大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








おばけ、びょうきになる


おばけ、びょうきになる おばけ、びょうきになる
ジャック デュケノワ (1999/08)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る


おばけつながりで今日はこの絵本。
題名からして「おばけ、病気になっちゃいかんでしょ?」と
突っ込みたくなります。

子供って「おばけ」「ぼうけん」「まほう」「ひみつ」
なんて題名の絵本好きですよね。
おまけに息子はなぜか病院ネタが好きなんです。
ドラマなんか医龍だし、アニメはブラックジャック、
特番の救命病棟24時みたいなのも好き。
(将来は医者になるか?あ、無理かすみません
だからこの絵本は彼の「ツボ」に入りました。

その「ツボシーン」はやはりおばけを手術するシーン。
「はさみ」「はい」「ちがうおおきいの」「はい」
っておばけのくせに(失礼っ)真剣に手術してるんです。
で、おなかの中はなんと時計
時計が壊れてたから病気だったんですって。
子供がすきそうな内容です。

最後は「もう、ポポせんせいったら」で終わります。
歯切がいいし、ちょっとかわいくって好きです。

この絵本読んで思ったんですけど、
外国のおばけも日本のおばけと同じく
白いシーツをかぶったようなもの(オバQ)なんですね。
おばけって万国共通?

<今晩読ませた絵本>
ありませんっ!
ドラゴンボールZのDVDばっかりみて、夜更かしになったので。
自分と同い年だからって孫悟飯になりきって大変です。
ああ、家中ハチャメチャ。



今日は夏越。
夏越祭行かれましたか?
今年も無病息災でポチっと行きましょう





スポンサーサイト


ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄30 23:16 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(12) trackback(0)
▲pagetop








おばけのバーバパパ


おばけのバーバパパ おばけのバーバパパ
アネット=チゾン、タラス=テイラー 他 (1972/06)
偕成社

この商品の詳細を見る


バーバパパの絵本です。
実は私はバーバパパの絵本なんて
読んだ事なかったんです。
キャラクターとしてはよく知っていましたが
バーバパパのお話はまったく知りませんでした。

バーバパパっておばけだったんですね。

このお話はナレーション口調でとっても読みやすくて
文章も短いので息子にぴったりでした。
バーバパパって庭でうまれたんですね。
息子は「どうやったら庭でおばけが産まれるが?」(土佐弁です)
「タネなが?タネがあるが?」
「これだけ太らすゆうたら、お水がたくさんいるね?」と
始めのページに釘づけです。

形が変わるっていうのも子供心をくすぐるのか
「階段かよ?」と
ケラケラわらいながら見てます。

始めはだれからも受け入れられないバーバパパですが、
町で大活躍をして人気者になって、
生まれたお庭のお家に帰るってお話です。

あれ?バーバパパって一人でしたっけ?
と思ったら、その後のシリーズで子供が増えるんですね。
そうそう、たしかカラフルな子供たちがいたような。
どうやって家族が増えるのか楽しみです。

<昨夜読んだ絵本>
*「そらまめくんのベッド」なかやみわ作・絵 福音館書店
*「ピーターラビットのおはなし」ビクトリクス・ポーター作・絵 福音館書店


               
ポチっと応援おねがいします。







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄30 12:00 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








番外編:私の周りの詩人たち


ちょこっと今回は番外編。

「私の周りの詩人たち」

2?3ヶ月前に主人や友人から誕生日のプレゼント等をもらったのですが、
その中に妙にグッとくるメッセージが入ってました。

CIMG0447.jpg

悩みのないことが
幸福ではない
どんな悩みにも
負けないことが
幸福なのである

自分だけの幸福ではない
人を幸福にできる人が
本当の幸福者なのである


↑これは大学時代の友人から。
もしかしたら何かの引用かもしれない。
けど、「悩むなよ」って言ってくれてるみたいでうれしかった。
私は人を幸福にできるほどの人間ではないんですけど
家族の幸せが私の幸せになるんだと思いました。



CIMG0448.jpg


↑これは主人から。ホワイトデーにもらいました。

今日も元気で
 いられるのは
みんなあなたの
 おかげなんだなぁ  


横に書いてある名前は本名ではありません。
相田みつお風に作りたかったらしいです(おバカな小細工)
これはオリジナルだそうな。
ダイレクトな文章が彼らしくてうれしかった。

はじめこれらのメッセージをもらったときうれしかったんですが、
なんだか気恥ずかしくってあまり良く見てなかったんです。

でも、月日が経つにつれじわじわと心の中に浸透してきて
毎日の私の元気の源になってます。

詩って文章とは違って伝えたいことの要点がつまってるというか、
うまく言えませんが、その人の心の中が映されていると思うので
とても身にしみて、少々感動しています

意外や意外、身近な人間が詩人だった。
(画像が荒くてごめんなさい)

あなたは心の支えってありますか?応援お願いします。








ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:頑張れ!主婦!!
2006⁄06⁄28 23:40 カテゴリー:つれづれ日記 comment(7) trackback(0)
▲pagetop








くだもの


くだもの くだもの
平山 和子 (1981/10)
福音館書店

この商品の詳細を見る


食に興味が出てきだした赤ちゃんにぜひお勧めしたい1冊です。

この絵本とは息子が1歳になったころ、絵本の読み聞かせ教室で
初めてであいました。
くだもの(もちろん野菜だって)大嫌いな息子。
この絵本に興味なんて示さないだろうと思っていたら、
講師の先生が「はいどうぞ」と絵本のりんごをとって
食べさせてくれるまねをしたら
なんとよだれでベタベタのお口でパクっと先生の指を食べちゃった!
びっくり。
親が興味を持たないだろうなんて先入観はもってはいけませんね。

もちろん、そのあと果物が好きになったかというと、
そうではありませんが・・・。

絵がとてもみずみずしくて本物の果物そっくりです。
こういうのを写実に基づいた絵というのでしょうね。
果物もそのままの絵と皮をむいた状態の絵が
描かれているのもいいですね。

応援おねがいします。




▼【くだもの】の続きを読む...




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄28 11:17 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








きいろいのはちょうちょ


きいろいのは ちょうちょ きいろいのは ちょうちょ
五味 太郎 (1983/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


しかけ絵本ってあまり・・・、なんて先日書いたくせに
またしかけ絵本の紹介です。
しかし、この仕掛け絵本は別格
五味太郎さんは天才!といいたくなった絵本です。

「きいろいのはちょうちょ」と思って捕まえるけど
じつはそれは同じ黄色でも風船だったりヘルメットだったり・・。
だんだん諦めかけながらも黄色を追いかけていく男の子を
応援したくなります。

この絵本のしかけがとにかくすばらしいんです。
ちょうちょの形にくりぬいてあって、
「ちょうちょ」だよねとページをめくると、
そのくりぬいたちょうちょの形は
「ぶたのはな」「さんぐらす」「きんぎょ」「かんばん」になってるんです。
とくに目を見張るしかけが、
「きけん」という標識がおじさんのガタガタの歯に変わるところ。
五味さんの遊び心が随所に表れてて、飽きない一冊です。

五味太郎さんは「いつでもどこでもどんなときでも絵本」なんですって。
いつも絵本のことばかり考えてて
見たもの、おもしろいと思ったもの、疑問に思ったもの・・・、
なんでも絵本に描きたくなってしまうくらい絵本が大好きな方。
そんな方の絵本だから子供たちに愛されるものが多いんでしょうね。

うちの息子、ゲラゲラ笑いながらいつもこの絵本を見てます。
しばらくはこの絵本ばかりを「読んで?」と持ってきました。(←よっしゃ、まかせとけ!)
そして親子でしかけの巧妙さに「え?!なんで?」と見入ってました

<今夜読んだ絵本>
*「帰ってきたお父さんはウルトラマン」 みやにしたつや作絵 学研
*「ショーティーとねこ」 バーナディン・クック文 小風さちやく 福音館書店
*「ゆかいないろいろどうぶつ」 こうだてつひろ 主婦の友


               
ポチっと応援お願いします。
いつもありがとう





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄27 23:34 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








おおきくなるっていうことは


おおきくなるっていうことは おおきくなるっていうことは
村上 康成、中川 ひろたか 他 (1999/01)
童心社

この商品の詳細を見る


大人気シリーズ「ピーマン村の絵本たち」の中の一冊。
「さつまのおいも」「えんそくバス」と比べると
少し地味な存在ですが、これもお勧めの絵本です。

「おおきくなるっていうことは○○ってこと」
この○○に息子自身がすでに出来ることが描かれてあれば
「そうそう(得意げ)」といいますが、
まだできない「水に顔をながくつけられるってこと」になると
すこし悔しげな顔をして、お風呂に入ったときなんかに
無理をして顔をつけようとしたりします。

子供って「おおきくなったね」や「おにいちゃんみたい」なんて
言われるととても嬉しげ。
子供にとって大きくなることは誇らしいことなんですね。
親だってこれ以上の喜びはありません。
届かなかったスイッチに手が届くようになった・・・なんて
些細な成長がなによりも嬉しくて、
でも、どことなくその成長が寂しかったり・・・。
「大きくならないで?、小さいそのままでいて?」、なんて思っても
子供は日々どんどん成長してますよね。
その成長ぶりが励みになります。

息子、4月からこの2ヶ月で1・5cm身長がのびました

<昨夜読んだ絵本>
*「もりのなか」マリー・ホール・エッツ文絵 まさきるりこやく 福音館書店
*「おなかのすいたばったのトト」ちいさなかがくのとも 2003年8月号福音館書店
*「ハーヴィーのはつしごと」きかんしゃトーマスとなかまたち ポプラ社


               
応援お願いします








ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄25 16:19 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(7) trackback(0)
▲pagetop








パパ、お月さまとって!


パパ、お月さまとって! パパ、お月さまとって!
エリック カール (1986/12)
偕成社

この商品の詳細を見る


しかけ絵本つながりで、今回はこの絵本。
エリック=カールさんがご自分の娘さんの為に描いたとうことです。

娘に「お月様とって」なんてまるで不可能なおねだりに
パパは本当におつきさまをとってきてくれます。
なんて子煩悩なお父様。

月には月齢があることをうまく使ったお話で、
遊んでるうちにだんだん月が小さくなって
ぽっと消えてしまいます。
そしてある晩また夜空に細いお月様がうかんでいます←素敵!
最後はだんだん、だんだんおおきくなって
画面いっぱいのおおきな満月になって、満足のいく終わり方です。

それにしても、パパが持ってきたはしごってすごい長いですよね。
月まで届くはしごですよ。特注?
調べたところ地球と月の距離は約38万キロ。
(調べるなって?現実的になっちゃうから・・・

娘のモニカは月がとてもちかくに見えたから
お月様と遊びたくなったんですって。
月が近くに見えるような日ってありますよね。

私は小さい頃母親の原付に後ろに乗って(今は違反です)
夜空を見てると、どんなに走っても月がついて来るような気がして、
始めは「月に追いかけられてるのかも?」って思いましたが
そのうち「月が私のこと好きなんだ。」なんて妄想してました。
たまに流れ星もみえました。
そんな事を思い出させた絵本です。

息子に本当は聞くべきではないんですが
「この絵本のどこが好き?」と聞きました。そしたら、
「パパがお月様とってくれるところ」ですって。
俄然パパは「俺は不可能を可能にする男や!」とはりきりました。

<今晩読んだ絵本>
*「パパ、お月さまとって!」エリック=カール作 偕成社
*「もりのなか」マリー・ホール・エッツ文・絵 まさきるりこやく 福音館書店
*「あんぱんまんとらくがきこぞう」フレーベル館 童心社←紙芝居です


               
応援お願いします。
ありがとう










ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄23 23:34 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(9) trackback(0)
▲pagetop








ちびっこじどうしゃ タクシーごっこ


49927915.gif

ちびっこじどうしゃ―タクシーごっこ / スティーブ オーガード

息子がどうしても今日はこの絵本を紹介しろというので・・・。
今日はしかけ絵本です。

男の子って自動車好きですよね。
そのうえしかけ絵本なので、子供の心をわしづかみしています。

私はあまりしかけ絵本って好きではないんです。
それはあくまでも親の観点。
お話を楽しむような絵本をついつい選んでしまっているから。
でも自分が子供のころは、仕掛け絵本は図書館でも競争率が高くって、
手にしたときなんてうれしかった。
だから、息子だって遊べるようなしかけ絵本が好きであたりまえ。

図書館で本を借りるときは、ほとんど息子に任せています。
親の観点で選ぶと名作ばかりを選んでしまって、
いつも同じような絵本ばかり。
子供が選ぶといろんな絵本に出会えます。
たまに、「え?」と思うものもありますけど、
子供が選んだ本なので、その時点でその本に愛着をもって読んでいます。

この絵本もそう。
仕掛け絵本は親子で楽しめるから
コミュニケーションになります。
登場するレッドは心やさしい自動車です。

<昨夜読んだ絵本>
*「トーマスとジェットエンジン」 きかんしゃトーマスとなかまたち ポプラ社
*「帰ってきたおとうさんはウルトラマン」 みやにしたつや絵作 学研
*「おおきくなるっていうことは」 中川ひろたか文・村上康成絵 堂心社


               
応援おねがいします








ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄23 11:24 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








だくちる だくちる はじめてのうた


だくちる だくちる―はじめてのうた だくちる だくちる―はじめてのうた
V. ベレストフ、長 新太 他 (1993/11)
福音館書店

この商品の詳細を見る


なんとも言えずいい絵本。
心に響く絵本です。

イグアノドンはさみしかった。
ひとりぼっちだったから。
でも、あるひ「だくちる だくちる」と聞こえてきた。
それはちいさなプテロダクチルスの声だった。
イグアノドンは小さな友達みつけた。
「だくちる だくちる」しか言わない友達。
でもイグアノドンはうれしかった。
それが地球に生まれたはじめての歌だったから。

どうですか。いい絵本ですよね。
イグアノドンは友達が出来たことを
「うれしくて
 うれしくて
 どんどん うれしくて
 もう どんどん ばんばん 
 うれしかった」んですって。
どんどん ばんばんですよ。

こんなに全身で友達が出来た喜びを表現できるなんて。

絵は長新太さんが描かれています。
長さんらしい絵筆で大胆に描かれた絵が
原始的な生命力を感じます。

イグアノドンに顔は描かれていませんが
イグアノドンの表情が手にとってわかります。

友達ってありがたいですよね。
いつもこのブログに来てくださっているみなさん。
本当にありがとうございます

<昨夜読んだ絵本>←熱があっても読んでます
*「かいじゅうたちのいるところ」 モーリス・センダックさく 冨山房
*「いつまでもすきでいてくれる?」 マーガレット・P・ブリッジズ文 評論社
*「きいろいのはちょうちょ」 五味太郎 偕成社 


               
ポチっと応援お願いします
いつもありがとう




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄22 16:28 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(5) trackback(0)
▲pagetop








ぞうのエルマー


ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー
デビッド マッキー (2002/04)
BL出版

この商品の詳細を見る


とってもカラフルな絵本です。
発想もユニーク。
つぎはぎのまだらのパッチワーク柄のゾウのエルマーが主人公。

ほかのゾウたちはみんなぞういろなのに、
エルマーだけはなぜか派手ないろ。
エルマーはそのことが悩みである日ぞう色に塗ってみるのですが・・・。

この絵本は底抜けに明るい!ないようです。
普通ならそんな奇抜なぞうなんていたら
みんなびっくりするでしょうに、
群れのぞうたちはエルマーが大好きで大好きで
いつもエルマーを中心に笑いが耐えません。
ほかの動物たちだってみんな「エルマー」「エルマー」と慕います。
エルマーが居なくなるとみんな魂が抜けたように静かになる・・・。
それくらい群れではエルマーは必要な存在なんです。

そして、悩んでる・・・、なんて言ってるエルマー自信も明るい性格で
やることすべてが笑いにつながる。
(芸人さんならうらやましがるでしょうね。)
エルマーがみんなと同じ色に塗って驚かせたとき
(驚かせ方もダイナミック、私はここを思いっきり大きな声で呼んでます)
みんなはこんな「いたずら」今までで最高だと笑い転げます。
「いたずら」なんかじゃなく「なやんでいた」のにね!
そしてその日をエルマー記念日と名付けました。

こんな素敵な仲間たちに囲まれているエルマーが
とてもうらやましいと思います。

文章は少し長いような気がしますが、
○○で○○で○○で・・・、というようにテンポがよく
するする読み進めることができるので苦になりません。

絵もこれでもか!ってくらいカラフルなので
息子は赤ちゃんのころから興味をもって「ジー」っ凝視していました。
特に最後のエルマー記念日のカラフルなぞうがたくさん出るページは
子供がとっても喜びます。
息子は目のところの色が黄色じゃない、ももいろにかわってる。
なんてかなり見入ってます

エルマーはシリーズになってますね。
まだこの本しか読んだことないですが、ぜひ読んでみたいです。

<昨夜読んだ絵本>
*「だくちる だくちる はじめてのうた」 原案V・ベレストフ 阪田寛夫文
*「パパおつきさまとって!」 エリック=カールさく もりひさしやく 偕成社
*「トーマスとエリザベス」 きかんしゃトーマスとなかまたち ポプラ社

応援お願いします






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄21 11:47 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(9) trackback(0)
▲pagetop








ティッチ


ティッチ / パット・ハッチンス、いしい ももこ 他4-8340-0449-X.jpg


ティッチは三人兄弟の末っ子。
ティッチは小さな男の子。
ティッチよりちょっと大きなお姉さんと
ティッチよりだいぶ大きなお兄さんは
ティッチより色々なことが出来るし、色々なものを持ってる。

お兄さんは大きなシャベルを持ってて
お姉さんは大きな植木鉢を持ってるけど、
ティッチがもっているのは小さな「種」だけ・・・。
でも、その種が芽を出して大きな木になりました。

その最後のティッチの自慢そうな顔がなんともいえません。

私自身三人兄弟の末っ子。
兄二人は年が離れてて、物心ついたら兄は小学校高学年。
兄たちのおもちゃや遊びはいつもダイナミックで楽しそうだった。
入れてほしいといっても「おまえはまだ小さいから」って
言われて悔しかった。
「なによ!わたしだって!」って、
かないもしない兄達を相手に背伸びしてたな。
だからティッチの悔しい気持ちや、
見返してやったときのうれしい気持ちがよくわかる。

息子は一人っ子。
兄弟のいるわずらわしさ、たのしさ、安心感、信頼感、
そんなもの全部を経験させてあげれたらいいなと思う。
(なかなか叶わない夢なんですけどね・・・)

<昨夜読んだ絵本>
*「みち」 五味太郎
*「おおきくなるっていうことは」 中川ひろたか文・村上康成絵 堂心社
*「ティッチ」 パット・ハッチンス 福音館書店


               

ランキングに参加しています。
応援おねがいします。
 いつもありがとう





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄19 11:11 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








おとうさんはウルトラマン


帰ってきたおとうさんはウルトラマン 帰ってきたおとうさんはウルトラマン
円谷プロダクション、円谷プロ= 他 (1997/05)
学習研究社

この商品の詳細を見る


今日は「父の日」ですね。
お父さんに、お義父さんに、パパに・・・、
とたくさんのプレゼントになやんでる方も多いのでは。

うちは、「父の日」なので先日の巨大キャベツで
パパがお手製「広島風お好み焼き」を焼いてくれる予定。
って、それって父の日のイベントなの?って感じですが
「パパ」がメインの一日という事で楽しく焼いてもらいます

「父の日」にちなんでセレクトしたのはこの絵本。
「おとうさんはウルトラマン」シリーズは子供向けというより
パパさん向けです。
お父さんの気持ちがぎっしりつまったこの絵本、
「うん、うん。」「そうだ、そうだ。」って
うちのパパも共感してます。

ところで、この絵本にでてくるバルタンさんの
ダメ親ぶりがおもしろい。
子供の前でかっこいいところが全然見せられない。
でも、どんな親でも毎日がんばってる。
子供への愛は変わらない。
そう、伝わってきます。
コミカルな絵本なのに、なんだかジワっと目頭が熱くなります。

うちのパパが言ってましたが、
この絵のウルトラマンの服(服なの?)は
きちんと「帰ってきたウルトラマン」の柄だそうです。
そして、出てくる怪獣も「帰ってきたウルトラマン」に登場した
怪獣たちだそうです。
細かいなぁ。
その他のシリーズも全部そうらしいですよ。

この絵本はいつもパパが読んでくれます。

<今夜読んだ絵本>
*あそびのおうさまずかん むし 学研
*「みち」 五味太郎 福音館書店
*きかんしゃトーマスとなかまたち「ハーヴィーのはつしごと」ポプラ社


               

ランキングに参加しています。
応援お願いします。







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄18 01:15 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








きょだいなきょだいな


きょだいなきょだいな
きょだいなきょだいな
作:長谷川摂子 絵:降矢なな 出版社:福音館書店 

なんだかユニークだなと思って借りてきてこの絵本。
「あったとさ、あったとさ、ひろいのっぱらどまんなか
きょだいな○○あったとさ」という文で始まります。

息子ははじめ「きょだいなってなに?」と聞いてきました。
(え?しらないの?以外・・・。)と思いながら
「すごい大っきいってことだよ」と教えると
それからは出てくるきょだいなピアノや石鹸に
「え?、ありえない!ありえない!」と
すっかり絵本の世界にのめりこんでいる様子。
我が息子、一つ言葉を覚えかしこくなりました(だといいけど)

絵本の中では巨大なもので思いっきり遊ぶ100人!の
子供たちの絵があって息子はその絵を楽しそうに見ています。

巨大な石鹸では100人ですべってあそんだり、
巨大なトイレットペーパーでは100人でおしりを拭いたり、
巨大な電話は100人でかけると閻魔大王へつながるし、
巨大なあわたて器で空をかき混ぜると、雲ができたりで
ありえない発想に子供は夢中です。

最後は巨大な扇風機で100人全員飛ばされちゃうんですけど、
「え?!どうなるの?」って思ったら
ちゃんとお母さんの腕の中に落ちます。
「ああ、よかった」

各ページになぜかきつねが出てるんですが、
息子はそのきつねが気になってしょうがない様子。

私は巨大なビンで子供が100人寝るところが好きだな。

ちょこっと空想の世界で遊ぶならこの絵本!


 応援お願いします


ところで、先日我が家に「きょだいな」ものが
やってきました。


▼【きょだいなきょだいな】の続きを読む...




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄16 10:59 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(9) trackback(0)
▲pagetop








そらまめくんのベッド


そらまめくんのベッド そらまめくんのベッド
なかや みわ (1999/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る

うちの息子はまだまだ4歳。
だいぶお友達と「順番っこ」「とりかえっこ」も出来るようになりましたが、
どうしても喧嘩になってしまう時があります。
気分の問題もあるんでしょうが、
だいたい自分の譲れない「宝物」
お友達に取られたときなんかに喧嘩が勃発しています。
そんなに大事なものならお友達に見せなきゃいいのに、
と思いますが、子供ってそうはいかないもの。
ついつい見せびらかしちゃってるんですね。

そんな、宝物について書いているのがこの「そらまめくんのベッド」
ふわふわベッド(そらまめのサヤ)が宝物のそらまめくんは
誰にもベッドを貸してあげません。
しかし、ある日ベッドがなくなってしまい、
見つかったときにはうずらがふわふわベッドに卵を産んでいました。
大事なものを誰かに取られたけれど、
そらまめくんはうれしい気持ちになりそして、
その後お友達にも貸してあげれるようになったとういお話。

そらまめくんの絵がかわいらしくて、
絵の中にある草花は身近なもので親しみを覚えます。

そらまめくんのベッドではうずらが出てくるので
この絵本を読んだ後は必ず
「うずらちゃんのかくれんぼ読んで?。」になります。
この2冊はセットです。

応援お願いします

ところで、今の時期しかできないので
そらまめくんのベッドが本当にふわふわだと言う事を実験してみました

▼【そらまめくんのベッド】の続きを読む...




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄15 13:44 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(13) trackback(0)
▲pagetop








とべバッタ


とべバッタ とべバッタ
田島 征三 (1988/07)
偕成社

この商品の詳細を見る


とにかく「すごい」の一言の絵本。

バッタは天敵に襲われる事をおびえながらくらすのがいやになり
天敵を撃退し、空へ羽ばたくとうストーリー。

躍動感あるタッチで書かれた虫たちがとても迫力があり
生命力を感じます。
いささか虫たちが怖く見えます。
文章も力強く、バッタの「けつい」がよく伝わります。

「勇気」 「自信」 「生命」 「自然」
色々なメッセージがこの絵本にはあると思う。
息子の心に届いているかな?
(私にはガツンときたよ)

生きるってことについて考えさせられた一冊。

ただし、絵がとても迫力満点で虫たちもわんさかでるので
虫の嫌いな女の子にはキツイかも

<昨夜読んだ絵本>
*「どろんこハリー」ジーン・ジオンぶん 福音館書店
*「ゆかいないろいろどうぶつ」こうだてつひろ 主婦の友社
*「どうすればいいのかな」 わたなべしげお文・おおともやすおえ 福音館書店


               

ランキングに参加しています。
ポチっと応援おねがいします。
 いつもありがとう☆ホントに励みになります




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄14 12:07 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








さる・るるる


さる・るるる さる・るるる
五味 太郎 (1980/01)
絵本館

この商品の詳細を見る


五味太郎さんの絵本はどの絵本も大好きです。
普段は紫やピンクの色が個性的な五味さんの絵本ですが、
この絵本は茶色のみのシンプルな絵。
そして、内容もシンプルです。

さるの行動を最後が「る」で終わる二文字の動詞で書いてます。
「さる・みる」
「さる・ける」・・・。など
それだけの絵本なんですが、
出てくるおさるがひょうきんな感じで
なんだか「クスッ」っとわらってしまいます。

息子は「さる、える」や「さる、せる」の言葉が
わからなかったみたいで、お勉強になったようです。

この絵本は小学校の教科書にも掲載されていたと聞きました。
(本当じゃなかったらすみません
何度も読んでいくうちに
「奥の深い絵本だなぁ」と思います。
小さなお子さん向けの絵本ということですが、
もっと大きなお子さん(大人も)楽しめます。
言葉を題材にした絵本を
五味太郎さんはたくさん書いてますよね。

<昨夜読んだ絵本>
*「さる・るるる」 五味太郎 絵本館
*「とこちゃんはどこ」 松岡享子さく・加古里子え
*「バムとケロのおかいもの」 島田ゆか 文渓社
*「バムとケロのにちようび」 島田ゆか 文渓社
*「いつまでもすきでいてくれる?」 マーガレット・P・フリッジズ文 児童図書館・絵本の部屋


↑昨夜はワールドカップを見るために、早く子どもを寝かしつけようと思って頑張ってこんなに読んじゃった。結果興奮して逆効果・・・。

               

ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄13 11:42 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








つきのぼうや


つきのぼうや つきのぼうや
イブ・スパング・オルセン (1975/10)
福音館書店

この商品の詳細を見る


息子の保育園では「親子読書」というのがあって
毎週金曜日に保育園から自分で好きな絵本を選んで持って帰ります。
そして、月曜日に返却するのですが、
この「親子読書」は私たちの絵本の幅を広げてくれています。
やはり絵本を選ぶときは、ついつい親の目線でえらんでしまいがち。

でも、この「親子読書」は息子が選んでくるので
まったく想像もしない、知らない絵本なんかも持って帰ってきて、
そして、それが思いのほか良い絵本だったりします。
今回、息子が選んできたのは「つきのぼうや」

ずばり、良かった!

前から気になってた絵本だったんです。
息子よ、ナイスセンス!
(最近ハハが絵本にはまっているかも・・・。)

つきが池にうつったつき(自分だよね)が気になって
つきのぼうやにとりにいってくれとたのみます。
そして、つきのぼうやはそらから降りていくのですが・・・。

この絵本がなぜ細長いのか、読めばすぐにわかりました。
(この細長さが個性的です)
空から降りていく様子がこの細長いページだからこそ
よく表現されています。
つきのぼうやがつきを探しに空から降りていく途中
たくさんの出会いがありますが
ページをめくるたび、「次はなにかな?」と
わくわくします。

そして、最後がいいですね。
つきのぼうやが池の中に落ちていた鏡を見て(これも自分ですよね)
「わあ、なんてかわいいおつきさまだ!」
といって持って帰るんです。
そして、おつきさまもその鏡を見て(また自分です)
「なんとりっぱでうつくしいかただろう!」
と言います。

そして、おつきさまはしあわせなんですって。

読んる私たちがしあわせな気分になれました。
絵本のメインカラーの水色もきれい

               







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄11 18:44 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








バムとケロのにちようび


バムとケロのにちようび バムとケロのにちようび
島田 ゆか (1994/09)
文溪堂

この商品の詳細を見る


ついに梅雨入りしました
例年より遅いとはいいますが、5月にプレ梅雨があっただけに
なおさらうっとうしさを感じます。
あー、これから毎日洗濯物で悩まなくっちゃ

雨の絵本で以前「こっこさんとあめふり」を紹介しましたが、
今日もう一つ、雨の絵本。
この「バムとケロのにちようび」は
梅雨のうっとうしさも吹っ飛ぶたのしい絵本です。

雨の日曜日。たいくつなはずなのに、ケロちゃんと一緒なら
楽しい一日のようです。

文章もいいのですが、
バムとケロシリーズはどれも絵が凝ってて、
脇にいる小さなねずみを良く見てると、
そこで一つのストーリーになってたりします。
ケロちゃんが作ったかえるのドーナツも
きちんとドーナツの山のなかに隠れてます。
しかけのない「しかけ絵本」という感じ

とにかく、ケロちゃんのキャラクターがおもしろい。
ケロちゃんの行動はつっこみ所満載!
こんなケロちゃんと一緒にいたら(大変だろうけど)
楽しいんだろうなぁ

この絵本は文章はそれほど長くはないんですが、
子どもは1ページ1ページ隅々まで絵をみるので
まさに「こんなあめのにちようび」に、
ゆっくり時間をかけて読むのがいいかもしれません。

しかし、ドーナツ作りすぎ

<昨夜読んだ絵本>
*「こっこさんとあめふり」片山健さく・え 福音館書店
*「ありのあわわ」つちはしとしこさく こどものとも012 2002年10月
*「とこちゃんはどこ」松岡享子さく 加古里子え 福音館書店
*「ないた」中川ひろたか作・長新太絵 金の星社


               
読んでくれてありがとう。
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄09 11:32 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(15) trackback(0)
▲pagetop








どろんこハリー


どろんこハリー どろんこハリー
ジーン・ジオン、わたなべ しげお 他 (1964/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る


この絵本はパパが子どもの頃読んでいた本です。
パパが「懐かしいな?」と思って買ってきてくれました。

ハリーはお風呂が大嫌いな犬。
お風呂が嫌で家を飛び出して、思う存分遊んでいたら
だんだん家が恋しくなってうちに帰ります。
でも、あまりに汚れすぎてて
家に帰っても家族はハリーだとは気がつきません。
ハリーは困って大嫌いなお風呂に自分からすすんで入ります。

黒いぶちのある白い犬だったのに、
白いぶちのある黒い犬になるまで遊んでしまうハリーが
とっても無邪気でかわいらしいです。
色は黒・緑・オレンジの三色だけですが、かえってそれが
絵本全体のいい雰囲気になってます。
そして、ハリーの表情がなんともいい。
楽しいハリー、さみしいハリー、うれしいハリー。
ハリーの目がいいのかな。とても、生き生きしてます。

この絵本を読んで息子は
「ダメだねー、ハリーは。お風呂嫌いなんて。」って言うので
「あなたはどうなのよ?」と聞くと、
「僕はお風呂嫌いでも、ここまで汚れないから
(別にお風呂は要らなくて)いいんだよ」といいやがりました
ったく。もう。

ハリーの冒険を楽しみつつ、
最後はほんわかやさしい気持ちになれる絵本です。

<昨夜読んだ絵本>
*「バムとケロのおかいもの」 島田ゆか 文渓堂
*「もりのなか」 マリー・ホール・エッツ文絵 まさきるりこやく 福音館書店
*「だじゃれどうぶつえん」 中川ひろたか文 高畠純絵 絵本館


               

ランキングにさんかしています
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄08 14:55 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








うずらちゃんのかくれんぼ


うずらちゃんのかくれんぼ うずらちゃんのかくれんぼ
きもと ももこ (1994/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る


わが息子は敬宮愛子さまと同級生でございます。
(自慢にもならないか
その愛子様が大好きな絵本で、愛子様が
「うずらちゃん、みつけた」とかわいらしく言っている様子が
報道され一躍有名になった絵本です。

愛子様がご愛読ということで、ミーハーながら読んでみました。
まず始めに意外だなと思ったのは、色使いでした。
私の一方的な思い込みなんですが、
皇室の方なのでもっと穏やかな色調を好まれるのかと思ってました。
でも、この絵本はすごく鮮やかな色で、
絵もとてもかわいらしいものでした。

息子は愛子様と年頃が同じためかとても良い反応をしました。
2歳前に初めて読みましたが、
「もういいかい」「まだだだよ」「みつけた」
という単純な言葉を真似し、
かくれたうずらちゃんを見つけるということに夢中になっていました。

こんなに色鮮やかな絵本ならば、
生後間もない赤ちゃんでもよく見えるはず。
もっと早く読んでれば良かったと思いました。

小さな子どもにとってかくれんぼはスリルのある遊びなのかな?
最後におかあさんと仲良く帰るところもほっとできます。

<昨夜読んだ絵本>
*「まっくろネリノ」 ヘルガ=ガルラーさく 偕成社
*「「だじゃれどうぶつえん」 中川ひろたか文・高畠純絵 絵本館
*「もりのなか」 マリー・ホール・エッツ文絵・まさきるりこやく 福音館


               

ランキングに参加しています
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄07 09:45 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(5) trackback(0)
▲pagetop








だじゃれどうぶつえん


だじゃれどうぶつえんだじゃれどうぶつえん / 中川 ひろたか、高畠 純 他

以前、中川ひろたかさんの「こんにちわに」を紹介しましたが、
そのだじゃれ好きな?中川さんにだじゃれシリーズ絵本があります。
「だじゃれどうぶつえん」
「だじゃれしょくぶつえん」
「だじゃれすいぞくかん」

今、我が家では「だじゃれどうぶつえん」ブームです。
ただただ、笑えます
そして、その絵がまた笑いを助長させるんです。
おとぼけキャラの動物たちが繰り広げる、だじゃれの世界。

表紙はライオンがカレーを食べて「かライオーン」です。
私はカバが「わたしカバいい?」っていうのが好き。
息子は「どうぶつにアルマジロおこない」が好き。

疲れた日にこそ、この本を読んで
親子で思いっきり笑って、そして寝ます
「アー疲れたー」って言いながら寝るより
「アー面白かった」って寝るほうが絶対いいですもの。

<昨夜よんだ絵本>
*「だじゃれどうぶつえん」 中川ひろたか文・高畠純絵 絵本館
*「コッコさんとあめふり」 片山健さく・え 福音館
*「もりのなか」 マリー・ホール・エッツ文絵・まさきるりこやく 福音館


               

ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄06 10:27 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








ねずみくんのチョッキ


ねずみくんのチョッキ ねずみくんのチョッキ
なかえ よしを、上野 紀子 他 (1974/08)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


ねずみくんシリーズ第1弾のこの「ねずみくんのチョッキ」
とにかく、たのしくって大好きな一冊です。

おかあさんが編んでくれたチョッキ。
みんなが「いいチョッキだね。ちょっとかしてよ」と来て、
ねずみくんは貸してあげます。
それが、だんだん動物たちが大きくなっていくから大変。
ねずみくんのチョッキはついにのびのびになってしまいます。

同じせりふの繰り返しなんですが、どんどん話は展開していって
小さな子どもでもわかりやすい絵本です。
でてくる動物たちのなんと表情のいいこと!
息子は馬のところで、「こんな顔じゃ、似合わん!似合わん!」と
笑っています。

最後に象さんが着た後、
のびのびになったチョッキを引きずっている
ページがありますが、そこはなにもせりふがありません。
でも、子どもはかならず「あーあ、のびちゃった」など
独自の言葉でねずみ君の気持ちを表現します。
(図書館の絵本なんて、「のびちゃったよ」なんて落書きされてます。)
なにも書いてなくてもねずみ君の気持ちは十分に伝わるんですね。

最後の象さんからのプレゼント「象のブランコ」
ちいさな絵ですが、「ああ、よかった」と終われます。

うちでは文章が短い分、動物たちの表情を楽しみたいのでゆっくりと
読み進めています。

               

ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄04 22:23 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








ノンタンはみがきはーみー


?「歯磨き」それは終わりなき親子の戦争?

もう、戦争だったんです
とにかく、息子は歯磨きを嫌がりました。
なだめて、歌って、ごまかして、絵本読んで。

最近、保育園で「はみがきのうた」 
を歌いながら歯磨きをしているそうで、
息子が家でも積極的に歯磨きをするようになりました。

保育園でもみんな喜んで歯磨きをするようになったということです。
なんだか、すばらしい歌なので紹介します。

                   
<はみがきのうた>
?「手をたたきましょう」の替え歌です。(多少強引に歌ってください)?
?「いー」のお口の「お玄関」           前歯
 クル クル クル
 クル クル クル
 「おローカ」へ行きましょう            いーの口で横の歯
 クルックルッ クルックルッ きれい
 反対の「おローカ」                 反対の横の歯
 クルックル  クルックル きれい
?「あーん」のお口の「お二階」          上の奥歯
 シュッシュッシュッ
 シュッシュッシュッ
 反対のお部屋も                  反対の奥歯
 シュッ シュッ シュッ シュッ きれい
 「いーかい(一階)」へ行きましょう  
 シュッシュッ シュッシュッ きれい         下の奥歯
 反対のお部屋                    反対の奥歯
 シュッシュッ シュッシュッ おしまい ぴかっ 

                   


歯磨きは楽しくするのが一番ですね。

この歌に出会うまでは、うちは
「ノンタンはみがきはーみ」
「はみがきはーみー、シュコシュコ、シュッシュッ」が
我が家の歯磨きリズムでした。

おかげで、今でも虫歯ゼロです(エッヘン

ノンタンはみがき はーみー ノンタンはみがき はーみー
大友 幸子 (1989/10)
偕成社

この商品の詳細を見る


<昨夜読んだ絵本>
*「だじゃれどうぶつえん」 中川ひろたか文・高畠純絵 絵本館
*「あげはのとぶ日」渡辺守文・松原巌樹絵 新日本出版
*「ゆかいないろいろどうぶつ」 こうだてつひろ 主婦の友社



ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします
 いつもありがとう




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄04 00:38 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








こっこさんとあめふり


コッコさんとあめふり コッコさんとあめふり
片山 健 (2003/05)
福音館書店

この商品の詳細を見る


今日は雨のようです。
六月に入ったので、梅雨入りはもうすぐでしょうか?

子どもの頃(いえ、大人でも)雨の日は退屈で
早くはれないものかな?と晴れの日を待ちわびたものです。

そんな気持ちを表したのがこの絵本「コッコさんのあめふり」です。

コッコさんは明日天気になるようにてるてるぼうずを作りましたが
次の日もまた雨
こっこさんは毎日てるてるぼうずに工夫をしてみます。
(てるてるぼうずに手紙をいれたり、宝物を入れてみたり。)
でも、やっぱり次の日も、次の日も雨
そしたら、コッコさんはてるてるぼうずが疲れてるんだと思って
お布団で休ませてあげました。
なんて、コッコさんはかわいらしいんでしょう
てるてるぼうずが疲れてるなんて発想、子どもならではなんでしょうか?

「コッコさん、晴れてよかったね
息子も私も大満足の絵本でした。

しかし息子もまねをして、
ヘンテコなてるてる坊主を作りたがらないか少し不安

<昨夜読んだ絵本>
*そらまめくんのベッド なかやみわさく・え 福音館書店
*バムとケロのにちようび 島田ゆか 文渓社
*バムとケロのおかいもの 島田ゆか 文渓社


                 
ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします
 いつもありがとう












ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄02 09:47 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








きゅうりさんととまとさんとたまごさん


きゅうりさんととまとさんとたまごさん きゅうりさんととまとさんとたまごさん
ひらやま えいぞう、松谷 みよ子 他 (1999/10)
童心社

この商品の詳細を見る


トマト嫌いの息子のために、
息子が赤ちゃんのとき購入した絵本。

松谷みよ子さんらしい、やさしい文章です。
松谷さんが食に関心が出てきた頃の赤ちゃん向けに書いた絵本。
(「おさじさん」もそうなのかな)

赤ちゃんに親しみのある「きゅうり」「とまと」
「たまご」「くつ」が登場します。
そして、赤ちゃんにわかりやすいような写実的な絵で
その4つもの以外は何も書かれていない、シンプルな構図です。

きゅうりさんがくつの中に入ったら「きゅうくつきゅうくつ」といったり、
とまとさんは、「とまって、とまって、とまとだよう」といったり、
少ししゃれを入れたテンポのよい文章です。

息子はこれでトマト好きにはなれませんでしたが
(今は食べれますよ
トマトやくつに興味を示し、「あ、あ、」と指をさしてました。

昔話を参考に作った絵本と書いてありましたので、
初めての昔話絵本としてえらぶのもいいと思います

<昨夜読んだ絵本>
*ラチとらいおん マレーク・ベロニカ文・絵 福音館書店
*どうすればいいのかな? わたなべしげお文 おおともやすお絵 福音館書店
*ちっちゃなちっちゃなものがたり ジェイコブズのイギリス昔話集より 福音館書店


                
ランキングに参加しています。
ポチっと一押しお願いします
 いつもありがとう





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄06⁄01 10:51 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。