大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ねずみくんとシーソー


ねずみくんとシーソー ねずみくんとシーソー
上野 紀子、なかえ よしを 他 (2006/09)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


ねずみくんシリーズの最新刊です。
これは先日の運動会で息子が1番になったご褒美に
パパがプレゼントしてくれたものです。
(本当は2番なんだけどね・・・^^;)

ねずみくんはぞうさんとシーソーをします。
当然おおきなぞうさん相手ではびくとも動きません。
そこで、ねずみくんはお友達を呼びます。
「ねずみくんのお友達 みんな集まってー」
ねみちゃん、ぶたくん、あひるくん・・・・
次々お友達がやってきても動かない。
最後にクマさんが来た!
もうシーソーは満員!!もう少しで動きそうなんだけど動かない。
「ぼくのおともだちは もういない
もう ダメだー」
その言葉にぞうさんは悲しくなります。
「ぼくだって おともだちなのに」
そこで、ぞうさんは長いお鼻をねずみくん側へ伸ばしてチョン。
やっとシーソーは動きました。

今回は友情がテーマなんでしょうね。
ぞうさんの悲しそうな表情を見て、
息子自身がマユをひそめていました。
ぞうさんの気持ちが少しわかる息子です。

息子は2学期になってから、友達関係で悩んでいたようです。
先生からも先月の中ごろに息子が荒れていると言われました。
朝も晩も保育園に行きたくないと泣いていました。
「甘えているんだろうか?」と悩んでいましたが
夫が「もっと話を聞いてやろう」というので、
しばらく様子を見ていました。

理由は「大好きなお友達が他の子と遊ぶようになった」
「そのことを周りのお友達があきらめろという」
「だからといって他のグループには入れない」という趣旨。
「いつも一人ぼっちであそんでいる」と
いわれた日には胸が痛みました。

けれど、最近明るくなった息子。
大好きなお友達が少し遊んでくれるようになったらしい。
そして、他のグループの子たちと昨日
「今までごめん 仲間になろう」と言い合ったらしい。
今日は5人分のお手紙を書いてルンルン♪登園しました。
内容は「なかまに なれたね」です。



←ポチっと応援お願いします

<昨夜読んだ絵本>
うんち したのは だれよ! うんち したのは だれよ!
ヴォルフ エールブルッフ、ヴェルナー ホルツヴァルト 他 (1993/11)
偕成社

しかけ絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん しかけ絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん
アニタ ジェラーム、サム マクブラットニィ 他 (1999/08)
評論社



ピンポ??ン♪
わぁぁぁ
「まっくろ ネリノ」が届いた???
まっくろネリノ まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他 (1973/01)
偕成社
スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄10⁄11 13:11 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(17) trackback(0)
▲pagetop












コメント



年中さんって、お友達関係がだんだんと複雑になってくるよね。それは、人と関わって遊ぶという人間関係を築き始めたってことなんだろうけどね。女の子はもっとシビアよ。娘もあまりたくさんのお友達はいないようで、よく一人で遊んだりしてます。。
園がつまらないって言うことも良くあるけど、行きたくないとは言わないので、見守ってます(だいじょうぶだろうか・・・)
息子くん、お友達と復活できて良かったね。男の子はあっさりしてるから、いいよね(女の子はこういうとき恐いよ~、あはは)
2006/10/11 13:44URL | @みかづき[ 編集]

ちょっき
ねずみくんシリーズは、チョッキしか持ってないのですが、一ページごとの絵がなんともいい感じで好きです。このシーソーも、そうなのかなぁ。
息子さん、ご褒美に絵本を催促なんて、ほんと、絵本好きなんですねっ☆

保育所でのこと、むすこさんは、ちゃんとお父さん、お母さんにお話できてすごいなぁ~と、感心しました。
きっと、泣いている我が子を置いて、仕事に向かう時の後ろ髪を引かれる思いったら 辛いですよね。うっちゃんも 自分ではどうにもできないせつなさを、息子さんに感じさせないなんてすごいと思います。(私は反省点でした)
子供達は 兄弟の様に毎日を共に生活しているんですものね。みんなで解決した子供達。
ひとまわり大きく感じる瞬間ですね。
きっと、息子さんはこの先、絶対自分が感じた辛さを 他人に向ける子供にはならないと思います。
2006/10/11 16:32URL | こるく[ 編集]

思い出しちゃう(涙)
うっちゃん、切ないお話ね。
ウチの場合、長男はある日いきなり寝る前に「ほいくえん、辞めたいな」ってポツリ。
驚いて一瞬言葉をなくしたけれど、問うてみると今まで我慢していた言葉があふれ出して。
泣きながら話してくれました。
それからが大変(笑)
1学年1クラスなので、ずっと一緒に育ってきたクラスメイトたち(長男は5年保育でした)、私だって他の子たちが可愛くてたまらない。憎めないから悩んで、悩んで。
親同士、クラス全員で話し合っちゃいましたよ。
子どもにいじめている感覚はない。
だけど、集団で調子に乗っていたことと、それが続いてしまったこと。更には、長男がナイーブ過ぎました。
話し合ったことで結果、クラスはガッチリ団結しました。
担任保育士さんが、若いけど優しく強い人(男性)だったから、できたことでした。
そのままのメンバーで年長へ進級、卒園。
来月同窓会で、私が幹事です^^

年中時代は、友だち関係一番あるね。
親も辛いけど、「あんたは私が守る!」っていう姿勢見せなきゃね☆
息子ちゃん、がんばれ~~~~♪♪♪
2006/10/11 20:24URL | わかな[ 編集]

なんだか私まで・・・
うっちゃんの息子くんが一人寂しく遊んでいる姿。
パパとママに打ち明けている様子を想像すると、私まで涙がv-406
私も小・中学生の頃、友人関係に何度か悩みましたが本当につらいんですよね。
パパとママも胸を締め付けられる想いだったのでしょうね。お察しします。
でも仲直り出来たこと、ほかのお友達との交流はきっと息子くんにとって大きな自信になったのでしょうね。
こんなステキなパパとママの子供だもの☆
きっとステキなお友達がもっともっと出来るんだろうなv-344
ネズミくんとゾウくんのようにv-290
2006/10/11 21:33URL | イオママ[ 編集]


はじめまして☆ランキングから遊びにきました。
5歳(年中)と3歳(年少)の兄妹がいます。
今更ながら、絵本の読み聞かせを始めたもので
絵本のことを紹介しているブログを探してたどり着きました。
今年から保育園へ通うようになって
ようやく絵本を読んでもらう、ということを覚えてくれたんです。
今までは読んであげようにも全然聞いてくれなくて・・・
なので、寝る前の1冊は最低でも読んであげようと親子揃って楽しみはじめました。
うっちゃんさんの紹介する本を図書館で探してこようと思っています。
すぐ見つけられるかどうかが問題ですが(笑)

うちの息子もお友達とのトラブル密かにありそうです・・・
自分から誘ったり、元気に声をかけたりできないタイプで
かなり引っ込み思案&照れ屋な性格なんですよね~
明後日は個人懇談があるので、その辺の様子を聞いてこようと思っているところです。
たった一人でもいい、仲良しさんができるって大切なことですよね。

長々とごめんなさいっv-393
また遊びにきまーす☆
2006/10/11 23:24URL | まぴママ[ 編集]


切なかったお友達関係のことも、パパやうっちゃんがしっかり受け止めてくれるとわかっているから、ちゃんとお話してくれたのね・・・きっと。
うっちゃんご夫婦もすてきだし、息子くんもよくがんばったなぁ(涙)
お手紙5人分が、うれしさを物語ってますね♪
うちも、上の娘で何度もあったけれど、
一つずつクリアしていきながら、そのたびに少しずつ強くなっていく気がしますよ~。
親は歯がゆくても、しっかり見守ってあげることしかできないけどね。
でもがんばってほしいよね。
保育園に楽しくいけるようになって、ほんとにヨカッタ!

そして・・・お~、ネリノ、届いたんですね~!(^o^)v
2006/10/11 23:36URL | フラニー[ 編集]


ねずみくんシリーズは自分が小さい頃にちょっきを読んで今だに覚えてる数少ない思い出の絵本です。ちょっきはいずれ息子に買いたいなーと思ってるのですがこちらも面白そうですね。
息子さんルンルンで幼稚園にいけるようになってよかったですね。小さくても色々と悩んで自分でがんばって立ち向かっていく姿 同じ母としてはなんだかうれしいようなかなしいような。こうやってどんどん親からはなれて成長していくんですね
うっちゃんさんも心配だったでしょ。
2006/10/12 00:03URL | ウータン[ 編集]

またまた後悔
先日本屋さんでこの絵本を読みましたv-222
可愛いお話ですよねv-238
なぜか購入しなかったけど、こうみると、ほしくなってしまうのが悪い癖v-388

お友達関係でいろいろと悩む年頃なのですね。
うちの三歳児の三女はついおととい、逆にクラスのお友達に意地悪をして、泣かせてしまったそうです。
次女がそれを見ていたので、次女から聞いたんですけど、三女は友達に、
「あなたと遊ぶの飽きたから遊ばない。」
と言って仲間ハズレにしたというのです。
わたしはとても胸がしめつけられる思いがしました。
それは先日、三女が次女に言われた言葉。
それを友達に言ったらしいのです。
わたしは三女に悲しい気持ちを伝えましたが、一応、そのこのお母さんにも謝りました。
1番下なので、いいことも悪いことも何でも覚えてしまうのが悩むところです。
加害者にも被害者にもなってほしくないとおもいました。
2006/10/12 04:08URL | アテナ[ 編集]


私もこのシリーズはチョッキしかもってないわー。
最新刊ちゃんとでてるのね~。知らなかったぁ。
ほのぼのしてるこのイラストがすきです(^^)

子供の世界にもいろんなことがあるんだよね。。。
明るくなって“仲間”になれてよかったね!

2006/10/12 09:09URL | りんご[ 編集]


親になるというのは、終わりの見えない苦しい学校に入るようなものだ、と何かに書いてあったけど(苦しい学校!?)、息子くんのことでは切なかったね、でもってよく乗り越えましたね。旦那様もいい旦那様で…素敵なお父さんお母さんのもとで、きっと真っ直ぐに育っていくんだろうね、息子くん。

きっと我が家でも起こりうることなんだろうな。その時のために、学ばせていただきました!
2006/10/12 10:17URL | araia[ 編集]

コメントありがとう♪
☆@みかづきさんへ
やさしい言葉をありがとう。
そうですね。人間関係を築き始める年代なんでしょうか。
いじわるをいいたくなる年頃ともいえますね。
@みかづきさんの娘さんも一人で遊んでることがあるとなると心配でしょう?
女の子のほうがシビアなんでしょうか?
見守るのも忍耐がいりますよね。

☆こるくさんへ
いえ、自分も情緒不安定になってしまって子供に迷惑をかけたと思います。
なかなかどっしり構えていれないタイプです。
絶対自分が感じた辛さを 他人に向ける子供にはならないと思います。←これ。ワタシが言いたかったのはこれなんです。
こるくさん、ありがとう。
でも、実際そうなるとは限らないのが子供ですよね。
今回のことは子供の心にどう残っていくのか、これもまた見守りたいです。

☆わかなさんへ
やさしいことばありがとう。
わかなさんも辛い経験があったんですね。
子供の世界には悪ふざけから調子に乗りすぎて度が過ぎることがあるんですよね。
まだそういうのが理解できてないから。
こういうときターゲットになるのは、わかなさんの息子さん同様気の弱いうちの息子のようなタイプ。
わかなさんはきちんと先生や保護者の方と話し合う機会を作ってえらいです。
ワタシは先生にすら何も言えませんでした。
(これ以上なら言うつもりでしたけど)
先生や保護者の方もいいひとでよかったですね。
同窓会の幹事は大変でしょうけど、たのしいイベントになるように応援しています。

☆イオママさんへ
実はワタシも学生時代(特に小・中)と友達関係で悩むことが多かったです。
理不尽な扱いもありましたし・・・。
だからこそ息子の気持ちが痛いほど解って
気の弱い性格が遺伝したのは自分のせいじゃないかと
そんなところを責めてたりしてました。
全然ワタシは素敵な親ではありませんよー(^^;)
こんな思いを自分の子供にはさせたくないですよね。

☆まぴママさんへ
始めまして。ようこそ!です。
初めてなのに心温まるコメントありがとうございます。
うちの息子も自分から仲間に入ろうとはできないタイプです。
けど入りたい(笑)
そのジレンマに苦しんでいるようです。
懇談会でのお話はどうだったでしょう?
気になること全部お話できたでしょうか?
それからこれからもよろしくお願いします。

☆フラニーさんへ
5通のうち1通は帰ってきました(笑)
でも、そんなこと気にしてない様子です。
フラニーさんの娘さんも同じような経験が何度もあるんですね。
一つづつクリアして強くなって行ってる。
なんと心強いコメントでしょう。
きっと長い学校生活の間にこういうことはもっと起こるんですよね。
本当に歯がゆいんですが、見守るのが大事なんですよね。

☆ウータンさんへ
ワタシはねずみくんはやっぱり「チョッキ」が一番好きです。
実はほかのねずみくんは持ってるのに、「チョッキ」を持ってないんです。
ウータンさんは買うとなってもすぐには買えないのですよね。
いつもどうやって購入してるんでしょう?ネットかな?
息子のことありがとうございます。
うーたんさんの息子さんも幼稚園に行きだしたところで心配事が多いでしょう?

☆アテナさんへ
アテナさんの三女さんのようなことはうちの息子にもあります。
友達からされた仕打ちを、そのまま他のお友達にしてるんです。
自分がされて辛かったからやめておこうなんて
この年齢ではならないんですね。
きちんと三女さんに説明をされているんですもの、
これから「他の人の気持ち」を考えて行動できるようになると思います。
相手のお母さんに謝ったりするところ、お手本になりました。
ありがとう。


☆りんごさんへ
そう。なにより明るくなって楽しそうに保育園に行ってくれるのが良かった。
これまで毎朝戦争のようだったから。
子供の世界にも「なかま」ってあるんだなぁって思ったよ。
これ、最新刊だってさ。
23巻目らしい。すごいよね。

☆araiaさんへ
親になるというのは、終わりの見えない苦しい学校に入るようなものだ
す、すごい名言でございますなぁ。
いや、でも苦しい学校なんてよく言ったものだね。
「子育て・親育て」って育児は親自身が子供に育ててもらってるっていうのもあるなぁ。
なにせ、毎日勉強ってところでしょうか。
ああ、ワタシはそんな素敵な親ではないのよー。
今回はかなり気持ちも落ちてたし、夫が見守る姿勢をとったのももどかしく感じたくらいだもの。
立派な親になるための苦しい学校にいるんだね。
私達は。
2006/10/12 14:52URL | うっちゃん[ 編集]


きっと息子くんにとっては大好きな友達だったのでしょうね。大好きな友達だからこそ、ほかの子とも遊ぶのが気が引けたのかもね。
でも、大丈夫!! きっと、その子ともまた一緒にあそべるだろうし、今仲良くしてくれるお友達とも仲良しになれるはず。友達がたくさんできるよ。

ちなみに息子は年少時の友達とクラスが違うのに一番の仲良し。じゃぁ、クラスで遊ぶときは誰と遊んでいるの?と聞くと、一人といいます。
最初はガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ンと思ったのですが、息子はそれはそれでいいらしいです。クラスの友達は友達、でも一番好きなのは隣のクラスのお友達。そんな不思議な関係なのだそうです。。。
2006/10/13 00:00URL | 京女。[ 編集]


遅ればせでごめんね…今日も寝ちゃってさっき起きだしてきました
長女も年中の頃、クラスの仲良しの子と急に
遊ばなくなって
一人で遊んだり年下の子と遊んだりしてる時がありました
よくよく聞くとその仲良しさんともめてしまうのが原因で
○○ごっこで自分のやりたい役をさせてくれない
でも言われるままなのはつまらないし、もうがまんできない
でもそういうとけんかになってしまって嫌だからという理由でした
かといって今更ほかの子の仲間には入りにくいんだというようなことで
小さいながらもやはり社会なのだな…と変に感心してしまいました
結局お互い何となくまた遊ぶようになっていて
安心したのですが…

息子さん、傷ついたことでしょうね…
でもパパやママと一緒につらい経験を乗り越えたことは
きっとこれからの彼にはかけがえのない財産となると思います
それにしても、子どものことって自分のこと以上にへこむよね…
2006/10/13 02:33URL | maruko[ 編集]

そんなことが!
うっちゃん、おはよう
実家に行ってたりなんたりで今頃反応してごめんね。息子ちゃんのこういう体験って切なくなるだろうね。うちの子はまだ在宅児なんだけども来年から年中さんなのよね。
そして先日イトコの運動会に行って
似たような体験をしました。
イトコの女の子と遊んでいたらそのイトコのクラスメイトらしき女の子から娘は「こっちにこないで!」と言われたらしく涙をいっぱいに溜めて私のもとに帰ってきました。胸がキューンとなったよ。
でもこういうことは幼稚園に入ったらしょっちゅう感じることなのかもね。
息子ちゃんのことはウチの娘よりも深刻なことだったんだろうから一緒にしちゃいけないけど^^;
でも5通の手紙を抱えて楽しそうに園に通う息子ちゃん。またひと回り成長したよね。
いいエピソードだなあ~
メールばっかりの世の中、やっぱり“手紙”っていいよねぇ
2006/10/13 06:08URL | らぴ~♪[ 編集]

コメントありがとう♪
☆京女。さんへ
「ひとり」で遊んでるなんて言われたらショックですよね。
その姿を想像しただけで胸が痛んでやりきれませんよね。
けれど京女。さんの息子さんはしっかりとした信頼関係を築いていたんですね。
親からすると一人でいることが寂しいのではないのかと心配になるものですが、
子供なりに考えがあって行動しているのですよね。
子供の世界に口を出さないで置くのが一番ですが、なかなか難しいです(^^;)
おかげさまで今日は喜んで保育園に行ってくれました。
丁度私達の子ども世代は難しい時期なのかもしれませんね。

☆marukoさんへ
あ、おはようございます(笑)
こんな夜中に丁寧にコメントありがとうございます。
とてもうれしいのですが、無理をしないでくださいね。
marukoさんの娘さんもそんな時期があったのですね。
年上のお子さんをお持ちの方からはそういう経験があったというお話が多くて驚いています。
小さな子供が友達関係で悩んでるなんて見るのも辛いですね。
本当、自分のこと以上に凹みます。
娘さんは乗り越えれた。それはmarukoさんのあたたかな応援があったからですよ。
以前のバレエを習うきっかけのお話を伺って、こんな風に子供のことを考えれたらなぁって思いました。
ワタシもこのときは「他のもので打ち込めるものがあったら」って思いました。
いつもありがとう。

☆らぴ~♪さんへ
忙しいのに心温まるコメントありがとう。
娘さんが仲間はずれにされた瞬間を実際みてしまうと辛いですよね~。
かといって、よそのお子さんを責めることもできないし。
こういうとき、子供になんて言ってあげたらいいのかわかりません。
ただ、「悲しかったね」って抱きしめてあげるくらいしかできません。
幼稚園に行くようになると実際目に見えない分心配になります。
やられっぱなしも困るけど、やっていないかも心配。
子供の世界って残酷でしょう?
娘さんは来年幼稚園なんだね。
ワタシなんて2歳で託児所預けてしまったので、そうやって長くお家でお世話しているらぴ~♪さんはえらいなぁ。
あと半年間、娘さんと楽しい時間を過ごしてね。
2006/10/13 10:26URL | うっちゃん[ 編集]

切ないのはみんな同じなんだ
私もちょうどこんなことを考えてたとこ。
まだ年少だけど、一人だけで違う遊びをしてたり、女の子の友達とばっか遊んでたり、強いお友達に圧倒されたりしてる姿をみて、、このままでいいんだろうかって結構考えちゃいました。っていうか、まだ悩み中。まだ年少だからって頭ではわかってても、こんなに消極的で神経質でいいんだろうかって・・・緊張したり不安になると爪噛むんだけど、それもずーーーっと治らない。親の方が思うほど子供は気にしてないっていうし、まだ一人遊びの時期なんだろうけど、見てる方としては心痛むよね。これからはもっともっとそんな問題にぶちあたるんだ。。。私がもっとしっかりしなければ、心を強くもたなければと思いつつ、ついつい回りの情報や周囲の目に惑わされてしまう、、まだまだ親として不出来です。うちの旦那はかなり楽観思考だから、すぐ「大丈夫でしょ」で片付けちゃう。うっちゃん旦那はちゃんと子供と向き合ってあげてスゴイよ。
2006/10/13 12:29URL | まさとまなのママ[ 編集]

☆まさとまなのママへ
そうかぁ。まさとまなのママも同じなんだね。
うちの息子も同じく爪を噛むよ。気がついたらそんなしぐさをしてる。
この時期はどの爪もボロボロで、爪を切るとき切なくてたまらなかった。
せっかくの幼稚園だもの、楽しく遊んで欲しいと思うのが親心。
でも、実際の子供達って自由気ままで自由すぎてはらはらするね。
同じお友達と遊ばすにいろんなコドモと遊んで欲しいと思ったり、
一人で遊ばすに輪に入ってほしいって思ったり。
でも、全然そうはいかない。
歯がゆくってたまらない。
うちの夫も超楽観思考だよ。
それってさらに不安倍増させるんだよね。
「お父さんなんだからしっかりしてよっ!」って。
私もまだまだ悩み中。
これからの長い学校生活も無事に過ごせるんだろうか・・・。
悩みは同じだね。
また電話するね。その時吐いてすっきりしようか(笑)
ありがとう。
2006/10/14 23:14URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。