大好きな絵本のコト。子育てのコト。いろんなコト。                       「昨夜読んだ絵本」を添えて書き綴ります。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ


プロフィール

うっちゃん

Author:うっちゃん
●高知県の田舎に在住

●パパ:本を売ってます
 ママ:ちょこっとワーキングマザー
 息子:保育園年長になりました

●絵本の好き親子です


絵本と育児と時々地元ネタ・・・。そんな感じでツラツラ


息子が小1になったよ


カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


Thanks!トラックバック


私の大切なお友達


お友達サイトです

  


ママにおすすめの本

ありがとう。の本Special 絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本からうまれたおいしいレシピ(2) 絵本からうまれたおいしいレシピ(3)


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

絵本の素敵なグッズ

こぐまちゃんS


大好き!バムとケロ

バムとケロのおかいもの バムとケロのさむいあさ バムとケロのそらのたび バムとケロのにちようび


うっちゃんのお気に入り


パパの思い出絵本


ママの思い出絵本


おすすめ絵本サイト


ブログ内検索


RSSフィード


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








まっくろネリノ


まっくろネリノ まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他 (1973/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


まっくろネリノは、なぜかまっくろ。
四人の兄さんたちはきれいな色なのに。
ネリノはまっくろだから兄さんたちは遊んでくれません。
ネリノは自分が黒いことを悩んでいました。
が、あまりにきれいなばかりに兄さんたちが捕まってしまったとき、
ネリノは自分が黒いということを活かして
兄さんたちを救出しました。

「人と違うことが欠点ではなく、それが長所になる」
という、道徳的なお話かもしれませんが、
まだまだ四歳。
そんなところまで話を深読みできていませんが、
とってもきれいな色使いの絵と、
テンポのよい文章を楽しんでいるようです。

ところで、まっくろネリノって
「となりのトトロ」にでてくる「まっくろくろすけ」に似てませんか。
かわいいですよね

<昨夜読んだ絵本>
*「さる・るるる」 五味太郎 絵本館
*「だじゃれどうぶつえん」 中川ひろたか文 高畠純絵 絵本館
*「まっくろネリノ」 ヘルガ=ガルラー作 偕成社


                
ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします 
 




スポンサーサイト


ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄31 12:27 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








ないた


ないた ないた
長 新太、中川 ひろたか 他 (2004/09)
金の星社

この商品の詳細を見る


最近中川ひろたかさんと長新太さんにはまっているワタシ。
そうすると、この二人のコラボレーションを発見
さっそく図書館で借りて読みました。

とってもいい絵本です。
どうして僕は泣くのだろう?と
男の子が考えている絵本です。

最後の文章「ぼくはいちにちいっかいは泣いている。
ぼくもおとなになったら泣かないんだろうか。」
子どももこんなこと考えてるのかな?と思ったら
息子はこの最後の節を読んで
「ん?」と考えたような?悩んだような?表情をしました。
もうすぐ5歳。最近泣くことを我慢するようになった息子。
共感できたのかな?

でも、泣いていいんだよ。
つらいときはつらい。痛いときは痛い。
子どもなんだから、ありのままでいいと母は思います。

<昨夜読んだ絵本>
*「コッコさんとあめふり」 片山健さく・え 福音館書店
*「とべバッタ」 田島征三 偕成社
*「ケーキがやけたら、ね」ヘレン・オクセンバリーさく 児童図書館・絵本の部屋 


ランキングに参加しています。
ポチっとおねがいします







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄30 11:58 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








タンタンのずぼん


タンタンのずぼん タンタンのずぼん
いわむら かずお (1976/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


とってもかわいい絵本。
タンタンのずぼん

おばあちゃんがつくってれた
タンタンのずぼん。
大きめに作ってあるのでずぼんも、ずぼんつりも
ダブダブです。

そこで、タンタンはそのずぼんつりで
いろんな遊びをしてしまいます。

まあ、ぶらんこあり、でんしゃごっこ、はんもっく、
バイオリン、などなど。
そのなかでも目を見張るのが最後のジェット機
タンタンのスケールの大きい遊びには驚きます。
そして、帰りはくものらっかさん。
いろいろ思いつくものだなぁ、と関心します。

「タンタンのだいすきなずぼん、
ね、すてきでしょ。」で終わりますが、
息子は必ず「うん。すてき」と言ってます。

私はこの絵本に出てくる擬音語がいいな、とおもいます。
電車ごっこは、「だだんごー、だだんごー」
バイオリンは「きゅっきゅる、きゅっきゅる」
くものらっかさんでは「ふわりふわり」
がたんごとんやきゅるきゅるやふわふわより声を出して読んだとき
ふくらみがあってよりタンタンが生き生きと感じます。

タンタンシリーズはどれもおすすめです。
タンタンがとにかくかわいい

おまけ
昨日図書館で11冊絵本を借りてきました。
また、ここで紹介していきたいです。

<昨夜読んだ絵本>
*さる・るるる 五味太郎 絵本館
*だじゃれどうぶつえん 文中川ひろたか 絵高畠純 絵本館
*ないた 中川ひろたか作 長新太絵 金の星社
*バムとケロのおかいもの 島田ゆか 文渓堂


ランキングに参加しています。
ポッチっとおねがいします。







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄26 12:08 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








おおきなかぶ


おおきなかぶ―ロシア民話 おおきなかぶ―ロシア民話
A.トルストイ、内田 莉莎子 他 (1966/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る


私が子どもの頃大好きだった絵本です。

恥ずかしながら、私は家に絵本が1冊もありませんでした。
絵本を親に読んでもらった経験もないのです。
でも、不思議と子どもの頃大好きだった絵本が1冊だけあります。
もちろん、母親に読んでもらった本でもないんです。
小学校の教室の本棚にあった記憶があります。
休み時間などに読んでたのかな?
もしかしたら、劇もしたかも。

息子が赤ちゃんのころ、近所の絵本の読み聞かせがあって
久々にその絵本と再開したとき、とても感動しました。
もう何年も読んでないはずなのに、
絵も文章もぜんぶ覚えていたのです。

この絵を描いた佐藤忠雄さんは
「写実に根ざした本物の絵を子どもたちに見せたい」
ということで、ご自身が鏡の前で
かぶを引くポーズをとりながら
デッサンしたという力作。
カブをひっぱった後のつかれた表情
抜けたあとの喜んだ表情もいいですね。

この絵本は私の「心に残る絵本」です。
1冊でもいい。
息子が大人になったときに
彼の「心に残る絵本」があってほしい。
それが、彼の財産になるはずです。

<昨夜読んだ絵本>
*みにくいあひるのこ ぐりこえほん(グリコのおまけ)
*タンタンのずぼん いわむらかずお 偕成社
*だれかいますか たかどのほうこぶん 夏目ちさえ 
               こどものとも012 2002年9月福音館




ランキングに参加しています。
ポッチっとおねがいします。











ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄25 13:53 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








からすのパンやさん


からすのパンやさん


我が家はいつでもどこでも絵本を読みます。
この絵本は山奥のラーメン屋さんで
ラーメンができるまで待っていたとき、
本棚にボロボロになった状態でありました。

ご飯屋さんで待つことが苦手な息子に何気なく読んでみた絵本。
第一印象は「なんて文章がながいの?4歳には無理かな?」
でしたが、読み始めるとまあ、おもしろい。おもしろい
大人も子どもも話しに入り込んでしまいます。

いずみが森にあるからすのパン屋は4つ子のあかちゃんができました。
その、あかちゃんたちの名前がかわいい
チョコちゃん、いちごちゃん、れもんちゃん、おもちちゃん

四人の子どもたちのアイディアでユニークなパンをたくさん
作りました。
その何十種類もあるパンがドドーンとのったページは
読むのも大変ですが、
子どもが大好きなページです。
そのパンも面白いですよ。
コップパン、グローブパン、チューリップパン、ひこきぱん
はたまた、おちょうしパン、ぽっくりパン、さざえぱん

そして、そのパンが話題になりありとあらゆるからすたちが
こぞって買いに来て、
いずみが森では有名なパン屋さんになったというお話です。

たっくさんのカラスたちが出てきますが、
みんな表情豊かです。
かこさとしさんの絵、私好きだな。

余談ですが、私には「おかみさん」と呼ばれている友人がいますが、
そのおかみさんが、からすのパンやさんですごいレストランを
経営してるのを発見。
要チェック

<昨夜読んだ絵本>
*かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダック作 富山房
*とこちゃんはどこ 松岡享子作 加古里子絵 福音館書店







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄24 12:28 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








ころころころ


ころころころころころころ
元永 定正

福音館書店 1984-01
売り上げランキング : 13,844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この絵本は息子が生後10ヶ月くらいの時に買った絵本。
「三びきのこぶた」ばかり読んでいたから、
そろそろ違う絵本を読んでみようと思いました。
だいぶ目が見えてきて、絵を楽しめるようになってきた頃です。

初めて読んだときは、お座りをしている彼の足元へ置いて
読んでみました。
すると、ちいさくてカラフルなビーズのようなものが
たくさん書かれているので、
その一つ一つをつまもうとしていました。
なんと、かわいい
真剣なまなざしに、口をとがらせ(その口からはよだれが)、
まるぽちゃのおててで不器用そうにつまもうとしているんです。
当然つまめないんですけど

4歳になった今でも息子はよく読んでいます。
今はビーズたちが「なんで坂道を登ってるの?」と聞いてきます。
赤ちゃんの頃はビーズがかいだんみちを登ろうが、
でこぼこみちでもびーずが転がろうが、
関係なく絵本を楽しんでいましたが、
今は「物は高いところから、低いところへ落ちていく。」という
道理がわかっているのですね。成長したもんだ

文章は「ころころころ ○○みち」と何度も繰り返されて
リズミカル。
絵もカラフルで単純なので、赤ちゃんのころから楽しめる絵本です。

元永定正さんの作品で「もこもこもこ」もいいですね。

<昨夜読んだ絵本>
*「おおかみだんなとろば」アルバニアの昔話 こどものとも年少版2006 1月
*「サンドイッチサンドイッチ」小西英子作 こどものとも年少版2005 4月
*「タンタンのずぼん」 いわむらかずお 偕成社


60015.gif







ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄22 11:04 カテゴリー:0~2歳にお勧めの絵本 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ラチとライオン


ラチとらいおんラチとらいおん
マレーク・ベロニカ とくなが やすもと

福音館書店 1965-07
売り上げランキング : 6,296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が家の息子は泣き虫でした

赤ちゃんの時からすごかった。
「この子は泣くために産まれてきたの?」と思うくらい。

そんなわが子が3歳のとき
「強い子になって欲しい
と願いを込めて買った一冊がこの
ラチとライオン

ラチはよわむしでしたうちの息子はよわむしでした
ラチは友達さえもこわかったのです息子は友達と遊ぶのが苦手でした。
家で絵本ばかりよんでいました一人で遊ぶのが好きでした。

そんなラチにライオンがやってきてラチを強い男の子にしてくれたのです。

息子は4歳になり急に泣き虫ではなくなりましたが、
変に強がったり、格好つけたがりはじめました。

昨日も一人お友達が家に遊びに来てくていたとき、
もう一人遊びに来てくれたのですが
「○○君だけは入ったらいかん」といいました。

私は本当に強いというのは、
単に力の強さや言葉の荒さではないはずです。

このラチは強くなって、困っているお友達を助けました。
そしてお友達がたくさんできました。
本当の強さというのは力の強さではなく
心の強さなんだということを教えてくれる一冊です。

私は息子に言いました。
「みんなに優しくできない人は、
誰も遊んでくれなくなるよ。」

息子にも本当の強さを備えた男の子になってもらいたいものです。




ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄19 13:26 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








おちゃのじかんにきたとら


「まるで絵本の中のような話」
よく、非日常的な事のたとえで使われる言葉です。

まさに非日常的なストーリーな絵本が
この「おちゃのじかんにきたとら」です。

玄関のベルがなって、開けてみると
おおきなけむくじゃらのトラがいた。
お母さんもソフィーもおなかの空いたとらを
家の中へ招きいれます。

主人は「訳わからん絵本」といいますが、
私と息子はとりこになりました。

おおきなトラを愛おしそうにするソフィー、
お茶を一緒に勧めるやさしいお母さん、
そして、なぜか言葉遣いのよいトラ。
登場人物(動物)がみんなおトボケキャラに見えます。

楽しい内容のお話ですが、なぜか読み終わると
やさしい気持ちになれる、不思議な絵本。
おなかの空いた(困っている)動物(人)を
いたわっているこの親子のやさしさが伝わってくるからかな。

絵もヨーロッパらしい色使いでかわいいですよ。
最後の「タイガーフード」がきになるっ
やみつき度No.1

ocha.gifおちゃのじかんにきたとらおちゃのじかんにきたとら
ジュディス カー Judith Kerr 晴海 耕平

童話館 1994-09
売り上げランキング : 27,858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools"

<昨夜読んだ絵本>
*「あくたれラルフ」 さくジャック・ガントス 童話館出版
*「はらぺこあおむし」 エリック・カール作 偕成社
*「タンタンのずぼん」 いわむらかずお 偕成社

60015.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとおねがいします。
FC2 Blog Rankingpc_26_04.gif

60015.gif






ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄18 13:05 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








とんねるをぬけると


こんにちは、しばらくお休みしてました。
我が家はお山のひばあちゃんの家で
お茶摘みをしてました毎年GW中には終わるところ、雨の関係もあり2週に分けてしてました。
息子にはとてもいい経験になったとおもいます。
今日から復活。
ばりばり絵本について語っていきます

今日は月刊誌・こどものとも年少版からの紹介です。
ほとんどの幼稚園、保育園で400円前後のこういった絵本の
月刊誌の購読をするようになっていると思います。

わが子は赤ちゃん版こどものともからの付き合いで
すでに4年間継続してます。
当たり外れは個人的にありますが、自分では買ったり借りたり
することのないジャンルの絵本にも触れることができ、
子どもの意外な反応がみれるので、毎月楽しみにしてます。
本も薄くて(あかちゃん版は厚みがありますが)収納場所にもこまらないし。

「とんねるをぬけると」なんだか聞いたことのあるフレーズですね。
「とんねるをぬけると」「そこは雪国だった」
そう答えてしまいたくなりますがここは絵本の世界。
「とんねるをぬけると」「みんなゆきだるまだった」
「だるまだった」「さぼてんだった」
「えんとつだった」・・・・・などなど、
子どもの興味を引く内容。
ページをめくるごとに息子は笑ってくれます。
電車の「かたん、かたん」という音はページごとに違ってて
リズム感があります。

久々にこどものともで「あたった」と思いました。


「とんねるをぬけると」片山健 作・え 福音館書店
           (こどものとも 年少版2005年11月)

http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.jsp?goods_id=1082420060515113143.jpg


<昨夜読んだ絵本>
*「タンタンのずぼん」 いわむらかずお 偕成社
*「おばけだぞぉ!」 ジャック・デュケノワ作 ぽるぷ出版
*「こんにちワニ」 中川ひろたか PHP出版





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄15 11:56 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








こんにちワニ


みなさん。
こんにちワニ

この絵本は、ことば遊びの本です。
いや、ことば遊びではなく、まったくのおやじギャクなのです。
まだ、子どもが赤ちゃんのときはまったく無反応
(そりゃ、そうだ。言葉の意味もわからない時期だもの)
簡単な文章でも、まだ理解できない赤ちゃんの頃には不向きかな。

我が家は寝る前に三冊の絵本を読む事を子どもと約束してます。
が、疲れて三冊読むのがしんどい時もある。
そんな日に、長い絵本を読むのはきついので、
文章が短くて楽できそう!と簡単な気分で図書館で借りてきたのが
この絵本。(だめな親だなぁ)

が、かなり、かなり、ウケてしまった。
とくに、息子は
「いないいなーい」「ばあちゃん」で大爆笑。
我が家はしばらく「こんにちワニブーム」

そんな、私たちおバカ夫婦のメールは
「こんにちワニ」で始まり、
「さようなラーメン」で終わるのです。

それでは、今日の書き込み終わり。
みなさん、「さようなラーメン」
そして、「ごきげんヨーヨー」

こんにちワニ
こんにちワニ中川 ひろたか

おすすめ平均
stars大人が笑えます
stars挨拶は「こんにちワニ!」
starsことば遊び大好き

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<昨夜読んだ絵本>
*「ぼくのくれよん」 長新太 銀河社
*「バムとケロのにちようび」 島田ゆか 文渓堂
*「がくしゅうひかりのくに 4月号」 がくしゅうひかりのくに





ジャンル:育児 テーマ:オススメ☆絵本&児童書
2006⁄05⁄05 22:45 カテゴリー:2~4歳にお勧めの絵本 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








パズル絵本


気がつけば、早五月。
我が家のこいのぼりも五月晴れのなか
気持ちよさそうにおよいでます。
でも、四年目にもなるとボロボロ。
矢車は原型をとどめてないし、
こいのぼりは腹部が破れて、まるでハラワタとった
調理済みの魚状態。

あと一年は揚げる予定だけど、そこまでもつかどうか・・・。
こいのぼりって買い換えるものではないよね。きっと。

さて、最近息子がはまった絵本を紹介します。
この絵本は何気なく図書館で借りてきました。
が、毎日、毎日、飽きることなく必ず寝る前の一冊に選んでます。

男の子って本当に恐竜好きなのね。
(でも、うちの子恐竜は好きでも怪獣は怖いらしい)
パズルといっても、迷路になっていたり、間違え探しだったり。
年齢的に、こういうゲーム感覚のものが
好きになってきたのかな?

「きょうりゅうぱずる」 せべまさゆき・さく・え 偕成社

CIMG0394.jpg


<昨夜読んだ絵本>
*ぐりとぐらのえんそく なかがわえりこ・やまわきゆりこ 福音館
*バムとケロのにちょようび 島田ゆか 文渓堂 1500円
*ゆかいなかえる ジュリエット・キープス 福音館書店 600円





ジャンル:育児 テーマ:絵本ブログ
2006⁄05⁄02 12:10 カテゴリー:4~6歳にお勧めの絵本 comment(2) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 絵本日和. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。