大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








そうべえごくらくへいく


そうべえごくらくへゆく そうべえごくらくへゆく
田島 征彦 (1989/10)
童心社

この商品の詳細を見る


以前、「激しく創った」田島征彦・征三の展覧会に行ったとき
田島征彦さんご自身が読み聞かせをしてくださったこの絵本。
田島さんの面白い読み方・息子の反応が忘れられず、
図書館で借りてきました。

田島さんが読んでくれたとき、息子がとても良く笑いました。

図書館から帰って一番に読んでくれっ!とせがんできたのは
この絵本。
もう、一ページ目から笑いました。
「えらいこっちゃ えらいこっちゃ」
「わぁ。あの変なおっちゃん(田島さん失礼しました!)が言いよったやつやー」
その後の奇想天外な話の展開に読むほうも引き込まれました。
(夫なんか読みながら笑ってました)

「じごくのそうべえ」の続編です。
田島さんならではの美しい染色画。
絵本といえど、美術品です。(この原画をみれたワタシは幸せ者だわ)
「じごくのそうべえ」を出版した当初、
「こどもむけではない」と評価されたけれども、
いいものは、いい。10年後そうべえブームがやってきたといいます。
本物なんです。絵もお話も。
天国も地獄も美しいものも汚いものも、閻魔大王も阿弥陀如来も
そうべいのもとではみんなごちゃまぜ。
たのしいのなんの。

関西弁の滑稽でリズミカルな文章がとてもコドモにウケています。
なんでこんなにゆかいな展開なのでしょう。
地獄で「う●この池」にどっぽんです。
その池は集団食中毒の者達がいいあんばいにしたところなんです。
ここ、息子のはまりどころです(笑)
そして、カチンコチンにして、さいごは・・・。
この池は最後どうなるか、絵本で読んでくださいね。
もう、破天荒とはこのこと。
田島さんの頭の中っていったい・・・。

このお話の中に田島さんご自身も登場してます。
田島さんの苦労話もでますよ。
ユニークですね。

息子は仏様がはすの花の上で鎮座していることなんて
知らないんだろうななぁ。
知らないなりに、楽しんでるようです。


<昨夜読んだ絵本>
*「そうべえごくらくへいく」田島征彦 童心社
*「そらまめくんのぼくのいちにち」なかやみわ 小学館
*「おばけパーティー」ジャック・デュケノア ぽるぷ出版


←ポチっと応援お願いします

スポンサーサイト





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄09⁄15 10:11 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(14) trackback(0)
▲pagetop












コメント


ご本人の読み聞かせ☆
うっちゃん、おじゃましまーす。
田島征彦さんの生読み聞かせ・・ヨダレが出ますv-238
うらやまし~~~。
私的には、1作目が一番のお気に入りですが、
これも面白いですよね♪
なんにしろ、下ネタは子どもにウケますよね。
私は1作目の記事ですが、こちらの本にも触れているので、TB打たせてくださいね。
2006/09/15 16:29URL | わかな[ 編集]

田島征彦さん
あの時の絵本!
そんなに笑っちゃうんだぁ~
気になるなぁぁ

読んだことがないから、読んでみたくなっちゃった!

変なおじさんか・・・(≧m≦)ぷぷ
子どもにとってはそうよね(^▽^;)

絵本でコレだけ人を笑わせられるなんて、田島さんは、すごいっっ!!

2006/09/15 17:50URL | あき[ 編集]


原画が見られたのは
幸せな事ですね。

私も見たい。。。

私も読みたくなっちゃいました。
今度、どんぐりと一緒に
探しに行こうと思います^^
2006/09/15 17:57URL | もん[ 編集]

本人が読み聞かせ
大変ご無沙汰しておりました。

ところで、かなり貴重な体験を息子さんはされたことになりますね。
やはりその絵本を作った人の読み聞かせに勝るものはナシ。(子どもの親はまた別ですが、ね。)
作品すべてを知ってるからこそ出る味わいみたいなものがあるしね。
「じごくのそうべえ」はうちの子たちも、おなかをかかえて笑い転げてました。
おおうけですよね。
特に下ネタやこきたない話が出てくるものは大好き。
でも、読んでて親も笑ってしまうとこが曲者で・・・。(汗)
続編、おもしろそう!
今度読んでみますね。
2006/09/16 00:40URL | ひろのしん[ 編集]

コメントありがとう♪
☆わかなさんへ
TBいつもありがとうございます。
こんなつたない記事でお恥ずかしいのですが、とてもうれしいです♪
しもねたをどこまでもしつこく語るのでおもしろかったです。
「そうべえまっくろけのけ」も読みたいです。

☆あきさんへ
そう、あのときの絵本。
「へんなおっちゃん」は本人の足元でも言ったんだよ(驚)
ご本人はニコって笑ってくれたので良かったけど。
コテコテの関西弁、おもしろいよ。

☆もんさんへ
田舎なので原画に触れる機会が少なくて、本当に貴重な体験でした。
首都圏ならよくあるんでしょうね。
どんぐりの本。あるといいですね。
2006/09/16 01:32URL | うっちゃん[ 編集]

ひろのしんさんへ
そうです。貴重な体験です。
田舎なので、作家さん自身に会えること自体が珍しいのに、気まぐれで読んでくださってまさに奇跡でした。
まめまめブラザーズもそうべえで笑ったんですね。
これでもか、これでもか!ってネタを仕掛けてくるので笑い続けちゃいますよね。
このシリーズは日本文化を愛でつつ、笑えるすばらしい絵本です。
2006/09/16 01:58URL | うっちゃん[ 編集]

原画展のハナシを読んで
どんな本なんだろう~、と思ってたんです。
いつも最寄りの本屋さん(結構でかい)で探すんだけど、見つからないんだよねぇ。
私も図書館を活用してみようかな。
この間、コドモを連れて図書館に行ったら、コドモ紙芝居をみつけて
「これ!これ!読んでぇぇぇ!!!」と手のつけられない
状態になったので、コドモ抜きで行かなくちゃー。

しかしいつものことながら、うっちゃんのブログ読んでなかったら
知らなかった絵本がいっぱい!(それも素敵な!)
感謝、感謝だーーー!
2006/09/16 09:37URL | ayano[ 編集]

すごーーーーい
うっちゃん、こんにちは~~
作家さんにじかに読んでもらったなんて
ほんと貴重だよね。
うちも田舎なんでなかなか作家さんが足を運んでくること自体がないのだよ~
関東地方とかサイン会とかしょっちゅうあるみたいだし羨ましいな~っていつも思ってるんだよね。
『じごくのそうべえ』図書館でいつも見かけるんだよね。今度借りてみようかな。
へええ~~続編がふたつもあるんだね。
教えてくれてありがとう。
2006/09/16 12:05URL | らぴ~♪[ 編集]


あはは。うちも子供たち大好きです。1冊目2冊目はうちにあるのですが、3冊目はこの前借りてきて読みました。うん、関西弁が難しい・・^_^;
子供たちは1冊目の「じごくのそうべえ」がおきにいり。2冊目も結構汚い系で笑ってましたが・・「まっくろけのけ」も面白いですよ!!
ほんと田島さんの絵本には笑いと芸術とが一体化されているっていうのでしょうか。色使いにも惚れ込んでいるわたしです。
2006/09/16 12:41URL | @みかづき[ 編集]

コメントありがとう♪
☆ayanoさんへ
いいなぁ。大型書店!!!
うちは田舎なので、大型書店は存在しない。
夫の店なんかしょっぼいっ!
中の下くらいの本屋で漁ってる・・・。
夫が東京の本屋をめぐったら、すごかったって。
行ってみたいなぁ。
一日遊べそう。

紙芝居ね・・・。そうそう。大変なのよ。
そんなのを夜の読み聞かせにしてくれなんていわれると、もう、収集つかない(^^;)
いつも図書館では一つだけって約束にしてる。
だいたいアンパンマンかな。

☆らぴ~♪さんへ
そうなの。すごいよね。
田島ブラザーズは高知出身の方で、郷里で展示会をということだったの。
他の作家さんの展覧会や握手会、講演会は首都圏ではよくあるらしいよね。
ホントうらやましいねー。

☆@みかづきさんへ
そっかぁ。まっくろけのけも面白いんだ。
近いうちに図書館で借りてよみます。
@みかづきさんのお家はたくさん絵本があるからうらやましい。
こんどうちの本棚アップしようか?
質素よー。
じごくのそうべえも持ってるなんて、密度の濃い本棚だなぁ。
2006/09/17 08:46URL | うっちゃん[ 編集]


田嶋さんに読み聞かせをしてもらうなんて、なんたる贅沢!!うちの娘たちも「そうべい」が大好きです☆うちに「じごくのそうべい」のベースになっている桂文珍さんの落語のCDがあるんだけど、それも負けず劣らずのおもしろさ(-^〇^-)最初から最後まで何回聴いても、大爆笑です☆★
2006/09/17 10:08URL | アテナ[ 編集]

☆アテナさんへ
ふふ~~ん。贅沢でしょう?
当日に桂文楽さんがじごくのそうべえの落語をしてくださるイベントがあったのだけど、
都合がつかずいけなかったの。
桂文珍さんのCDがあるんだ。これって要チェック。
レンタルでもあるのかな?
気になるぅー★
2006/09/17 17:59URL | うっちゃん[ 編集]


この本、そしてこのシリーズ、私が通ってる整体の先生がオススメしてた。かなり面白そう~
原画展、うらやましいス。お話に気を取られがち(?)だけど、絵が立派な芸術である絵本って多いよね。
これはぜひ読んでみたい本です。
2006/09/18 01:48URL | araia[ 編集]

araiaさんへ
おおぉ~。araiaさん。お元気になったようでなにより★
整体の先生がオススメするなんて、粋な先生だねぇ。
整体ということは、腰痛に悩まされてるのかな?
まんじゅうちゃん、ズシっときますか?

芸術性の高い絵本。絵を楽しむ本だからこそ、絵の完成度が高いものが多いね。
2006/09/19 09:35URL | うっちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。