大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ぼちぼち いこか


ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか
マイク・セイラー (1980/01)
偕成社

この商品の詳細を見る

もう、笑ってしまいます。
表紙のカバの表情から笑えるでしょう?
関西弁で単純な口調で書かれているから、よけい面白い。
「ピアニストになる力は」
(ピアノが壊れて)
「ありすぎやったな」
こんなカンジで、重量級のカバがいろんな職業に
チャレンジするんだけど、全くアカン。
その失敗振りが豪快で息子もバカ笑いです。

なんでも挑戦してみるけど
全てがうまくいかない。

だから、「どないしたらええのんやろ」
「ここらでちょっとひとやすみ ぼちぼちいこか」

カバというキャラクターはなんだかオトボケキャラで
そして、おっとりとしていて癒されませんか?
また、関西弁で訳されているところがまたいいんです。

なんだか大人に読んでもらいたい絵本です。
何もかもうまくいかない時もある。
行き詰ってもがく一日もある。けど。
ね、「ぼちぼちいこか」


<昨夜読んだ絵本>誰かさんの(^m^)まねで画像アップ
 
もりのなか もりのなか
マリー・ホール・エッツ、まさき るりこ 他 (1963/12)
福音館書店

また もりへ また もりへ
マリー・ホール エッツ (1969/03)
福音館書店

もりのへなそうる もりのへなそうる
やまわき ゆりこ (1971/12)
福音館書店

↑「もり」にこだわった選書ですなぁ。息子さん。

スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄09⁄22 10:55 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(15) trackback(0)
▲pagetop












コメント



うっちゃん、こんにちは。
こんな関西弁の絵本があるナンテ!!
私の一家は関西人なので(今は東京在住)これは、おもしろおかしく子供と読めそうです。
2006/09/22 11:10URL | ペンギンブルー[ 編集]


ぼちぼちっていう響きがいいよね♪
その響きにほんわかするよね☆
そしてカバっていうのがいいよね。
でもこれってもともとは外国の本だよね。
何か関西弁だからつい日本の絵本って??思ってしまいました^^;
今江さんすごいね。

森とかのテーマで絵本を選書とはかっこいい☆
考えてるね♪

2006/09/22 11:44URL | さやぽん☆[ 編集]


関西弁での翻訳って、すごい発想だね~
今江さんって関西人なんだろうか。
なんか読んでみたくなった。
うっちゃんのところ、毎日毎日“そそる”本が紹介されてて、やめられまへんよ!
2006/09/22 11:57URL | araia[ 編集]


これも立ち読みしたことあります(^^;)
読みながら思わず「うふふ」とニタニタ笑ってしまいました。
ほのぼのしますねー。
2006/09/22 15:51URL | 圭[ 編集]


そうなんですよねぇ~
絵本って子供は単純に楽しめて
大人には『はっ』とさせる本が結構ありますよねぇ~
たまにユウタと絵本を読んでいて考えさせられる事ってありますよ~
2006/09/22 16:37URL | 大の字[ 編集]


「ぼちぼちいこか」いいセリフだわ。なんか毎日追い立てられているかのように過ぎていって、最近疲れたなぁって思っているところだったので、このセリフは身にしみるぅー。
そう、ブログもくじけそうになるときもあるけれど「ぼちぼちいこか」でがんばります。
息子さん、いい絵本選択してるねぇ。
2006/09/22 23:35URL | @みかづき[ 編集]

関西弁
訳したも人スゴイなぁ。・・・と見てみたら。
今江祥智さんなんだね。この人たくさん絵本の訳されてるよね。
私も「ぼちぼちいこか」で一息つきたいクチです。
毎日子どもに振り回されてるおかあさんたちに(ひそかに)捧ぐ、って感じの絵本だなぁ・・・。

そうそう、昨夜読んだ本の画像が並ぶの、楽しいよね♪
2006/09/23 02:12URL | ayano[ 編集]

うっちゃ~~ん
今、ayanoさんのところでコメントしてきちゃた~~!
ドキドキ(←何者?)
ご飯がとっても美味しそうだったよーー
真似ってayanoさんの絵本コーナーの真似だったのね!
私も今度から、同じようにしてもいい??


で、
この絵本、おもしろそうだねーー
私の息子も、こういうの、好きそうだな~
わらっちゃうと思う~

2006/09/23 06:47URL | あき[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/23 06:48 | [ 編集]


このインパクトのある表紙見たことあるけど未読でした
おもしろそうですね、今度探してみます♪
昨日失敗作の私自身もちょっとこの記事で癒されちゃいました
ほんと「ぼちぼちいこか」ですね

「森のへなそうる」なつかしい~
上の娘が年長の時、毎晩読んでました
へなそうるや弟の舌足らずの言葉と
持って行くおやつ(お弁当)、そして絆創膏(なんて呼んでたかな?)が
彼女のお気に入りで、繰り返し繰り返し読みました
「もりのなか」先日原書を見る機会があって
表紙が緑だったのにびっくりしました
そっちの方がよかった!だって森だもの
なんで日本のは色が違うんだろうと不思議に思いました

2006/09/23 08:03URL | maruko[ 編集]

おもしろそう。
かばに、関西弁。なんか、すごく興味あり。
わたしも今度読んでみたいです・
息子さんの選んだ本、すごいねぇ!!
ちょうど、今わたしも好きな絵本があってびっくり。
息子さんは 本当に絵本好きなんだなぁ~って
感心しました。
2006/09/23 15:53URL | こるく[ 編集]

出た出たあーー
ヨッまってました!!これ、小さい頃、若が大好きでねーよく読んだ。親子で、暗記するくらい(笑
面白いよねえ。そうそう!姫たちにも、読んだあげな!って、引っ張り抱いてきたわん。
うっちゃん、関西来た時は、こてこての関西弁で、読んだげまっせーー
こっち来る時は、ぜひ、言うてなーって、高知も、ほとんど関西弁に似てたか~~
2006/09/23 18:03URL | がみがみかーこ[ 編集]

コメントありがとう♪
☆ペンギンブルーさんへ
ええっ!意外な一面。
関西人ですか!も、もしや、コテコテですか?
じゃ、そちらのうどんや煮物の汁の色が濃いのにはびっくりですよね。
薄口しょうゆと濃い口しょうゆの文化の違い。
けっこう、なれませんよね(^^;)

☆さやぽん☆さんへ
そうですよ。日本の絵本かと思いきや、海外の絵本なんですよ。
それくらい、カバのキャラクターに関西弁がなじんでます。
関西弁だからこそ、しっとり癒されるんだと思います。

息子のこと、お褒めいただいてうれしいです♪

☆araiaさんへ
「そそられる」ですかぁ(^^)
ワタシ本人じゃなくて、絵本というのが残念(笑)
araiaさんにこれからも「そそられる」といわれるようになりたいわ。
あ、でも、ワタシはaraiaさんのセレクト絵本にかなりそそられてます。
「どろどろどろ」とかね(^^)

☆大の字さんへ
そうですよねー。絵本ってメッセージが何かしら入っているから
大人がハっとされること多いですよね。
昔話くらい教訓じみていたら、そうだ!そうだ!って思うくらいですけど、
何も考えずに読んだ絵本で何気なくメッセージがあると、グっときますよね。
で、どんな絵本にハっとされたんでしょう?

☆圭さんへ
立ち読みバンザーイ!!
圭さんも絵本の立ち読みするんですね。
ワタシは立ち読みを飛び越えて、読み聞かせを始めてます。
で、買わずに帰って図書館で借ります。
タチ悪いです・・・。
ほのぼの・・・、しますよねー。

☆ayanoさんへ
さ、さすが、ayanoさん。
絵本について詳しゅうございますなぁ。
ただ、本について詳しいのか、絵本についてくわしいのか、それとも万物に詳しいのか・・・。
見習います・・・。
あ、真似しちゃった。
うんうん。ずらりと並ぶと、読んだ達成感も倍増していいね。
「ごろごろにゃーん」の画像がないね。残念。

☆あきさんへ
お、行って来ましたか。
かなりおっしゃれーな所だったでしょう?
初めてお邪魔したときは、「ワタシって場違い?」って思ったもの。
感性のあるお方です。彼女は。
そして、お子さんとのコミュニケーションの様子は本当に癒されます。
画像を並べるの、すごいよね。迫力あるわぁ。
結構労力がいるけど・・・(^^;)
あ、TBの件ありがとう。
原因の一端は夫にあるかもしれない・・・。

☆marukoさんへ
ありがとう。いつも「昨夜読んだ絵本」の小さなコーナーを
チェックしてくれてコメントしてくれるのmarukoさんだけだよー!!
で、もりのなかは緑なの?そうなの?
知らなかったー。緑でも深緑だよね。
へなそうるみたいな黄緑のイメージではないんですけど。
原書を見る機会があったなんて、貴重な体験ですね。
首都圏はやっぱりちがうなぁ。
あ、絆創膏は「バンデージ」です。
息子も「バンデージ」って何?って聞いてきました。

☆こるくさんへ
えー。どれ?どれ?
こるくさんが好きな絵本が今回出てるって?
気になるなぁ。
センスのある方と同じものが好きだなんて、ちょっと嬉しくなるもの。
あ、「ラチとライオン」も同じく好きですよね。フフフ。
かばに関西弁、めちゃくちゃマッチしてます。おすすめです。

☆かーこさんへ
えー、かーこさんの若様がお読みになっていたの?
かーこさんの思い出の絵本だね。
きっとリアルな関西弁で読んでいたんだろうなー。
関西弁の絵本を読んでたら、必ずかーこさんの顔を思い浮かべてしまう。
あ、もちろん実際の顔なんてみたことないんだけど・・・(^^;)
2006/09/23 22:29URL | うっちゃん[ 編集]

ウチのムスメも大好きですよ!
大阪弁なんて知らないと思っていたのに、
上手に関西弁で読んでいました~。笑
かなり子供受けしますよね。笑
2006/09/23 23:22URL | hanako[ 編集]

hanakoさんへ
hanakoさんのお子さんも好きなんですね。
関西弁って響きだけでおもしろいから、
子供は笑いますよねー。
漫才も関西弁のほうが断然おもしろいと思います。
2006/09/24 00:12URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。