大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








寂しい年越し


今年もあと2時間・・・。
賑やかに家族で過ごしているのかといえば、
今たった一人で家でいます。

一人年越し・・・。家族いるのに。
というのも、夫は仕事。
ワタシは不幸にもこの年末にお腹の調子を壊してしまい
息子を祖父母の家に預けているのです。
年越しはトイレかもしれない・・・。はぁぁぁ。

年の瀬にこんなネタですみません。

今年はお世話になりました。
後半はカメより遅いナメクジなみペースの更新で
みなさんへもご無沙汰続きで申し訳ありません。
ここではいつもいい刺激をもらったり、やさしさをもらったり
ワタシの私生活のいい励みになっています。
また来年も息子ともども宜しくおねがいします。

来年もみなさんにとって幸せな一年でありますように。



スポンサーサイト



2007⁄12⁄31 22:00 カテゴリー:つれづれ日記 comment(16) trackback(0)
▲pagetop








ベッキーのクリスマス


CIMG2013.jpg


みなさんよいクリスマスが過ごせたでしょうか?
わがやは法事があってなんだか和風な一日でした。
でも、サンタクロースはきましたよ。ふふふ。

この絵本。縁があって我が家にやってきました。
もう読んだ瞬間に魔法に掛かったような夢心地になります。

本当のクリスマスの楽しみ方。
ターシャ・テューダーが本当に家族と過ごす時間を書いたものですが
これがもう!!!うっとりです。
去年NHKで特集番組で放送された「ターシャ・テューダーからの贈り物」を見て
感動したのですが、そのままのことが絵本になっています。
これが現実におこなわれていたなんて!!です。

ワタシはクリスマスといえばイブの日の一日だけのことですが(25日はあまり関係ない・・・)
ターシャの家ではクリスマスまでの4週間
素敵なことが重なっていつのまにかクリスマスをむかえるのです。
きっと全てが手作りだからこそ温かくやさしく感じるのでしょうね。

番組でいいなぁ、と思っていた青い食器も、ジンジャークッキー作りの場面も
大型のドールハウスもそのまま。
放送でみたもみの木もすばらしかったのですが
絵本ではもみの木の香りでクリスマスを感じると書いてあったんですよ。
どんな香りなんでしょうね。松の木とかしきび(おい!)とかそんな香りに近いのかしら?
本物のロウソクのイルミネーション。
きっとそのロウソクの香りも混ざっているのでしょう。ああ。本当うっとりです。
(そのロウソクも11月に家族で手作りするとワタシは知っている!)

ああ。あのDVDをもう一度じっくりみたくなりました。

これは小さな子供にはちょっと理解が難しいと思うので
オトナの絵本だとワタシは思います。

こんな素敵な絵本が手元にあるなんて本当にシアワセです。




ジャンル:育児 テーマ:絵本
2007⁄12⁄25 21:40 カテゴリー:小学校低学年向けの絵本 comment(7) trackback(0)
▲pagetop








ゆずの加工


カメさん更新ですがようやく柚子の加工についてかけそうです。

我が家ではゆずを栽培しています。
栽培というには恐れ多いような放置栽培ですが
毎年、親族総出で収穫をし「ゆのす」という柚子の絞り汁を加工しています。
昨年は地獄の収穫について書かせてもらったので
今年は「ゆのす」への加工について書かせてくださいね。(収穫についてはコチラ


今年はワタシがお嫁に来て一番の豊作でした。
嬉しい悲鳴ならず本当の悲鳴をあげております。
毎年だいたい1週(あたり年で2週)で収穫から加工まで終わりますが
今年は3週かかりました。自然の恵みに感謝・・・。(T。T)


前置きが長くてすみません。
では、加工の様子です。


まず一年かかって一升瓶を集めます。
そのために努力するのです。何をっ???フフフ
その他小さ目のビンも一年間捨てずに保管。
そして収穫の前に洗浄し熱湯消毒をします。
だいたい1升ビンで100本は準備します。
この作業はひばあちゃんがヒマを見つけてしてくれてますが
大変だと思います。
ビン


土曜に収穫した柚子を日曜の早朝から絞る作業にはいりました。
柚子は収穫して時間が経つと酢(この場合果汁のこと)が
少なくなっていくため、早急に加工に入る必要があります。
まず収穫したゆずを一つずつ布で拭いていきます。
洗ってはいけません。水分が入ると腐敗しやすくなります。
だから無農薬であることが大切だと思います。
根気が要ります・・・。足がしびれる・・・。
ゆずを拭く


そしてこちらが柚子を絞る機械
その名もポンジャー
機械


名前の通り
ポンと入れたら
ゆずポン


ジャーっとでる(笑)
ゆずジャー


そしてたくさんバケツにたまったら漉していきます。
ゆずを絞る1

この漉すというのが重要です。
他の作業所ではザルで漉すだけというところもあるようですが
よく漉したほうが柚子の苦味やアクが少なくなります。
なにより不純物もすくないのでは?と・・・。
今年は念入りに三度漉しをしました。

漉したら次はビンつめです。
ゆずビンつめ


こうして出来上がったのが「ゆの酢」です。
ゆのす

爽やかな香りがお料理を引き立てます。
高知ではなくてはならない調味料。

今年は例年の2.5倍ほどの収穫がありました。
(140升ほど。ビンが足らなくて大騒ぎですよ)
毎年卸しているおすし屋さんや注文をもらっている関東方面の人も
いるのですが、今年はそれ以外にも日々のお礼もかねて
たくさんの人におすそ分けができました。
それでもたくさんあまったので
商品化してスーパーの産直コーナーへ出すことになりそうです。
商品名も決まったんですよ。
「としこちゃんくのえいゆず」(訳:としこちゃん(ひばあちゃんの名前)の家のよい柚子)
凍結保存して高く売れる来年の夏に販売するということです。
ラベルとか作らなきゃ。フフフ。

来年はきっと裏年。寂しいやら。うれしいやら(本当はこっちが強い)
さてさて、疲れたのでやはりこれでシメましょう。
カツオ

8キロの戻り鰹。おいしく戴きました。

そして我が家のアイドル↓
疲れた後に一番癒される♪
ぶんちゃん


こうやって季節の折々の収穫のたびに親族が集まれるのは
いいことですよね。
そして嫁のワタシを快く受け入れてくれる一家に感謝。
時々田舎生活を体験するのもいいものですよ。





2007⁄12⁄08 16:03 カテゴリー:つれづれ日記 comment(12) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2007 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。