大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








もりのなか


もりのなか もりのなか
マリー・ホール・エッツ、まさき るりこ 他 (1963/12)
福音館書店

この商品の詳細を見る


この絵本、白黒なんですよね。
白黒の絵本なんて現代のコドモにウケるのかしら?
なんて思いながらページをめくりました。
「ぼくは、かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを
もって、もりへ さんぽにでかけました。」
あら、不思議。この始めの2ページでなんと私達親子は
物語の中へ引きずりこまれました。
「どうしてかみのぼうしなの?らっぱがいるの?」

であう動物達と散歩にでるのだけど
その動物達が散歩にでかけるのが当たり前のようなそぶり。
そして、動物達は必ず何か準備をする。
ライオンなんて鬣をくしでとかすし
ぞうはセーターをきるし・・・。
なんとなくあどけないそぶりの動物達がかわいいです。
どの動物達もなにか一つモノをもって出かけるのも
「どうしてー?」って息子も笑ってます。
でも、なにも言わないうさぎがいたりして、
ちょっとお話のアクセントになってます。
もう、まさに幼児の空想の世界です。
ゴッコ遊びの中にはいったようなお話です。

最後にパパが迎えに来てお話は終わっちゃうんですが
このパパの存在が特別ですね。
大人が来て、子供の空想の遊びは終わって現実に呼び戻される。
このもりのなかへはコドモしか入れないんだって思うと楽しくなります。
ちょっとスリルのある冒険の後は、お父さんのモトへしっかりと帰れる安心感。
そしてコドモがしてきた不思議な体験を受け入れ
次への夢を与えてくれるとてもすばらしいお父さん。
いい余韻を味わえます。

読み終えると、不思議。
目を閉じると絵本のページに色がついています。
もりへ行きたくなりませんか?
こんな不思議な世界があるのかもしれません。
森へ探検へ・・・。


CIMG0918.jpg


お山のひばあちゃんの家の裏。
不気味で不思議な探検だったね。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄10⁄16 13:23 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(10) trackback(0)
▲pagetop












コメント


え?おばあちゃんの家の裏?
あらまあ!今帰省中かなんかかしら?
それとも、家の近くに、そんな、森?山?があるの???
だとしたら、すごい、子供にとって、いい環境なのねえ。
うちも、田舎だから、横に、川はあるんだけど・・・
絵本、森の散歩がテーマだからって、それを、
即実体験できる、環境&うっちゃんの行動力に、
いつも、頭が下がります。
子供ちゃん。幸せだねえ。
2006/10/16 14:00URL | がみがみかーこ[ 編集]

気になる絵本
この絵本、何歳くらいから興味持った?
いろりん、もう4歳だからいいかなぁ?
絵が白黒だから難しそうに感じちゃって・・・。
読み終わった後、目を閉じるとイラストがカラーになってるなんて、
なんだかすばらしい表現だわっ♪ やっぱ欲しいwww
2006/10/16 14:19URL | いろりん[ 編集]


森の独特の不思議な感じが出ている絵本ですよね。ぐんぐん惹きこまれて夢からさめたような読後感がくせになりそうな絵本。
私も好きな一冊です。それにしてもひばあちゃんの家の裏にこんな冒険にぴったりの森があるなんて素敵ですね。
2006/10/16 21:35URL | 京女。[ 編集]


うっちゃん、こんばんわ。
この絵本、図書館で読んだことがあります。
っていっても、となりで子供にうるさく言われて、
途中で中断して、そのままになってしまってた絵本です。
うっちゃんの紹介で思い出して、また読みたくなりました。
今度、借りてきまーす。

森があるなんて...うらやましいです。
2006/10/16 23:18URL | ペンギンブルー[ 編集]


まぁ、なんてタイムリー。
土曜のETV特集で、椎名さんがこの絵本のこと語っていて、わたしも大好き!と思っていたところでした。
上の娘とよく「もりのなか」ごっこしましたよ~。
ラッパもって、わたしのさんぽについてきてって言うの。
今読み返すと、また違う意味でしみじみ感じてしまう絵本だな~と・・・書いてきたところでした(笑)
読み終わると色がついてる!ほんとにそうですね♪
2006/10/16 23:57URL | フラニー[ 編集]

空想の世界
本好きの息子は、あさるように本を読んでますが、やっぱり空想の世界にいってるのかなぁ。私も小さい頃から本好きで、やっぱりトリップしてましたから。
子供しかはいれない森っていうの、子供のときに読むと、「大人は入れないんだぁ」ってワクワクして、大人になって読むとちょっぴり寂しかったりしませんか??
ワタシモ イッショニ モリニ ハイリタイ
2006/10/17 00:55URL | @みかづき[ 編集]

コメントありがとう♪
☆がみがみかーこさんへ
いえ、おばあちゃんの家は山の中なのよ。
だから、特別森の中へ行くわけでもないの。
森の絵本だから森へっていうことはできるんだけど
おひさまパンの絵本を読んだからっておひさまパンは焼けないうっちゃんなのだ。
それより、そちらの料理や記事のほうがワタシのハートにビンビンきてますよん。

☆いろりんさんへ
そうだよね。白黒だから難しそうに感じるよね。
ワタシもそう思ってた。
うちの息子は最近読み始めたのだけど
文章は3歳くらいから十分楽しめます。
これ、買い!だと思います。

☆京女。さんへ
そうそう!夢から覚めたような読後感!ありますね。
なんともいえない心地よい余韻です。
この読後感は大人だけのものかもしれませんね。
当のコドモは楽しいお話のほうに興味がいっているような気がします。

☆ペンギンブルーさんへ
コドモと図書館へ出かけるとゆっくり本を選ぶのは難しいですよね。
とくに絵本のコーナーではコドモもテンションが上がって、
しかもあちらこちらから引っ張り出してきたりで
本当に大変な目にあいます。
もりは実はうちの裏にもあるんですよ。
フフフ。これは次回にアップします。

☆フラニーさんへ
ちょうど今フラニーさんのところで記事を読んで帰ってきたところにフラニーさんからコメントが入っててびっくり。
同じ時間にお互いのページにいたんですね。奇遇です。
土曜だったんですね。
てっきり昨日か今日のテレビかと思ってました。
でも、どちらにしても手遅れ・・・。
フラニーさんのこの絵本への想いも読みました。
ラッパをもってさんぽへでかけたんですね。

☆@みかづきさんへ
このもりはぜったい大人は入れないんですよね。
あのお父さんがそう暗示してますもの。
だから大人が読むと妙に浸ってしまう。
こんなもりにはいってみたいですよね。
イッショニ モリヘ デカケマセンカ
2006/10/17 02:17URL | うっちゃん[ 編集]

もりへ。。。
すっごく素敵な表現~~!!
>読み終えると、不思議。
>目を閉じると絵本のページに色がついています。
>もりへ行きたくなりませんか?

さすが、うっちゃん!!
うっちゃんには伝える力がある。
いつも尊敬してるの!!
すごいなーーって。
絵本に対する思いが深いなって思う。
その思いがすっごく伝わってきたよ!!
この絵本、大好きなんだねっ!

で、早速、
恥ずかしながら。。。TBさせて~~
2006/10/17 04:20URL | あき[ 編集]

もりのなか
 うっちゃん、今日は! 
 そう、この絵本は不思議な魅力が有りますね。としか私は上手く言えないのだけど、うっちゃんの表現力は素晴らしい!本が益々読みたくなっちゃいます。
 子供は色は関係無いみたいですね。白黒だと言う事と、的確な文章力が返ってストーリーに入って行けるみたいですね。
2006/10/17 10:27URL | ももっち[ 編集]

コメントありがとう♪
☆あきさんへ
いやもう恥ずかしい。
深夜に文章を書くと妙にロマンチックになってしまうの・・・v-402
あきさんだって絵本の紹介文はすばらしいよ。
絵本のよさがビンビン伝わってくるもの。
同じ絵本でもあきさんとワタシでは受け取り方も違ってて「やられた!」って思うことが多かったりして(^^)
TBがっちり受け取ったよー。
こっちからも送るからね。

☆ももっちさんへ
うまくいえないなんて言ってますが、
「白黒だと言う事と、的確な文章力が返ってストーリーに入って行けるみたいですね」なんて驚くコメントです。
ついつい文章が長くなってしまうのがいつも反省点です。
ももっちさんが言われるように不思議な魅力がありますね。
2006/10/17 12:01URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。