[ 編集]

感心しました。
うっちゃん、こんばんわ。
ちょっと感心しながら、読ませていただきました。
書いてあること全てが、とてもリアルで感慨深かったです。
ゆずも、”物産店”とかでゆずジュースや汁買ってきては美味しいと思ったり、カツオだって食べている。なのに、この違いは...。
所詮、都会なんてすべてコンビニみたいなモンです。
全く環境の違う、実生活では出会わないだろう人のうっちゃんと、こうやって交流してるんだなぁ、なんて思ったりして、ネットって本当にいいものだって思いました。
(かなりマジレスはいっちゃいました ^_^;)
2006/11/06 02:22URL | ペンギンブルー[ 編集]

あこがれの・・・
これは! 私のあこがれるおばあちゃんち!!!
こんな自然が一杯の田舎に住んでるおばあちゃんが欲しかった~。
そして、ととろやまっくろくろすけに会うんだ♪(*´ー`*)

2006/11/06 09:21URL | いろりん[ 編集]


ぎゃーっ!なんてステキなのっ!
無農薬放置栽培!なんておいしそうな…身体によさそうな…

田舎はねえ、本当に、人としての生活が豊かに送れますよね。肉体的には厳しいこともままあるけど(笑)それがまたよかったりする。
私も茨城の田舎出身なので、なんというか郷愁すら覚えます。

いいね~、うらやましい!!!
2006/11/06 10:08URL | araia[ 編集]

いいね♪
おーー、なかなかいい経験してるね☆
写真のお家、昔ながらの日本の家って感じで、いい感じです。
自然にふれて、息子さんも、スクスク育ってる感じ。
ブログ、我が家の写真を、チョコチョコUPしてみました。
よかったらのぞいてみてね☆
2006/11/06 18:36URL | reirei[ 編集]

とげ?とげ!!
ゆずの刺にはびっくり!!したよ。あんなにすごい刺があるんだね~。
そして坂(笑)。運動不足解消どころか、翌日筋肉痛で足が上がらなくなりそう・・・
みんながんばったんだね☆
そしてカツオ。とっても美味しそう、じゅる。

お家の縁側・・・おばあちゃんちの母屋の縁側思い出しちゃった☆昔の建物だから似てるんだね。
2006/11/06 23:12URL | @みかづき[ 編集]


うっちゃんおつかれさま~
すごいゆずの量!記事からいいかおりが漂ってきそうです。
我が家のポン酢は絶対馬路村のゆずポン酢。先日鎌倉行った時にフツウにごっくん馬路村が置いてあった(笑)
かつおのたたきも美味しそう!高知は美味しいイメージもりだくさんだよ。
地元愛媛ももっとがんばって欲しいなぁ~

2006/11/07 00:14URL | りんりんママ[ 編集]

わー!!
読みながら興奮してわくわくしちゃった!
こんな経験が毎年できて、息子ちゃんほんと豊かで贅沢だよねぇ・・・いいなー。
私の祖父母がリタイア後に山奥で畑をやっていたので、すっごく懐かしい感じもしました。
うちは、果実だったら枇杷や柿やミカンだったんだけど、剪定せずに野放図に育てた(・・・放ったらかしともいう)樹ってすごいんだよね。
でもゆずの樹の棘、すごいなあ。
ミカンの樹なんか、よく刺されはしたんだけどこれに比べたら全然かわいいもんだったよ。

↑りんりんママさんと同じで、うちも馬路村のポン酢使ってました!
今は宅配の無農薬ポン酢なんだけど、馬路村のポン酢のほうが美味しいんだよねー。
2006/11/07 08:50URL | ayano[ 編集]

コメントありがとう♪
☆marukoさんへ
おっと、人材一人発見。では、お願いします(笑)
marukoさんの義父母さまは徳島の山の出身ね。
ゆずを使うとなるときっとこの祖母の家と近いはずです。
祖母の家は大豊町といいます。ちょっと聞いて見て!
あのね、大歩危(おおぼけ)の近くなの!

☆ルーリーママさんへ
本当に拷問ですよ(笑)
季節によって収穫するものは違いますが、晩秋のゆずが一番たいへんです。
恐怖です。
けど、このご褒美につられて行っちゃうんだよね。
たまらん味でしたよ。フフフ。

☆フラニーさんへ
おっと。人材二人目発見。
やる?やる?おねがいします(笑)
ワタシの出身は愛媛です。近っ!
でも、全然文化が違うんです。
となりの香川や徳島とはまったく違う異文化圏です。言葉も異国なみです。(笑)

☆まつりかさんへ
全部ゆの酢にすると味がぼやけるので、何割かをゆの酢にして残りは普通のお酢を使います。
酢の物に香り付けで使うようなものです。
あとはポン酢もおいしいですよ。

☆ともちゃんへ
ゆずの苗木があるの?
ともちゃん、それは危険よ!
ゆずってモモや栗と違って生育旺盛で手入れを怠るとうちのような巨木になったりして、もう大変なことになるかも。
きっと今は苗木でも2~3年で驚くほど実がなると思うよ。
トゲには注意を。

☆あきさんへ
ありがとう。疲れたよぉ。
まだあちこち痛いんだ。
年かな?ハハハ。
おべんとうブログ頑張ってるね。
応援してるよ。

☆hanakoさんへ
「ふしぎなナイフ」を早速借りたのね!
そんなに好評なんて、やっぱりあの絵本はすごいね。
そして、まめに図書館へ通ってるhanakoさんもえらい。
ああ、ワタシは返却期限が過ぎたよ・・・。

☆ウータンさんへ
ウータンさんにそういってもらえると嬉しいです。
逆にワタシはウータンさんのいる環境を息子に見せてあげたいと思います。
いつもと違う経験はきっと子供の感性を刺激するだろうから。
けど、実際住むとなると大変ですよね。ウータンさん、いつも感心しています。

☆ひろのしんさんへ
土佐酢にはゆずは入ってないかな?
なんだろう?きっとカツオ(ダシ)が入ってる合わせ酢だと思う。
ヘヘ。料理のことは詳しくないのだ(笑)
りんご狩りへ行った事あるんですね。
いいなぁ。いちど○○狩りっていうのに行ってみたいんだ。
いつも本気の収穫ばかりだから・・・。

☆がみがみかーこさんへ
そうなんだ。かーこさんのお店でもゆずを使うんだ。
何の料理になるんだろう?
かーこさんのお店で年間どれくらいの消費なのかな?
ちなみにこれは家族だけでは消費できないので、(かといって出荷できる単位でもなく)知り合いに売ったりしてる。
いちおう一件おすし屋さんと契約があって、20升を毎年買ってくれる。
ありがたや~。

☆モニョモニョさんへ
おっと、またしても人材発見。
来年お待ちしてます。
カツオまたさばかなくっちゃね。
きっとティファちゃんも気分転換になるとおもうよ。
なんてね(^^)

☆アテナさんへ
アテナさんのお宅でもお料理に使うのですね。
どんなお料理になるのだろう?
近くならおすそ分けにいけるのになぁ。
カツオ、すごいよね。
初めてわら焼きを体験しました。

☆らぴ~♪さんへ
生のカツオの刺身を食べたことがないなんてもったいない!!!
ワタシも高知で初めて食べたけど、生はとろけるような味わいでおいしいの!
新鮮なら生がオススメだよ。
自然の恵みにかんぱーい。

☆ペンギンブルーさんへ
マジレスうれしいです(^^)
そう、実生活ではきっとペンギンブルーさんとは出会わなかったよね。
ブログだから距離なんて関係なく交流できるもん。
でも、マジ交流ができたらもっと素敵。
会いたいね~。
ゆずジュース送るよ~。

☆いろりんさんへ
なんて素敵なコメント!
うんうん。トトロやまっくろくろすけに会えるかもしれないね。
夏は縁側でスイカ食べて、冬は日向ぼっこして、本当にワタシもこんな環境を与えてくれる曾祖母に感謝です。

☆araiaさんへ
そうそう。肉体的にはきついところもあるけど、だからこそカラダにいいと思うなぁ。
現代で普通に生活してたら便利商品に頼ってばかりでカラダも頭もなまりっぱなし。
茨城しゅっしんですか。
農業王国ですね。

☆reireinへ
お。だいぶ落ち着いてきましたか?
全然遊びに行けてなくてごめんね。
うん。今から行くよ!
楽しみだな。
こんどそちらへ変えるときはお邪魔させてもらいます。

☆@みかづきさんへ
そうなの。筋肉痛だか関節痛だかトゲの痛みだかわかんない全身の痛みで3日間はだるかった(笑)
@みかづきさんのおばあちゃんのお家もこういう家なのね。
母屋なんて響きは田舎特有だもの。

☆りんりんママへ
でた!馬路村!
丁度この収穫の日に馬路村で「ゆず祭り」なんてのんきなイベントをしてて観光客が何万と来たらしい。あの田舎に!
そんなにゆずがめずらしいなら、うちへくればなんぼでも体験させてあげるのに!なんてボヤキながら作業してました。
馬路村のポン酢、高いけどおいしいよね。
でも、家庭でつくれるよ。
今度会うときにゆの酢をあげるよ。
レシピつきで。

☆ayanoさんへ
あ、こちらも馬路村のポン酢。
ayanoさんはおいしいもの知ってるなぁ。
りんりんママのところでも書いたけど、以外に簡単にぽん酢ってつくれるから今はもっぱら自家製のゆずぽんです。
うちも最近果実系が増えてるよ。
野放し。野放しすぎて野生猿の標的です。怖いよー。
2006/11/07 11:46URL | うっちゃん[ 編集]

いくいく~!!
すっかり話題に乗り遅れちまいましたが、わたしも行きますよ!!
鰹のたたきと薪風呂のために!・・・いやいや、ゆずの収穫ね。
お疲れさまでした。

大豊町なら高知へ行くときの通り道。
うっちゃんは愛媛出身なんだ。確かに
高知とは全然違うね。
わたしもいつも行ってる愛媛の定宿で
裏のおばあちゃんちのゆずを採るのを手伝ったとき、
初めて棘があるのを知りました。
1本の木なんだけど高くて
普通のはさみで取ったりしてたから
大変だった。
わたしも高知へ行くと、ゆず酢を買ってきます。
ポン酢はたくさんあるけどゆずだけのはなかなかないよね。
でもあれが一番おいしい。
風味があってなんにでも合うし、大好きです。
2006/11/08 09:57URL | 圭[ 編集]

圭さんへ
おっと、新たな人材発見(笑)
圭さんって愛媛にも旅にでるのね。
もしかして四国フリーク?(^^)
愛媛のどの辺を行くのだろう?
愛媛でもゆずを作ってるのね。愛媛県人のワタシも知らなかった。
ワタシは工業地帯出身なの。どのへんかわかるかな?
ところで、ゆの酢も買うなんてかなりの高知通ですな。
きっと住んでる私より詳しいかも。
圭さんと高知を歩くと楽しいかも♪

2006/11/09 13:28URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。