大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ペレのあたらしいふく


ペレのあたらしいふく ペレのあたらしいふく
エルサ・ベスコフ、おのでら ゆりこ 他 (1976/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る


今週息子が保育園から借りてきたのがこの絵本。
あら、昆虫シリーズはもういいの?
「ママが好きそうな絵本を選んだ
ナイス

ペレはひつじをじぶんひとりで世話をしています。
自分の服が小さくなったから、じぶんの羊の毛を刈り
いろんな人の手助けを受けながら洋服を完成させていきます。
毛をすくのはおばあちゃん。
毛を紡ぐのはもうひとりのおばあちゃん。
織るのはお母さん・・・。
でも、ただ単に作ってもらっているのではありません。
作ってもらうの変わりに労働条件を言われます。
それを苦にもせずこなすペレの姿はすばらしいです。

この絵本を読んで感じることは「モノのありがたさ」
モノがあふれる現代の私達に教えられるものがたくさん。
欲しいモノがあるときはきちんと代償が必要だということ。
一つのものが出来上がるまでに、
たくさんの人の手がかかっているということ。
この絵本で服が一着できるまでの工程を
息子は初めて見ました。

ペレのように自分の羊から自分の服ができたら素敵ですね。
きっとペレはそのことが自信につながり
仕事への責任感が強くなっていくことでしょう。
昔の人はこうやって教育してたのでしょう。

自然豊かな背景に、穏やかな人たちの表情。
とてもスローな気持ちになります。

機織がでてきたので、息子は「おおー」といいました。
機織しててよかった。

←ポチっと応援お願いします

<昨夜読んだ絵本>
ペレのあたらしいふく ペレのあたらしいふく
エルサ・ベスコフ、おのでら ゆりこ 他 (1976/02)
福音館書店

へんしんオバケ へんしんオバケ
あきやま ただし (2006/06)
金の星社

しかけ絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん しかけ絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん
アニタ ジェラーム、サム マクブラットニィ 他 (1999/08)
評論社

↑最近はこのしかけ絵本がお気に入り。けど仕掛けに熱中でお話なんてそっちのけ。ああっ!破れた!ちょっと。高かったんですよ。これ。
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄10⁄15 01:20 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(17) trackback(0)
▲pagetop












コメント


やさしい息子ちゃん!!
ママの好きそうな絵本を借りてくるなんて・・・!!
なんて優しいのーーーー!!!
感動した~><

この絵本、とっても素敵な絵本ね。
素朴で、それでいて、
生きるということ、
生活するということ、
いろいろなことを教えてくれる。

昔のように自分達でいろいろ作りあげていた時代は、それぞれがしっかりとした思いを持って、生活していたのだろうね。
子どもも働き手。
「働かざるもの食うべからず」って、このことよね(笑)
自由で便利は それでいいことだけど、大切なものを見失っては、
その意味がなくなってしまう。
昔の人たちが作り上げた知恵があるからこそ、今の時代があるのだから。
それをちゃんと、理解させてあげなきゃな~って思う!

羊を育て、毛を刈り、糸を作って、服ができる。
そんな過程を身をもって体験できるのって、今の時代では、かなり貴重!
ものを大切にする心も、自然に芽生えるね。

今の子育てが難しいのは、きっと、こういう体験が なかなかできないからなのよね。
便利な生活って、いいようで、悪いようで・・・。
親として、
しっかり子どもの心を育てていかないとね・・・!!
2006/10/15 03:42URL | あき[ 編集]

理想の自給自足生活
うっちゃん、おじゃましまぁす♪
なんだか、いろんなことを考えさせてくれる絵本ですよね。
働く意味。
本来、あるべき姿。
循環。
自分に照らし合わせて、本当にいろいろ考えてしまう。

今のブログね、親友が海外へ引っ越してしまう時に言ってくれた一言で、始めたんです。
「社会貢献」についての一言でした。
自分にできることはナンだろう??ってすごく考えました。
仕事と、育児と家事と両立しながらできること。
なんだかもやもやしている時期にピッタリの言葉をもらい―そしてできたのが、今のブログです。
話・・逸れてるね?
すんません。
それくらい、私にとっては考えちゃう作品なのでした^^;

【絵本日和】のご紹介文ですが、書き直してみました!
改めて、ご確認をお願いします。
URLをクリックしてもらうと「読み聞かせ関連サイト様」へ飛びます。
お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。
2006/10/15 09:27URL | わかな[ 編集]


モノのありがたさ、本当に教えていきたいことですよね。
現実には難しくってやきもきすることもあるけど・・・
まずは親の自分が無駄なことをしない手本を見せるしかない!
。。。と言っても、ただのケチケチおばばになっていそうだけど(笑)

仕掛け絵本、子供が喜ぶことは判ってるけど
破れたりするのは難点ですよね~

2006/10/15 09:30URL | まぴママ[ 編集]


中学生くらいの時かな、初めて編み物をした時の感動を思い出しちゃった。
線が面になる、一本の糸がセーターなんかの着るものになっていくのって、あぁ昔から人はこういうふうに、糸を織ったり編んだりしてたんだなーって、なんだか古代からの人の営みを感じて感動したことを覚えてます。

自分の飼っている羊で糸から作る、モノができるまでにはいろんな手間ひまが必要・・・そういうことって、今の時代なかなか子どもに教えられないよね。
というか自分でも普段忘れて暮らしてたりします。
・・・反省、そして、がんばろー。
2006/10/15 10:03URL | ayano[ 編集]

機織りまで!?
機織りって、あのあれ?キーコキーこって、カタカタするやつ!(わかるか!v-359)何かを、手作りしてあげると、すっご~くお子達喜ぶよね。かーこも、なんにも作り物は出来ないド下手だけど、マフラー、子供達に作ったら、こっちが恥かしくなるくらい喜んでくれたわ。
息子チン優しいねえ。うっちゃんの趣味を理解してるところも、さすがだぜい!将来女子にプレゼント選ぶ時も、喜ぶものをチョイスしそう♪花束よりネックレス!言葉より指輪?(あ!ゴメン。嫌な想像を・・・)まだ、布団に入ってくれる息子ちゃん最高だぜーーーいかすぜーー
うちも、キムチピラフで、若、昨日は、延々かーこのビールと愚痴に、つき合わせてやった!ブブ
2006/10/15 13:42URL | がみがみかーこ[ 編集]


私もこの絵本を読んだとき、何かを手に入れるのはとても大変だけど、その分愛着もわくし、大切にしたいという気持ちも生まれるのだなぁと学びましたよ。
この絵本もそうですが、もぐらとずぼんのお話も同じように自分で作り上げていくお話。何でも簡単に手に入る今の子供たちには読んで欲しい絵本ですよね。
TB貼らせてね。
2006/10/15 16:40URL | 京女。[ 編集]


作り上げることって買うのとは違う感動があるよね・・・だから私も少しずつだけど、上手下手じゃなくてってところに救われながら作品作ってるわけで・・・

物を大切にする心を育てるのにとってもいいね。
「ヒツジを育てて~」ってところからは無理なので、せめて毛を刈ったり、糸をつむいだりってことはやらせてみたいわ。

2006/10/15 17:16URL | @みかづき[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/15 21:33 | [ 編集]


私も大好き、この絵本。
というか、ベスコフの絵本はどれも好き。
素朴なおはなしが多いし、さすが北欧らしく妖精もよく登場するんですよね。
おまけに絵が綺麗だしね。
そうそう、いままでうっちゃんが紹介してきた絵本たちとは少しカラーが違うから珍しいな、って思ったら、本来うっちゃんが好きな絵本ってこういうのだったのね。
いつもは息子くんの好みの絵本だったのか。
でも息子くんも新たな分野を開拓できたし、これから読める絵本の幅も広がるわね。
2006/10/15 22:06URL | ひろのしん[ 編集]


この本、以前どなたかのブログで見たときもすごく興味をもったんですけどね。うっちゃんの記事を読んでまたまた納得。ゆったりした時間の流れを感じられそうな本ですね。
息子さんがママがすきそうだって借りてくるってところにも感動しました。うっちゃんの子育てが垣間見れたようで。。
2006/10/15 22:17URL | まつりか[ 編集]


わたしもこの絵本好きです。というか、
やっぱりベスコフ好きかも。(ひろのしんさんと一緒でーす!)
一番最初に出会ったのが『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』だったのだけど、3人のおばさんシリーズも、アニカも・・・その他たくさん、お気に入りですよ~。
子のシュミと母のシュミの違いは日々実感しつつも、
子がいるからこその楽しみも増えますね!
息子くん、優しくってうっちゃん思いだなぁ(^o^)/

それにしても、「どんなにきみがすきだか・・・」にしかけ絵本があるなんて、知らなかった!
これ、ずーっと昔のホワイトデーに夫にもらってしまいました(ハズカシー^^;)

2006/10/16 00:09URL | フラニー[ 編集]


『ものを大切にする心』
最近のうちのテーマでした。物がありふれてるこの環境で、娘にどう伝えたらいいかパパと話してました。ぜひこの本を娘と読んで見たいと思います!!おばけパーティ早速娘に読んでみました。とっても楽しい絵本ですね(^^♪
息子さん、ママの趣味どんぴしゃ当ててすごいですねv-63


2006/10/16 00:23URL | ルーリーママ[ 編集]


はーい、私も私もべスコフ大好きです♪
もうこの絵にめろめろです…
前にひろのしんさんのところでもコメントしたような気がするけど
労働の対価として得られるっていうテーマ
べスコフ作品にはよく登場すると思います
今の子どもたちにはすごく大切なことですよね

モノのありがたさ、大切さも大事だけど
ママの気持ちを大切にしてる息子さんもステキです
えらいぞ~って頭ぐるぐるなでたいです!
2006/10/16 00:36URL | maruko[ 編集]

こんにちは♪
私もこの本大好きなの!
物を作るってこういうことよねと教えてくれます。
(物を得ると言うこともね。)

昔、田舎の納屋に機織があってね、どうやるんだろうって眺めてたのを思い出します。
母が時間ができたら機織がしたいって言っててピカピカの織機を買ってあげようとか思ってたなぁ(笑)
納屋にあったのはすっごくふる~い物だったから。
懐かしくて暖かい思い出です。
2006/10/16 09:01URL | riko_pot[ 編集]


「もったいないばあさん」の時も感じたけど、うっちゃんは「大事にする」ってことを大事にしてるよね。尊敬しちゃうな。なんか、息子くんがママの好きそうなのを選んでくるっていう、そういう性格であるのが納得できちゃう。大事に育てられてきたんだなって。
大事にするってのは、対象を丁寧に見つめることだもんね。うっちゃんの記事が繊細で奥行きがあるのも頷ける。

よさそうな本だよね。見てみます!
2006/10/16 10:09URL | araia[ 編集]

ほーーー
うっちゃん、こんにちは

息子ちゃんのセレクトすごーーい
息子ちゃんくらいの年齢になるとそんな泣けそうなセリフ言ってくれるようになるんだねー
まずそれにビックリ!
そしてひつじの毛から作る?“ひつじ!!!”
そこに食いつきました・爆笑
それから今のモノが豊かな時代に考えなきゃならないこと!子どもに教えたいこと!
“ものを大事にすること”だね。
いい絵本♪今度探してみます。
ああ、読みたい絵本リストがあふれてしまっておいつかないいいいい***ヾ(≧∇≦)ノ"***
嬉しいことだけどね。
2006/10/16 12:15URL | らぴ~♪[ 編集]

コメントありがとう♪
☆あきさんへ
そう!ずばりあきさんが私の言いたかったことを全部言ってくれてる。
さすが。
どうもワタシは文章にするのが下手で・・・(^^;)
確かにこういう体験ができない世の中だよね。
でも、一昔前は体験なんて生半可なことではなくて
死活問題だったんだよね。
今は実際体験できないけれど、こうやって絵本のなかで体験できる。
いろんな体験を絵本を通じてできたらいいよね。
親がしっかりかぁ。
あきさんみたいにね♪

☆わかなさんへ
わかなさんにとって、とても大切な絵本なんですね。
「社会貢献」かぁ。
自分にできること。そういうの自分で考えたことなかったです。
わかなさんと知り合えたきっかけをつくってくれたブログのその誕生のきっかけはこの絵本なんですね。
そしたら、ワタシにとっても大切な絵本です♪

ブログの紹介文読みました。
本当にうれしいです。ありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。

☆ayanoさんへ
線が面になるんだよね。編み物って。
古代からの営み・・・奥が深いねぇ。
ワタシもモノの価値なんて忘れて生活してるもの。
ああ、ダメだダメだと思っても、すぐ元通りになってる。
モノができていく過程を編み物で知るのもいいね。
息子にやらせるか?

☆@みかづきさんへ
確かに!羊を飼うところは無理(笑)
そして毛を刈るのも無理では・・・?(笑)
でも、糸を紡ぐというのは憧れがあったりして(^^)
@みかづきさんの作品は好きですよ。
以前チャキチャキ系って言ってましたが
作品は優しい雰囲気のものがおおくて
@みかづきさんの人柄を忍ばせます。
キルトも素敵だったー。

☆がみがみかーこさんへ
フフフ。やっぱり若様とラブラブタイムだったのね。
かーこさんの愚痴に付き合ってくれるなんてやさしいご子息だね。
うちの息子もね、やさしいよ(のろけ)
将来お金持ちになったら、ワタシに化石を買ってくれるんだって。
ほとんど自分の趣味。
けど、楽しみです。
機織はそれだよー。ギコギコ バッタン。

☆京女。さんへ
もぐらとずぼんは未読なんですが、他の方も紹介されててとても読みたい本です。
何でも手に入る時代だからこそ読んでもらいたい絵本。まさにその通りです。
TBうれしいです。
こちらからも送りますのでお願いします。

☆ひろのしんさんへ
へぇ。妖精。まあ、ワタシ好み。
実はベスコフの絵本なんて始めて読んだんですよ。
けれど、これは素敵な絵本ですね。
なにより絵がきれいでホンワカさせてもらいました。
ベスコフワールドへ出発いたします。

☆まつりかさんへ
いえ。垣間見ないでください(恥)
次は「そうべえ まっくろけのけ」を狙ってるらしいです。
毎回どんな絵本を借りてくるのか楽しみです。
この絵本に出てくる子供が素直なんです。
見習いたいです。

☆フラニーさんへ
キャー!キャー!フラニーさん!
ワタシまで赤面になってしまいました。
そんな絵本で気持ちを伝えてくれるなんて
素敵な旦那様ですね。
うちの夫なんて書店に配属になるまで絵本については無知でしたよ。
あ、ベスコフワールドだ。
今出発しましたので、先でまっててくださいね。

☆ルーリーママさんへ
わぁ。おばけパーティをさっそく読んだんですね。
あれはおもしろいですよね。
そうやって言ってもらえるとうれしいです。
ものを大切にする心って伝えるのが難しいですね。
何より自分がそうでなければ・・・。ね(^^;)

☆marukoさんへ
あ、こちらもベスコフワールド(^^)
そんなに素敵なのね。
もう、出発しましたので前進するのみ。
労働対価がテーマかぁ。深いですね。
・・・。息子。どうぞぐりぐりしてください(笑)
お待ちしております。

☆riko_pot さんへ
そうだよね。riko_pot さんはものづくりが好きな方だもの、
こういう絵本はグっときますよね。
それにしても納屋に古い機織があるなんて
とっても魅力的なんですが!
新しいのもいいですが、どうにかその古いのを復活して欲しいです。
一度織りに行きたいなぁ。

☆araiaさんへ
いや。尊敬だなんて。オーバーな。
大事にするってのは、対象を丁寧に見つめること
↑ ↑ ↑ ↑
こういう考え方ができるaraiaさんのほうがよっぽどすばらしい人間だとおもうよ。
洞察力はaraiaさんには負けるなぁ。
それに息子の観察力も負けます。
見習いたいところはいっぱいです。

☆らぴ~♪さんへ
そう。読みたい絵本リストだけが増えて追いつかない!
うれしい悲鳴だよね。
この絵本をはじめ読んだときは
「ひつじの毛をなんで刈るのさ?」という息子の反応がおもしろかったよ。
かわいそうって思ったみたい。
本当にじんわりいい絵本です。おすすめです。
2006/10/17 04:23URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。